1. まとめトップ

「オッカムの剃刀」その言葉と意味

「オッカムの剃刀」という言葉をご存じですか。別名では「ケチの原理」、「単純さの原理」とも言われています。物事を単純に、シンプルに考えることの重要性を説いた法則ですが、様々な分野で応用できる考え方のようです。

更新日: 2015年09月13日

14 お気に入り 63546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

e-nkさん

「オッカムの剃刀」とは

オッカムの剃刀の法則(Occam’s Razor)は、中世イギリスの神学者ウィリアム・オッカムが提唱したことから名付けられた法則です。

分かりやすく言えば「物事をシンプルに捉えよう」という哲学上の思考方法のことで、ある事象を説明するのにaとbという二つの事柄で足りるのに、さらにcという事柄を導入した説明をするのは無駄であるとする。

説明に最低限必要でない余計な存在がある、そうしたものは不必要なものなのだから切り落とすべきであるという考え方だ。

「物事をシンプルに捉えよう」ということです。

オッカムは、当時スコラ学という理論に登場する様々な要素を次々に切り捨てていきました。このことから、「オッカムの剃刀」は不必要なものを切り落とすという思考方法となりました。

類似表現

同様のデータを説明する仮説が二つある場合、より単純な方の仮説を選択せよ。

カール・セーガン。NASAにおける惑星探査の指導者の言葉です。

自然物に関しては、事実でかつ充分な原因だけを認めるべきだ。同じ自然的影響については、できるかぎり、同じ原因を用いて説明すべきなのだ。

アイザック・ニュートン。

使用例

雷は、神が上空と地面の間に電位差を生じさせた結果、放電されたものである。

例えば、このような雷に関する説明があったとします。

「オッカムの剃刀」により、この言葉は以下のように整理されます。

雷は、上空と地面の間に電位差が生じた結果、放電されたものである。

「神が」という部分が切り落とされました。

説明に不要な要素として「神」が切り落とされているだけで、「神が存在しない」ということを意味するものではない。あくまで神の存在、不在は別の議題となる。

統計学への応用

それ以外の条件が全て同じなら、最も単純なモデルが最良である。

機械学習やデータマイニングにおいて、データの振る舞いを表現する最適なモデルを探すときに利用できる考え方です。

心理学への応用

ある行動がより低次の心的能力によるものと解釈できる場合は、その行動をより高次の心的能力によるものと解釈するべきではない。

モーガンの公準として知られています。

問題箱は箱の中の紐を引くと扉が開くようになっていて、その中に猫(被験体)を入れ箱の外に餌を置く。猫は餌をとろうとするが、とることはできない。しかし、何らかのきっかけでひもを引くとドアが開き、餌を食べることができる。

たとえば問題箱に入っている猫がたまたま仕掛けを外して外に脱出する行動が見られたとしましょう。

猫は問題箱の構造を理解したという解釈も可能ですが、それよりも単にある行動をすれば外にも出られるし餌ももらえるということを学習したという解釈も可能です。

どちらの説明が高次かというと、前者ですよね。このようなとき前者の説明を取るのではなくて、後者の説明をとるべきだ、というのが「モーガンの公準」の主張内容です。

ダイエットにも...

【心理学でダイエット:オッカムのカミソリ】ダイエットはシンプルに。ダイエットに複雑さやお金は逆効果。 「ダイエットをしなきゃ」という衝動に注目する →bo10.pw/1ua1tc/

まとめ

最も有効な解決策とは、最もシンプルな解決策である。 [ウィリアム・オッカムの名言-格言|オッカムのカミソリ]

仕事や日常生活でも利用できる考え方かもしれません。

1