借入額が少なくなると返済金額も少なくなり、返済が楽になるように見えますがこれは間違いですよ。返済額が少ないということは、元金への返済も少ないということ。なかなか借入れ残高が減っていかないのです。
これを回避するためには、毎月の返済を多くすることです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る