1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『完全英語化』された東海大学のドトールに賛否の声が続出

東海大学・湘南キャンパスにある「ドトールコーヒーショップ」が9月から完全英語化。店内のメニューや学内の掲示板もすべて英語とし、注文は英語のみで応じるとのこと。

更新日: 2015年11月01日

62 お気に入り 190866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆画期的!?東海大学の「ドトール」が完全英語化。

東海大学は湘南キャンパス(神奈川県平塚市)にあるドトールコーヒーショップを9月から完全英語化する。

9月7日から15日までをトライアル期間として、16日から本格的にリニューアルオープンされる。

キャンパスに英語専門のラウンジを設置する例はあるが、商業施設と連携した「完全英語化」は珍しい。

◆日本語は一切使えないらしい。

店内のメニューや学内の掲示板もすべて英語とし、注文は英語のみで応じる。

店内にあるテレビもCNNなど英語の番組のみとし、大学からのお知らせや雑誌もすべて英語とする徹底ぶり。

大学周辺の一般住民も利用できるとのこと。

◆もちろんスタッフも英語のみ

店舗オーナーと協力し9月16日にリニューアルオープンする「東海大学店」は、ネーティブの外国人や英会話を学ぶ日本人がスタッフとなり、日本語は使わない。

「あなたの英語力を活用してみませんか!?留学生の利用が多いため英会話が出来る方、キャンパス内のCafeスタッフ募集」
時給も研修後に1,200円とやや高めに設定されている。

・しかし、twitterではこんな声も…

東海大ドトール、店員も英語苦手で片言英語ってそれ英語化必要あるのか?

東海大学のドトールが注文とか全部英語になるって言って草生えたけどスタッフの人たちも英語わからないから困惑してるってやつ見て普通に笑った

日本の大学の中に入ってるドトールなのに、店員が日本人でも英語で注文しないといけない異様な空間 pic.twitter.com/S8QkzByHoT

◆目的は2つあるらしい。

学生の日常英会話力の強化と留学生向けのサービス充実が目的。

学内で英語の講義もあるが、店内ではカジュアルな交流が期待されているとのこと。

教養学部教授でカフェ開設を担当する吉川直人国際部長は「友人同士の会話もすべて英語。自己紹介のスキルなども学んでほしい」と狙いを話す。

山田清志学長は「授業だけでは学べない宗教や政治経済などについて話す拠点として異文化コミュニケーションを充実させたい」としている。

東海大学の大きな特色は活発な国際交流活動。37ヶ国・地域の103機関(2014年現在)と国際交流協定を締結し、学術面から文化、スポーツまで幅広い分野で国際交流を行うと共に、奨学金や単位認定など充実した制度で、海外への派遣留学や外国人留学生の受け入れを行っている。

今後は東京都や熊本県などにある東海大のキャンパスでも完全英語カフェを順次開設する計画で「将来は『完全英語コンビニ』も設置したい」(山田学長)としている。

1 2