2)成績評価
長さ 3,000~6,000 語のやさしい未読英文を毎分 80~100 語で設定した制限時間内に読ませ,英文回収後に概要を(日本語で)問う読解テストを行う。
読書量を成績評価に直結させないよう工夫している。
3)TOEIC
定期的にTOEICを受験させ,学生自身に自らの進歩を確認させるとともに,指導の参考としている。

出典http://www.ee.toyota-ct.ac.jp/er_english/paper200608.pdf

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

英語多読・多聴き~豊田高専の成功事例

「そんなにやさしい英文ばかりを, いいかげんに読んでいるだけで,本当に英語力が つくのか?」『まず30万語を第一目標! 毎日15分読めば、7ヶ月で30万語読め、1年で効果を実感できます!』

このまとめを見る