【タイ】タイの金融会社AIRAキャピタルは消費者金融を手がける合弁会社をタイに設立することでアイフルと合意し、5日、バンコク都内のホテルで、アイフルの福田吉孝社長とAIRAのナリニー最高経営責任者(CEO)が合弁契約書に調印した。

 合弁会社は「AIRA&アイフル」。資本金10億バーツで、アイフルが49%、AIRAが30%、タイの投資家グループが21%出資する。12月中に設立する予定。3年以内に顧客50万―100万人を獲得し、タイの消費者金融市場でトップ3入りを目指す。

 AIRAは今年7月にタイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。グループ企業は証券会社のAIRAセキュリティーズ、ファクタリングを手がけるAIRAファクタリング、金融コンサルティングを手がけるAIRAアドバイザリー、企業買収などのコンサルティングを行うシンガポール子会社AIRAインターナショナル・アドバイザリー(シンガポール)。2013年の連結最終利益9000万バーツ。

出典アイフル、タイの消費者金融市場に進出 現地パートナーと合弁会社 | newsclip (ニュース、経済、企業のニュース)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る