1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

自民党のネトサポ勢がボットを使っているのも確かで、特にTwitterではそうらしい。アイコンと名前が違うだけで文面がほぼ同じという、若い女性のアカウントでアベシンゾーを褒め称えたりしているw 15年前に2ちゃんねるがチョビンと呼ばれる荒らしに悩まされていた頃から、ボットによる意味のない投稿というのはあった。2ちゃんねるでは色々と対策を工夫して、回線で制限したりするんだが、すると今度は複数回線を使い分けて対抗して来る。コピペ対策に文面で同一の物を規制すると、文末にその都度、違う無意味な字句を付け加えて規制を乗り越えたりする。そうして、「ネットで多数派を装うためのテクニック」は磨かれて来た。匿名掲示板では、既に、少数派が多数派を装うというのが、アタリマエの景色になっている。コピペに話しかけても返事がないので、すぐにバレるしw Twitterは会話のキャッチボールではなく、単なる独り言の垂れ流しも多いので、ボットの使用頻度は多いだろう。

舛添氏は先月、韓国の朴槿恵大統領(62)と会談し、反日外交に利用されたとして、批判が集中した。

また、都庁には6000件以上ものメールが届き、ほぼすべてが批判的な意見。ネット上には、「抗議署名」や「リコールデモ」を呼びかける声も出ているが、このひどい状況をどう受け止めているのか。

「ネットや都庁に批判が来ているが、メールを調べると1人のネット右翼が1000人分やって大きくなっているだけ。ネット上もひどいよ。私が在日だとか、かみさんが中国人だと書かれた。朴大統領には『一部のネット右翼がいるせいで東京五輪をつぶすことは絶対に許せない』と伝えた」(抜粋)

「ネット右翼」の平均年齢は40歳前後の中年層であり、その75%が男性で、特に東京都・神奈川県など首都圏の大都市部に居住する、平均年収でいえば同世代の中央値よりもやや高い、四年制大学卒が寡占的な集団であった(調査の詳細は拙著『ネット右翼の逆襲』参照)。

ネット右翼」が欧州の排外主義者とは違って、経済的な圧迫への不満から発生した貧困層という「ネット右翼=貧困層史観」は誤りであり、彼らは日本国内における既存の大手メディアが持つ、躁的な雰囲気と韓国に対する融和姿勢に強い義憤を抱く、比較的インターネット・リテラシーの高い中産階級なのである。つまり欧州のそれと違い、「ネット右翼」には貧困性はない。

「ネット右翼」は「(愛国や嫌韓に)覚醒した」という表現を多用する。つまり、巨大な権力体(既成のマスメディア)が、重要な真実を遮蔽(しゃへい)していて、ネット空間にのみ隠された真実が存在している、という『マトリックス』の世界観を忠実にトレースしている。

真の右翼とは何?
その定義を説明して欲しい

大和魂と日本民族の誇りを世界で主張するためには
売国奴のアメリカ奴隷の安倍晋三など支持する訳が無い
なのになぜ支持するのか?

日本の国粋主義者は
日本人であることを卑下してきた安倍晋三同様に
日本人の誇りを捨てた
差別と弱い者いじめの官能にしか酔えない
馬鹿者たちだからなのか?
なら、ヤクザ以下だ。

安倍晋三内閣総理大臣がネット右翼の大親分となり、日々「言論統制」に躍起になっていることもまた、今の日本の悲しい現実なわけであります。
それであっても、どうして集団的自衛権が批判され続けるのかと申しますと、それは集団的自衛権とは他国の戦争に参加することだからなのであります。

元大手インターネット会社役員からの情報だが、ネット右翼のIPアドレスをたどると、大半がE社のもの。E社は電通の子会社で、自民党が電通経由でE社で雇った大量のアルバイトに、与党批判を封じ込めるために攻撃させる。それがネット右翼の実態だ。 なるほど世論との乖離も分かる。稚拙な工作だ。

ネットウヨらしき人が俺のツイートをリツートしているが、困ったな。非常に困った。在日特権がどうとか、精神医療は在日だとか、そんな主張は困ったな。在日がどうとかほんとに困った主張だ。それで精神医療の真実が極普通の人々に伝わらないなんてやりきれないな。

「反日」って言葉が飛び交うがその実態は何?戦前戦中の「日」は天皇は神で国民は彼のために命を投げ出さなければならないという国体だった。現在の「日」は「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」という三大原則の憲法を国体にしている。ネットウヨ諸君が罵る「反日」はどの国体に反するのか?

怒り狂う、安倍氏信者、ネットウヨの、手のひら返し、総理フエイスブック、大炎上! - 軍事費削って!5秒に一人、飢餓で命を落とす子ら - Yahoo!ブログ blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/33…

ネットを通じて約1000人を対象にアンケート調査を行うことにしました。大半は、思想的に保守傾向が強い、メディアなどからは「ネット右翼」と呼ばれる層の人々です。
その結果ですが、まず年齢は平均38.15歳。学歴に関しては63.3%が「四大卒(中退含む)」以上で、同年代(2010年国勢調査における35~39歳の「四大卒以上」は23.14%)と比べても3倍近く差がつきました。

舛添氏は自民党の政調会で、立法措置を含めたヘイトスピーチ対策を検討するよう同党側に要請している。安倍首相との会談では「国会で表現の自由に抵触しない範囲で法整備が必要との見解を示す」と明かした。

 さらに、「いまヘイトスピーチを取り締まらないと2020年の東京五輪・パラリンピックは必ず失敗する。考えてみてください。このまま野放しにしていたら、中国、韓国の選手団が東京五輪をボイコットする。安倍首相もここでやらないとダメだと感じています」。
 舛添氏は先月、韓国の朴槿恵大統領(62)と会談し、反日外交に利用されたとして、批判が集中した。

 また、都庁には6000件以上ものメールが届き、ほぼすべてが批判的な意見。ネット上には、「抗議署名」や「リコールデモ」を呼びかける声も出ているが、このひどい状況をどう受け止めているのか。

1