出典 image.search.yahoo.co.jp

お人形遊びや、おままごと、ヒーローごっこ。
子どもは自分たちでさまざまな「ごっこ遊び」を考え、夢中で遊びます。
ごっこ遊びは、子どもがそれぞれ役割を持ち、コミュニケーションを取りながら行なう遊び。
時には相手の意見や主張に合わせて、自分の考えとは違うキャラクターを演じる必要もあります。

こういったごっこ遊びをたくさんした子どもは協調性を発揮しやすいという調査結果も
あります。
子どもはごっこ遊びを通して、自分以外の人の立場でものを考えたり、自分を客観的に見たりする能力を身につけていくのです。

この情報が含まれているまとめはこちら

【勉強では教えられない物】遊びは重要! 「よく遊ぶ子ども」が賢く育つ理由

勉強だけでは教えられないものがあります。お子様の人生を通じた豊かな心をはぐくむには、「遊び」を有効活用して情緒を豊かにし、想像力を働かせられる生活を演出することをおすすめします。遊びのメリットとアイデアをご紹介します。

このまとめを見る