1. まとめトップ

女性が激ヤセするトレーニング・メニュー(スポーツクラブ編)

女性のためのスポーツクラブでの激ヤセするトレーニングメニューを組んでみました

更新日: 2015年09月12日

81 お気に入り 103434 view
お気に入り追加

(激ヤセトレーニングメニュー)

・ランニングマシーンで5~10分歩く

・動的ストレッチ(ラジオ体操など。時間がなければやらなくてOK)

・レッグプレス 10レップス×3セット
・ラットプルダウン 10レップス×3セット
・チェストプレス 10レップス×3セット
・バックエックステンション 最大で出来る回数×3セット

・脂肪燃焼効果の高い最大心拍数の60%程度の有酸素運動を30分程度

・静的ストレッチ

(筋力トレーニングの長所)

・基礎代謝量があがる
・有酸素運動の脂肪燃焼効果をあげることができる
・女性らしいスタイルを手に入れられる

女性がダイエットする時に食事制限や有酸素運動、サプリメントなどにはこだわるが、ほどんどの女性は筋力トレーニングを避けます。

しかしながら、有酸素運動では今ある脂肪を直接燃焼するには有効ですが、脂肪を通常時に燃やす基礎代謝量を高めることはできません。

基礎代謝量を高めるために有効な手段が筋力トレーニングなのです。
しかも、筋力トレーニング後に有酸素運動を取り入れるとその有酸素運動の脂肪燃焼の効果も飛躍的にあがるのです。

さらに筋力トレーニングをすることでバストアップ、ヒップアップなど女性らしいスタイルを手に入れることができます。

世界中のスタイル抜群のセレブたちは皆、筋力トレーニングでモテボディーを手に入れてるのです。

以下、スポーツクラブ(市営のスポーツ施設でもOKです。)に通える環境にある人を前提として、トレーニングメニューを組んでみました。

筋力トレーニングのポイントとして
・高負荷×低回数で大きな筋肉を鍛える
(なぜ、高負荷で鍛えるかというと低負荷だと極端な話、有酸素運動となってしまうからです。)

(女性がスポーツクラブで激ヤセするトレーニングメニュー)

ランニングマシーンで5~10分歩く

動的ストレッチ(ラジオ体操など。時間がなければやらなくてOK)

レッグプレス 10レップス×3セット

一番軽い負荷で10回程度、準備運動代わりにやる
さらに10回程度出来る負荷の半分程度で10回程度やる
そこから本番のぎりぎり10回程度出来る負荷で10回×3セット
本番のセット間のインターバルは1分程度とる

ラットプルダウン 10レップス×3セット

一番軽い負荷で10回程度、準備運動代わりにやる
さらに10回程度出来る負荷の半分程度で10回程度やる
そこから本番のぎりぎり10回程度出来る負荷で10回×3セット
本番のセット間のインターバルは1分程度とる

チェストプレス 10レップス×3セット

一番軽い負荷で10回程度、準備運動代わりにやる
さらに10回程度出来る負荷の半分程度で10回程度やる
そこから本番のぎりぎり10回程度出来る負荷で10回×3セット
本番のセット間のインターバルは1分程度とる

バックエックステンション 限界で出来る回数×3セット

1 2





danasoundmachineさん

ネイバーはじめました