1. まとめトップ

【2017年版】GARNEAU(ガノー)の最新情報【ロードバイク】

■ブランド:カナダ ■代理店:アキコーポレーション

更新日: 2017年05月13日

hukukenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 17826 view
お気に入り追加

▼ニュース

▼GARNEAU(ガノー)を使用している自転車チーム

▼2017年モデル

▼GENNIX R1 Elite(ジェニックス R1 エリート)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥348,000
重量:7.84kg タイヤ:700×23c

▼GENNIX R1 Performance(ジェニックス R1 パフォーマンス)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥280,000
重量:8.45kg タイヤ:700×23c

▼GENNIX A1(ジェニックス A1)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥350,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥350,000

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥298,000

GENNIX A1の設計は空気抵抗全体の75%を占めるという、ライダーの空気抵抗を低減することから始まった。BBの位置を通常よりも5mmほど下げ、自転車とライダーの前方投影面の重なりを大きくすることで、空気抵抗全体に占めるライダーの空気抵抗を低減している。

フォークとホイールの間を通る気流がぶつかるダウンチューブやシートチューブは、翼断面形状の後方を切り取ったカムテール形状とし、空力効果と剛性バランスを両立。

シートチューブをタイヤに沿うように造形したり、シートステーを縦方向に薄く潰したりと、空気抵抗を低減するための設計が数多く組み込まれた

▼GENNIX D1 Performance(ジェニックス D1 パフォーマンス)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥250,000
重量:9.04kg タイヤ:700×25c
ブレーキ:TRP (油圧)

▼GENNIX E1 Performance(ジェニックス E1 パフォーマンス)

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥250,000
重量:8.50kg タイヤ:700×25c

乗ってみると意外に進むなと思いました。というのは、ヘッド近くのダウンチューブが非常に個性的な見た目で、全体的にスローピングが強調されている、コンフォート系バイクということですが、とても素性がよく、キビキビと走るフレームでした。

過度な剛性はなく、適度な感じ。ロングライドも疲れないですが、パワーロスをしない硬さ、しっかり感はありますね。ギュンギュンと加速するので楽しかったです。

振動吸収性だけでなく、ぱっと見でロングライドよりな性格だとわかるスローピングフレームのロングライド設計で、姿勢が楽なのもコンフォートな要因ですね。

▼【レディース】GENNIX E1 Performance W's(ジェニックス E1 パフォーマンス ウーメンズ)

女性用ロングライドバイク

フレーム:カーボン フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥250,000
重量:N/A タイヤ:700×23c

▼AXIS SL3(アクシス SL3)

長距離を快適に走るための男性向けアルミロードバイク。

フレーム:アルミ フォーク:カーボン
価格:11速105完成車 ¥135,000
重量:9.00kg タイヤ:700×25c

「ガノー」のアルミロードはシマノ・105仕様の「アクシス SL3」と、ソラ仕様の「アクシス SL4」がある。価格差が3万円と小さいので、「アクシス SL3」はお買い得感がある

1 2 3





このまとめに参加する