1. まとめトップ

皆さんローズウィンドウご存じですか?ローズウィンドウとはヨーロッパの大聖堂にあるステンドグラスの窓「バラ窓」を紙で作った物のことです。バラ窓風だけでなく、いろいろな図案があります。
こちらは作り方のまとめです。画像まとめもあるのでそちらも見てたくさん作ってみて下さい♪

出典locari.jp

鉛筆、定規、コンパス、のり、はさみ、カッター、カッターマット等です。

こちらは100均で売っているコンパスカッターです。こちらを使うと枠を切るのが楽ちんですが、直径15cmまでなので円小サイズも作れないですね(^^;)

自作で延長している方もいました。DIYが得意な方は延長してみるのもいいかも。

枠の厚紙は100均のA3サイズがおすすめです。

ローズウィンドウペーパーですが、初心者でお試しで作ってみようかなという方には100均のお花紙がおすすめです。これなら材料費200円でお手頃に作れます。失敗も気にせず作れますね♪

慣れてきてもっと配色したくなったら専用の用紙があるので、そちらでチャレンジしてみて下さい。

以下のサイズで枠を作ると厚紙の無駄がなく作れます。
①円大サイズ(外径28cm内径23cm)
②円中サイズ(外径23cm内径18cm)
③円小サイズ(外径18cm内径14.5cm)
④円極小サイズ(外径14.5cm内径11cm)
⑤円ミニサイズ(外径11cm内径6.8cm)

それではまず星のローズウィンドウを作ってみましょう!

厚紙で枠を作ります。
枠を作ったら色紙に重ねて内輪に合わせて薄く線を描きます。その線より少し大きめに色紙を円形に切ります。(枠にのり付けする部分です。)
今回は色紙を3枚使います。
枠のサイズ、紙の色はおまかせします(^^)

こんな感じになります。

色紙を左の様に折ります。今回は16等分になります。
(図案1~8は16等分になります。)

出典ameblo.jp

折った色紙に図案の絵を鉛筆で薄く書きます。

はさみとカッターを使って図案の薄く色が付いている部分を切ります。
切り終えたら開いて図案の①から枠に貼りつけます。重なりを調節して3枚を重ねて貼り合せたら完成です!

出典iemo.jp

上の手順に習って作ってみて下さい。こちらも16等分の折り方をします。
色紙は4枚使いますが1枚は何も模様がありません。

切った紙を開くとこのようになります。

左から③①②です。こちらも16等分の折り方をします。

切った紙を開くとこのようになります。

こちらも16等分の折り方をします。

こちらも16等分の折り方をします。切った紙を開くとこのようになります。

こちらも16等分の折り方をします。

切り取るとこうなります。

1 2





ahryk_nさん