1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマホ料金が安くなる?安倍総理が携帯料金の引き下げを指示

スマホの普及で、ますます上がっている通信費。家計への負担も大きくなっています。安倍総理は、そんな携帯料金の引き下げを支持していました。

更新日: 2015年09月12日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
63 お気に入り 77952 view
お気に入り追加

◆安倍首相が携帯料金の引き下げを指示

安倍首相が、携帯電話の通信料金引き下げについて指示した。

11日開かれた経済財政諮問会議で、携帯電話料金の家計負担軽減が大きな課題だとして、高市早苗総務相に対して料金引き下げの検討を指示

賃上げなど雇用や所得環境の改善に続き、家計支援の方針を明確にすることで、低迷する個人消費を後押ししたい考えだ。

◆その背景には携帯料金による家計への圧迫があった

フィーチャーフォンからスマートフォンへと変化することで、データ使用量が増大し毎月10,000円を超える高額な利用料金の請求がある家庭も珍しくはないと思います。

平均月額料金は、フィーチャーフォンユーザーが2,739円、スマートフォンユーザーが6,342円となっています。

総務省の家計調査によると、2014年の2人以上世帯の通信費は年18万8000円で、家計の支出に占める割合は4.9%と10年前に比べて約2割上昇している。

◆スマホ普及で費用も上昇している

2015年3月末の携帯電話端末の総契約数は1億2,651万件で、内訳はスマートフォン契約数が6,850万件、フィーチャーフォン契約数が5,801万件で、スマートフォン契約数比率は54.1%

昨今では従来型携帯電話から、より利用料金上の負担が大きいスマートフォンへの世代シフトも起き、それも負担増の一端として影響を与えている。

◆安倍総理の指示には期待の声が聞かれます

いいね。 確かに料金が高すぎる。 善し悪しは有るけど寡占企業が動かないなら国が強制的に動かして欲しい。 RT 安倍晋三首相 高市早苗総務相に対して携帯料金の引き下げを指示 news.livedoor.com/article/detail…

こういうイイことはガンガンやって欲しいよ、安倍さん! NTTドコモを基準に始まってるから、携帯電話料金高すぎ! NTTの元、電電公社が国営で腐ってたからなぁ。 携帯料金引き下げを首相が指示、家計負担増を懸念=諮問会議headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-…

◆また、市場の自由競争に問題の指摘も

会議後、甘利明経済財政相は記者会見で「(携帯電話業界は)3社体制で固定化していて、競争政策が働いていないという指摘もある。総務相はきちんとした回答を持ってくると思う」と述べた。

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの携帯グループ3社が大半のシェアを占めている

携帯やスマホ料金を、政府主導で引き下げ要望する事は、大手3携帯会社自由競争をさらに加速させる

◆7月には「2年縛り」についての提言をまとめている

「2年縛り」契約に対し、総務省は解約トラブルが目立っているとして事業者に改善を求める提言を2015年7月にまとめた。

2年単位の契約を条件に料金を割り引く「2年縛り」について、途中で解約すると高い違約金がかかる仕組みを改善するよう要請

解約率が1%以下と非常に低い水準で推移するなど、主要3キャリアが協調的寡占に陥っていることへの危惧もあり、総務省は各キャリアに2年縛りの改善を求める方針を打ち出したといえよう。

1 2





CloverSさん



  • 話題の動画をまとめよう