1. まとめトップ

「柔道の能年玲奈」…舟久保遥香がジュニア初制覇し注目が集まる

女子57キロ級は、8月の全国高校総体を制した舟久保遥香(山梨・富士学苑高)が初優勝した。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年09月13日

1 お気に入り 7448 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○舟久保遥香が全日本ジュニア選手権を初優勝

女子57キロ級は、8月の全国高校総体を制した舟久保遥香(山梨・富士学苑高)が初優勝した。

女子の57キロ級は全国高校総体を制した山梨・富士学苑高2年の舟久保遥香が全日本ジュニア選手権を初優勝。

女子57キロ級は舟久保が初優勝し、「素直にうれしい」と笑顔を浮かべた。

○実力は「あまちゃん」ではない

連続テレビ小説「あまちゃん」でおなじみ能年玲奈似

周囲から女優の能年玲奈似といわれるが、実力は「あまちゃん」ではない。

連続テレビ小説「あまちゃん」の放送が始まった中3のころから周囲に「能年に似ている」と言われ始めたそうだが、その実力は「あまちゃん」ではない。

○決勝では、延長戦2分5秒に崩れけさ固めで一本勝ち

決勝は8月の高校総体決勝でも戦った村上との顔合わせ。延長戦にもつれ込んだが、2分すぎに崩れけさ固めで一本勝ち。

総体と同じ村上と対戦した決勝では、延長戦2分5秒に崩れけさ固めで一本勝ち。

大学生も倒しての頂点に「気持ちで前に出られた。素直にうれしい」とあどけない顔で笑った。

○寝技が武器

特に「努力と根性で強くなれる」と本人も話す寝技では、自分が下にいる体勢でも攻めることを意識してきた。

準決勝では世界大会でも実績のある出口を破り、「自信になった」と手応えを得た。

○目標は「20年の五輪に出ること」

タレントの能年玲奈さん似の高校2年生は「今後さらに上を目指し、五輪に出たい」と意欲を見せた。

まだまだ荒削りな部分は当然ある16歳の目標は「20年の五輪に出ること」。

今大会の結果で、今秋からはシニア大会への出場も確実になった。「五輪へ1つ1つの大会をこなしていきたい」と目を輝かせていた。

ということで、実力は「あまちゃん」ではない!と、マスコミが早くももちあげる、2020年東京五輪のホープとしても期待の彼女は舟久保遥香ちゃん・・今後の活躍が楽しみである。

○五輪金メダリストに対し「やってみたいな」

先月の世界選手権を制したロンドン五輪金メダルの松本薫の名前が出ると、「やってみたいな」と目を輝かせていた。

○舟久保遥香詳細

舟久保遥香(ふなくぼ・はるか)1998年(平10)10月10日、山梨県富士吉田市生まれ。

柔道は友達がやっていたので6歳で始める。富士学苑中では13年全国中学校大会で山梨県勢として初制覇。

1 2