1. まとめトップ

台風18号・17号警戒情報と進路予想

気象庁やWEBニュースからの情報をまとめます

更新日: 2015年09月09日

0 お気に入り 1990 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

台風18号|日本海へ、関東も災害級の大雨に警戒

台風18号(アータウ)は、本日10時過ぎに愛知県知多半島に上陸しました。今後は勢力を弱めながら北上を続け、日本海で温帯低気圧に変わる予想です。これまでに大雨となった所では、引き続き土砂災害に警戒。
また、関東甲信や東北太平洋側には、明日まで湿った空気が流れ込みやすい状況が継続。大雨となり、道路冠水や河川増水、土砂災害の恐れがあります。

2015年9月9日現在です

台風18号 東京都心にも大雨警報発表

気象庁は、9日午後2時前、東京地方の23区西部と多摩地区に大雨や洪水の警報を発表した。これまでの大雨で土砂災害の危険度が非常に高まっている多摩地方を中心に、土砂災害に厳重な警戒を呼びかけている。

 台風18号は、きょう午後2時には石川県の小松市付近にあるとみられ、西北西に進んでいる。今夜には温帯低気圧に変わり、日本海に進む見込みだが、湿った空気は引き続き流れ込むため、あす10日にかけても大気の非常に不安定な状態は続く見込みだ。
 あす10日正午までの24時間に予想される雨量は、東京地方の多い所で150ミリの見込み。10日昼前までは1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込み。

 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努める必要がある。

関東甲信と東北、大雨続く=台風18号縦断、石川沖に―土砂災害や浸水警戒

台風18号は9日午前10時すぎに愛知県・知多半島に上陸した後、東海と北陸を縦断し、午後2時までに石川県小松市沖へ抜けた。

 同日夜には日本海で温帯低気圧に変わる見込み。関東甲信を中心に大雨が続き、気象庁は関東甲信と東北では10日にかけて土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。

 9日午後4時40分までの48時間雨量は栃木県日光市・奥日光で336.5ミリ、三重県鳥羽市で318.0ミリ、神奈川県箱根町で313.5ミリ、浜松市で297.0ミリに上った。関東甲信や東北の一部地域では9日午後も土砂災害警戒情報が出された。

 関東甲信と東北では10日午後6時までの24時間雨量が多い所で200ミリと予想される。

 18号が上陸した9日午前は、三重県で一時、鳥羽市と伊勢市の計5275世帯約1万4000人に避難指示が出された。愛知県豊橋市と静岡県湖西市ではいずれも高齢の女性が強風で転倒、脚の骨を折る重傷を負った。日本航空と全日空は中部空港発着便を中心に計25便を欠航させたほか、JR東海も一部在来線の運転を見合わせたり運行本数を減らしたりした。

台風17号|東・北日本は高波に注意

強い勢力の台風17号(キロ)は、南鳥島近海を北西に進んでいます。今後は、進路を北寄りに変えて、日本の東を北上するとみています。
関東や北日本の太平洋側では、うねりを伴った高波に注意してください。

1