中国の景気が冷え込む中で、過去4週間に12人のアナリストがアリババの7-9月期と10-12月期の売り上げ見通しを引き下げた。アリババ株は米市場で今月これまでのところ13%下落。時価総額は5月末以降に約750億ドル(約9兆円)減少した。
アリババは昨年、過去最大規模の新規株式公開(IPO)を実施したが、その後の状況は大きく変わり、今週に入って株価が終値ベースで上場来安値を付けた。11月11日は年間で最も取引の多い「独身者の日」だが、中国経済の減速で売り上げは振るわないとの懸念が高まっている。JDドット・コム(京東)などライバル企業との競争激化もアリババの事業環境を一段と厳しいものにしている。

出典アリババ株、4カ月連続で下落へ-アナリスト12人が予想引き下げ - Bloomberg

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

すっげー!中国ショックで、ソフトバンクの株価が大変なことになっている

中国のバブル崩壊による株価ショックの影響をもろに受けているのは、ソフトバンクです。ソフトバンクは通信企業だけでなく、投資企業という側面を持っているからです。中国ショックで、何兆円ものお金が消えてしまったソフトバンクの起死回生の次なる一手が楽しみです。

このまとめを見る