出典 nofrillsさんがアップロード

26歳のベンジャミン・レイモンドは、「ナショナル・アクション」という、メンバーが100人にも満たない極右過激派のスポークスマン(昨年のミラーの調査では彼がグループのリーダー)。
https://en.wikipedia.org/wiki/National_Action_%28UK%29

海水浴場として知られる街にベンジャミンを訪ねたナイ記者は、フィッシュ&チップスを買いながら彼とヘヴィーな話をする。

これは、「アダム」のインタビューよりすごいんではないかと思う。。。

この情報が含まれているまとめはこちら

イスラム過激派に取り込まれかけた青年の話。「渡された本を読んだ後、そういう気持ちが生じるのです」

国境を超えた人の移動が自由化されているEU圏内で、仕事を求めポーランドからフランスを経由して英国にやってきたアダム。側に身寄りのない彼は、フランスで過激派集団に声をかけられました。「渡された本は、直接的に殺せとは書いてません。でも読んだ後、そういう気持ちになるのです」

このまとめを見る