遊びの中に教育の根本を見いだすというのは、教育玩具のようなものを指すわけではない。子供達の遊びそのものである。近代の教育というのは、子供達から、遊びを奪ってきた。遊ぶ時間も、遊ぶ場所も、遊ぶ道具も奪ってきた。そこには、遊ぶことは、悪い事だという先入観念があった。

出典遊びと教育 遊びは、教育の原点

子供の遊びというのは、教育玩具や教育プログラムのように則ってされる遊びとは違う。子供達が自発的に遊んでいる遊びを基礎にしたものである。つまり、子供達の遊びをよく観察することからはじまらなければならない。つまり、大人達が遊びを押し付けるのではなく。大人達が、遊びから学ぶのである。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【勉強では教えられない物】遊びは重要! 「よく遊ぶ子ども」が賢く育つ理由

勉強だけでは教えられないものがあります。お子様の人生を通じた豊かな心をはぐくむには、「遊び」を有効活用して情緒を豊かにし、想像力を働かせられる生活を演出することをおすすめします。遊びのメリットとアイデアをご紹介します。

このまとめを見る