筋力トレーニングのポイントとして
・高負荷×低回数で大きな筋肉を鍛える
(なぜ、高負荷で鍛えるかというと低負荷だと極端な話、有酸素運動となってしまうからです。)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

女性が激ヤセするトレーニング・メニュー(スポーツクラブ編)

女性のためのスポーツクラブでの激ヤセするトレーニングメニューを組んでみました

このまとめを見る