1. まとめトップ

EXCELで仕事がはかどる EXCELファイル、Wordファイルまとめて印刷

会議資料、マニュアル作成などで複数あるEXCELファイルやWordファイルを指定したフォルダに入れておき、ボタンをポチっと押すだけで印刷できます!(簡単なVBAを使用します。)

更新日: 2016年07月12日

mayas6_6さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 5324 view
お気に入り追加

色んな部署で思い思いに作ったEXCELやWORD文書の印刷を頼まれた場合、一つずつ開いて印刷?範囲指定して右クリック→印刷?印刷している最中に別の用事を頼まれて、どこまで印刷したっけ。。。とならないように、書式が整っているか確認して指定したフォルダに入れていき、全部確認してからまとめて印刷!するととっても仕事が捗ります。

1)印刷実行するためのEXCELファイルを作成する

1)sheet1にマクロボタンを作成しておきます。

2)EXCEL用とWORD用に分けてあります。

3)マクロ有効ブックで保存します。(.xlsm)

4)ディスクトップに印刷したいファイルを入れるフォルダを作成します。
※サンプルでは、「zenbuinsatu」という名前にしてあります。

◆VBAを2種類作成する

1)この設定では、すべてのシートを印刷します。

2) fol = "C:\Users\***\Desktop\zenbuinsatu"

ここで、フォルダの場所を指定します。
サンプルは、
デスクトップに「zenbuinsatu」というフォルダを
作った場合です。

3)f = Dir(fol & "\*.xls?")

.xls?というように指定するのは、xls、xlsx、xlsmなど、保存方法により異なるEXCELすべてを印刷することができます。

1)この設定ではすべてのページを印刷します。

2)Const DIR_PATH As String = "C:\Users\***\Desktop\zenbuinsatu"

ここで、フォルダの場所を指定します。
サンプルは、
デスクトップに「zenbuinsatu」というフォルダを
作った場合です。

3) fileName = Dir(DIR_PATH & "\*.doc?")

先ほどのEXCELと同じように拡張子にdocが付くものはすべて印刷します。

◆マクロボタンにVBAを登録

最初に作ったマクロボタンに、それぞれのVBAを登録します。あとはボタンを押すだけで印刷が開始されます!

◆注意事項

1)最初に作ったフォルダの場所が分からない場合は、フォルダの上で右クリックしてプロパティを開き「リンク先」がフォルダの場所になります。

2)とにかく全部印刷されるので、事前に不要なシートを削除する必要があります。フォルダに入れる前に、書式設定も整えてください。
元フォルダにあるファイル→書式設定→印刷用フォルダにコピーしたファイルを置く→不要なシートは削除がスムーズです。
(カラー印刷/用紙サイズも、それぞれのエクセルで設定完了している必要があります。)

3)まとめて印刷!すると画面に順次EXCELが開かれ印刷にデータが送られます。途中で中止したい場合は、プリンタ側でキャンセルしてください。
※ボタンを押したら全部印刷されます。

4)EXCELが印刷されない場合はもしかすると、セキュリティセンターの「保護されたビュー」の設定で制限されている可能性があります。このチェックをすべて外した状態にしてあります。(保護なし状態)

◆おまけ コピペ用のVBA

EXCEL印刷
--------------------
Sub insatu()

Dim fol As String
Dim f As String
Dim wb As Workbook
Dim wscnt As Long
Dim i As Long

fol = "C:\Users\***\Desktop\zenbuinsatu" #フォルダの場所指定
f = Dir(fol & "\*.xls?")

Do While f <> ""
Set wb = Workbooks.Open(fol & "\" & f)
wscnt = wb.Worksheets.Count
For i = 1 To wscnt
wb.Worksheets(i).PrintOut

Next i
wb.Close
f = Dir()

Loop
Set wb = Nothing

End Sub

WORD印刷
-------------

Public Sub insatuword()

Const DIR_PATH As String = "C:\Users\***\Desktop\zenbuinsatu" #フォルダの場所指定

Dim wdApp As Object
Dim doc As Object
Dim fileName As String

Set wdApp = CreateObject("Word.Application")
wdApp.Visible = True

fileName = Dir(DIR_PATH & "\*.doc?")
If Len(fileName) = 0 Then
MsgBox "ファイルが見つかりません。", vbExclamation

Exit Sub
End If

Do While Len(fileName) > 0
Set doc = wdApp.Documents.Open(DIR_PATH & "\" & fileName)
doc.PrintOut
doc.Close

fileName = Dir()
Loop

wdApp.Quit
MsgBox "終了しました。", vbInformation

End Sub

1





気になるのは、株・サメ・EXCEL(╹◡╹)



  • 話題の動画をまとめよう