1. まとめトップ

韓国 の 歴代大統領 その末路が悲惨。 【暗殺、自殺、逮捕、収賄、不審死】

韓国の 歴代大統領(親族含む)は、10人中8人が亡命・失脚・死刑・懲役刑・自殺などしている。【検索用 :パククネ、李 明博、弾劾、罷免、職務停止、盧 武鉉、逮捕、犯罪、下劣、品性、不正、腐敗、わいろ、賄賂、死亡、歴史、民族、国民性、繰り返す、末期、終盤、退任後、韓国大統領、韓国の大統領】

更新日: 2019年06月03日

25 お気に入り 1025893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

guggugu-さん

韓国 の 大統領 (不逮捕 特権などがあり、腐敗の原因に)

任期 は 5年

大統領の任期は5年で、重任(再選)は出来ない(第70条)。

仮に、憲法改正により任期延長や重任解禁がなされたとしても、
改憲提案時の現職大統領には適用されない(第128条第2項)。

 重任禁止規定は、長期独裁を許した李承晩時代の第一共和国憲法、朴正煕政権時代の第四共和国憲法への反省から、全斗煥政権時の第五共和国憲法(1980年)で導入された。
 これを受け継いだ第六共和国憲法により、盧泰愚以降の歴代大統領はいずれも1期限りで退任している。

不逮捕 特権

大統領は内乱又は外患の罪を犯した場合を除いて在任中に刑事上の訴追を受けない(第84条)。

また、大統領職経験者は身分及び礼遇に関して法律で特別に定められている(第85条)。

しかし、過去の大韓民国の大統領は、在任中に暗殺されたり、退任後に自身や身内が刑事捜査によって逮捕・起訴されて有罪判決を受けたり自殺したり、あるいは糾弾を受けて亡命を余儀なくされるなどして、不幸な末路を迎えている例が多い。

歴代 大統領

李 承晩 (1875年3月26日 - 1965年7月19日)
(り・しょうばん、イ・スンマン) 

大統領であり続けるために、大規模な不正選挙を強行したが、四月革命で失脚し、アメリカに亡命。

養子である「李康石」は一家心中により、自殺。
なお「李康石」は、副大統領:李起鵬の実子でもある。

1960年の不正選挙で、副大統領に当選した「李 起鵬」は「四月革命」で失脚し、長男の「李 康石」の手によって、朴瑪利亜夫人や次男(李康旭)とともに射殺された。

(ユン・ボソン、1897年8月26日 - 1990年7月18日)は、大韓民国第4代大統領。クーデターで退任を余儀なくされる。

http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-9763.html

軍法会議で懲役3年の判決。


.

大韓民国の軍人、政治家。(パク・チョンヒ、1917年11月 - 1979年10月)側近である金載圭 情報長官により「暗殺」された。享年61。

妻(陸英修)は、文世光事件で銃弾が頭部に命中し、死亡。

長男(朴志晩)は、麻薬法違反の容疑で幾度となく逮捕。
長女(パク・クネ)は、第18代 大統領となる。

.

崔 圭夏(チェ・ギュハ)は、第10代大統領。
大統領職に約8ヶ月間在任した。韓国の歴代大統領の中で在任期間は最も短い。

 就任時には早期の改憲と民主化を約したものの、戒厳令下で殆どイニシアティヴを発揮できないまま全斗煥の粛軍クーデターを追認せざるを得なかった。

 自らの意思とは関係なく大統領職に就き、8か月後、自らの意思に関係なく辞任したと捉える向きもある。

 在任期間は短く、特段の醜聞は、確認できません。

.







=====================================

退任後に、利権介入などが発覚し親族が逮捕。

のちに、政権下の不正と親族の不正を国民に謝罪、財産を国に返納。

 光州事件や不正蓄財への追及が止まず、死刑判決を受けた(減刑の後、特赦)。
 2004年にも子息の不正貯蓄について検察から出頭を求められている。

 2013年、いわゆる「全斗煥追徴法」が成立し、一族の不正蓄財に対する強制捜査が行われた。

.






=============================

日本統治時代の大邱出身。朝鮮戦争勃発に伴い入隊し、陸軍士官学校で全斗煥と同期。


大統領退任後、1995年に政治資金の隠匿が発覚。
さらに粛軍クーデター・光州事件でも追及され軍刑法違反として懲役22年6カ月を受ける。
1997年12月に特赦された。


2013年9月、未納となっていた追徴金230億ウォンについて、親族が代納すると発表した。

.




=============================

http://blogs.yahoo.co.jp/kannamu1nensei/34365456.html

任期終盤の1997年、アジア通貨危機にて、韓国も起亜自動車の倒産を皮切りに経済状態が悪化。国際通貨基金(IMF)の援助を要請する事態となったことは韓国国民からは恥辱的とも受け取られ、そのまま任期で大統領を退任した。
このような経済政策の失敗から、1999年6月3日午前には日本に向けて出発しようと金浦空港に着いて沿道の人々と握手をしていた時、71歳の男がペンキ入りの卵を金泳三の顔に炸裂させるという事件が起きた。

金泳三(キム・ヨンサム)の息子

http://japanese.joins.com/article/640/174640.html
息子は、官僚でも政治家でも民主化闘士でもなかった。それでも彼は父親の権力を分けてもらおうとした。彼は一流ホテルの部屋に座って小統領のような振舞いをした。一部の言論人・政治家・官僚らがハエのように彼の周辺に馳せ参じた。息子は結局、不法資金で監獄に行き。

.




====================================

金大中(キム・デジュン)元大統領


 長男の金弘一(キム・ホンイル)氏は「李溶湖ゲート」「陳承鉉ゲート」と呼ばれる不正事件で在宅起訴。

 次男の金弘業(キム・ホンオプ)氏は利権に便宜を図る見返りに25億ウォン(約1億7000万円)を受け取り逮捕。

 三男の金弘傑(キム・ホンゴル)氏も「崔圭善ゲート」と呼ばれる事件に関与し、逮捕。


 総勢 親族5人逮捕。

対北送金疑惑

金大中は南北首脳会談の直前に現代グループが北朝鮮へ5億ドルを違法に送金をするのを容認した。現代グループはこれにより、北朝鮮における事業の権利を得た。このため首脳会談は送金の見返りだったという見方があり、ノーベル賞受賞に疑問を投げかけた。

2004年3月、最高裁判所は北朝鮮への不法送金事件で起訴された林東源元国家情報院長、李瑾栄元産業銀行総裁、朴相培元産業銀行副総裁、金潤圭現代峨山社長に対し有罪を確定したと発表。
 判決文では「高度な政治性を帯びた国家行為に対し、司法審査を抑制するという統治行為概念は認めるとしても、適法な手続きに沿うことなく、北朝鮮に4億5000万ドルを送金した行為自体は法的審査の対象となる」としている。

2004年6月、金大中は「対北送金に対する特別検事捜査は、それ自体やってはならないことだった。国政を遂行していれば、外部には知らせられない多数の問題がある。これを一々特別検事が捜査し、問題視すれば、国政は難しくなる。1億ドルを提供しようとしたのは事実だが、実定法では難しい部分があり、政府レベルでは提供できなかった。現代が通信に関する権利を北朝鮮側から提供される対価として支払ったと聞いている」と関与を認めた。

2011年12月、金大中政権が発足当時からノーベル平和賞受賞のために組織的な「工作」を行っていたことや、北朝鮮に5億ドルを不法送金した内幕、安全企画部による盗聴などをメディアに次々と暴露した元国家情報院職員がアメリカへの政治亡命が認められた。

1 2 3