1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「アンフェア the end」でのAKB48向井地美音の成長ぶりにビックリ!!!

大島優子から『ヘビロテ』センターの後継者に指名されたAKB48向井地美音そんな彼女は子役として活躍していました。彼女の子役時代の代表作は「アンフェア」での篠原涼子の娘役。シリーズ完結作「アンフェア the end」にも同役で出演しています。そんな彼女の成長ぶりにビックリです。

更新日: 2016年12月19日

115 お気に入り 1166813 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆大島優子から『ヘビロテ』センターの後継者に指名されたAKB48向井地美音

激カワ美少女「みーおん」こと向井地美音。好きな食べ物はプチトマト、好きな色はピンクと黒というみーおん。

◆そんな向井地美音が子役出身なのは有名な話

子役として大河ドラマや映画に出演。身につけた表現力は公演でいかされている。若手の注目メンバー

物心がつく前から子役をしていました。大人になった時、「芸能人になりたかった」と後悔しないようにと、小さい時からオーディションに参加させたと両親に言われました。

仕事は順調で、映画やドラマ、さらには「SMAP×SMAP」にまで出演。まさに順風満帆だったのだが、彼女は突然、芸能活動をやめてしまう。

学校が楽しかったため学業を優先したとのこと。

踊る大捜査線のさ、レインボーブリッジのやつあるじゃん? あれにもさ、みーおん出てたらしいよ? ちょっと画質悪いけどこの子らしい pic.twitter.com/vEChTCUyJP

◆彼女の子役時代の一番の代表作と言えば「アンフェア」での篠原涼子の娘役!!!

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートし視聴者から圧倒的な支持を受けた「アンフェア」シリーズ。

このドラマは10年前に放送されましたが、出演した役者のその後の活躍ぶりは目覚ましいもの

『アンフェア』はスタート当初、若干地味なキャスティングだと言われていました。でも今は皆さんが本当にビッグになった。向井地美音はその象徴

向井地は、シリーズスタート時から主演の篠原涼子演じる雪平夏見の娘・美央役で出演。

佐藤 美央〈7〉演 - 向井地美音 いじめを受け、声が出せなくなる。最終回では親子関係が修復し、声が出るようになった。

美央ちゃん役の向井地美音ちゃんがAKBに入るとは9年前には想像もつかなかった(当時はAKBの存在すら知らなかったが) #アンフェア

このアンフェアは向井地美音ちゃんの 活躍がわかるな! 今やAKB可愛いな☺️ pic.twitter.com/QdMjDYEcE2

▼前作『アンフェア the answer』の映画の時にも出演はしていないが、舞台挨拶に駆けつけていた!!!

本作には出ていないが『アンフェア』シリーズで雪平の娘を演じていた子役の向井地美音(むかいち・みおん)が登場。

「頑張っている“ママ”のために駆け付けました、大ヒットおめでとうございます」と、篠原に大きな花束を贈呈。

ドラマ版の放映時は小学校2年生で、中学校2年生になった“娘”に会った篠原は、「こんなに大きくなっちゃって!」とビックリ。

▼なんとシリーズ完結編となる「アンフェア the end」にも同じ役で出演!!!

向井地がAKBになっていたことを知らなかったというプロデューサーだが、重要な役どころのため、「仮に芸能活動をやめていても出てもらいたい」と考えていた

『アンフェア』と共に歩んできた彼女が、今やAKBとしていろいろなファンを魅了する方になって、また出ていただけるというのも、シリーズファンの心をくすぐれるもの

1 2