1. まとめトップ

学校では教えてくれない英語表現

学校では教えてくれない様々な英語表現をまとめ。page six/////////////////

更新日: 2016年11月11日

10 お気に入り 3950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

basquiat1988さん

冠詞ルール

名詞の直前につき、どのような名詞なのかを説明する語を冠詞といいます。不定冠詞 ( a, an ) と、定冠詞 ( the ) があります。

「惑星の名前」と「楽器」は常に冠詞は「the」というルールです。

冠詞が不要な場合

食事を表す名詞には冠詞は不要です。

交通手段を表す場合には冠詞は不要です。

季節を表す名詞には冠詞は不要です。

dumb-ass

「dumbass」 または「dumb-ass」というスラング は「馬鹿な人」、「アホ」や「間抜けの人」という意味です。英語では、「blockhead」、「idiot」が似ています。

page six

page six は「ゴシップ欄」、直訳すると「6ページ目」となりますがこれはその昔、新聞の6ページ目というのは様々なゴシップが載るページだったという慣習から来た表現と言われています。

What the hell?

「一体なんだよ」「何だって?」という意味になります。ちなみにこれらは、読みどおりに

Wotthehell

などと書かれることがあるので、これを見て「一体何?」と戸惑わないようにしましょう。

As you wish.

KIA

May the Force be with you!

a.k.a

「a.k.a」とは「also known as」の省略系です。「also known as ~ 」とは、「~としても知られる」や、「またの名を」という意味。

Asshole!

「お尻の穴」という意味ですが、スラングとして使う時には、意味が「嫌な奴」や「野郎」になります。

Bull Shit !

直訳は「牛の糞」ですが、なぜか「でたらめ」とか「うそっぱち」という意味のスラングなのです。

たまにBull Crapというのも聞きます。
(Crapもウンチの意です。)

Holy shit!

「おやまあ!」「すげえ!」「何てこった!」「まさか!」「ひどい!」

1 2 3