再発を繰り返すと耐性菌が発生して抗生物質治療に抵抗性を持つため、優れた抗生物質が開発された現在でも、多くの高齢者が死亡する

出典練馬区 | 内科 |在宅医療 | 麦島内科クリニック | 誤嚥性肺炎 |

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

寝ている間に肺に細菌を含む唾液が…誤嚥(ごえん)が結構怖い

食事中などにむせて咳が出ることがあります。食べ物などが食道ではなく気管に入ってしまった場合、そのような反射が起こります。この嚥下(えんげ)の失敗を誤嚥(ごえん)といいます。誤嚥は、寝ている間にも起こります。カラダの免疫力が低下している場合、肺炎(誤嚥性肺炎)になりやすいので注意が必要です。

このまとめを見る