1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

堤防が決壊するほどの大雨の原因「線状降水帯」とは?

茨城県では鬼怒川の堤防が決壊し大きな被害が。これは「50年に一度」の大雨による。それほどの大雨になった理由は「線状降水帯」だった。

更新日: 2015年09月11日

28 お気に入り 42093 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

■鬼怒川の堤防が決壊し、大きな被害が…

台風18号から変わった温帯低気圧の影響で、関東や東北では10日も雨が続き、栃木県や福島県の一部では50年に1度の規模の記録的な大雨となった

常総市では川の東側を中心におよそ6500棟が浸水したとみられる

福島、茨城、栃木、千葉の4県で7万9416世帯の21万5783人に避難指示が、千葉など7県で36万2565世帯の79万6354人に避難勧告が、それぞれ出された

・行方不明者も多数出ているが、情報は錯綜している

市内では「人が流されるのを見た」という通報が複数、寄せられているということで警察で確認作業を進めています

栃木県でも1人が死亡、別の川に流された1人が重体となったほか、全国で25人が重軽傷を負った

安倍晋三首相は10日、首相官邸で関係閣僚会議を開き、警察や消防、自衛隊などに人命救助に全力を尽くすよう指示

・孤立状態になっている場所も

避難所となった地域交流センター(常総市新石下)など4か所で、計792人が浸水により孤立状態となっており、自衛隊が食料搬入を計画している

常総市のショッピングセンター「アピタ石下」では午後8時半現在、約50人が救助を待っているという

福島県によると、大雨の影響で同県南会津町の舘岩川が氾濫し、川沿いの国道352号が削り取られるなどして、同町舘岩地区の313世帯833人が孤立状態になっている

■堤防は140メートルに渡り決壊。修復にはかなり時間が必要

10日午後0時50分ごろ、常総市新石下で鬼怒川の堤防がおよそ140メートルに渡って決壊

国交省は同日中にも排水ポンプ車など15台を投入して排水作業を始める予定だが、現場に工事車両が入れないため堤防の修復には時間がかかり、作業は長期化する恐れがあるという

国土交通省は、「浸水した地域は土地が平らで低いところが多いため、長時間、水が引かない可能性がある」とみています

・国交省は過去に現場近くの堤防が決壊した場合の「被害想定」を出していた

国土交通省は10年前、今回、堤防が決壊した茨城県常総市の鬼怒川の現場のすぐ近くで堤防が決壊した場合を想定して浸水の状況をシミュレーションしていました

最大浸水想定地域は、茨城県常総市内の鬼怒川東岸と小貝川西岸の間約37平方キロに及び、最大約5メートルの深さまで水がたまる恐れがある

■これほどの集中豪雨の原因は「線状降水帯」という気象現象

縦長の雨雲がかなり印象的だった。

午後5時ごろの雨雲レーダーからは、神奈川、東京、埼玉、栃木にかけて、猛烈な雨を示す真っ赤な雨雲が、帯状に伸びているのがわかる

南北に連なる帯状の雨雲が、台風一過後も関東地方に長く居座っていたため

集中豪雨は、そもそも、線状の降水帯が長時間停滞することで起こるもの

台風18号は温帯低気圧に変わったが、列島の上空には氷点下9度の空気の固まり「寒冷渦」があり、湿った空気が低気圧の周囲を回り込むように関東や東北に入り込んだ

1 2