出典 gigazine.net

ヴォイニッチ手稿

この書物は「The Most Mysterious Manuscript in the World」とも呼ばれている、世界で最もミステリアスな書物である。表紙やいくつかのページは紛失しているが、およそ230ページからなる古文書である。見たこともない不思議なアルファベットで書かれていて、さらに不思議な植物の絵も描かれている。ヴォイニッチ手稿とは発見者Wilfrid M. Voynichにちなんで名付けられた。彼は1912年イタリアのモンドラゴーネ寺院でそれを発見したといわれている。 その作者、年代、たどってきた歴史ははっきりしていないが、14~16世紀に作られたと考えられている。

この情報が含まれているまとめはこちら

あまり知られていないが、イルミナティはこの組織から分裂したらしい。

イルミナティはオカルトや不思議好きにはロマンと妄想の格好の題材なんだけれども、更にロマンを感じるし、素敵な気分になれるお話が実はあるみたいなんだ。まだ作成中だけど、こんなロマンのある事がマイナーなのが切なくなったのでフライング公開するよ!徐々に更新するから、優しく見守ってね!

このまとめを見る