1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

原油価格下落などによって、日本銀行の物価目標2%の達成は程遠いのが現状。4-6月期の国内総生産(GDP)がマイナス成長になった後、最近の経済指標でも強い反発の兆しはない。
クルーグマン氏は、日本は長い間、デフレに苦しんできたと指摘し、すべての人がデフレから脱却したとの確信に達する必要があると述べた。「それが確信できれば、トラブルから脱することができるかもしれない」と語った。
日銀の関係者への取材によると、日銀が原油価格の下落により2015、16年度の生鮮食品を除くコア消費者価(CPI)の見通しの下方修正を検討していることが分かった。2%達成時期を後ずれさせる可能性も高まっているという。日銀は10月30日に経済・物価情勢の展望(展望リポート)を発表する。

日本は長い間、デフレに苦しんできたと指摘し、すべての人がデフレから脱却したとの確信に達する必要があると述べた。「それが確信できれば、トラブルから脱することができるかもしれない」と語った。
日銀の関係者への取材によると、日銀が原油価格の下落により2015、16年度の生鮮食品を除くコア消費者価(CPI)の見通しの下方修正を検討していることが分かった。2%達成時期を後ずれさせる可能性も高まっているという。日銀は10月30日に経済・物価情勢の展望(展望リポート)を発表する。

アベノミクス7合目 次は所得再分配   内閣官房参与 本田悦朗氏 :日本経済新聞 dlvr.it/C6WYkc

>国民に信を問い、法律を変えれば良いのだ。安倍首相は、「アベノミクス解散」と命名した14年の解散総選挙で、当初予定されていた今(15)年10月からの10%への消費再増税の延期を決めたことも争点に挙げた。

1