1. まとめトップ

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする2

「なぜならば、私が水瓶座だから」の人が更新やめちゃったときに作成。オリジナルのアーカイブリンク→http://matome.naver.jp/odai/2141506833498792901*こちらは復活しましたが一度作ってしまったので続けます。水瓶座同盟としては幾つかあった方が安心でしょ?w

更新日: 2017年10月16日

Minminpuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 23207 view
お気に入り追加

10月16日(月)〜10月22日(日)の運勢

「大切な居場所」の茶色。そして「大切な人たち」の緑色が出ています。今の水瓶座は「展開が地味であっても、種まきの時期であっても、とても重要な時期」を迎えています。もっと言うと、今「奇跡」を迎えている人もいるはずなのです。「今の自分」という存在。そして「今の自分が大切にしているもの」は偶然の力だけでたどり着いたものではありません。色々なことがあって、良いことも悪いことも、その「ひとつでも」欠けていたら繋がってこなかった話なのかもしれません。今の自分に奇跡を感じている人は「ここに辿り着くために頑張ってきたのかな」とちょっと驚くはずです。

今週はすごく抽象的なメッセージで申し訳ないのですが、「今の自分」って半分は正解であるけど、半分は「理想通り」とはいかなかったかもしれません。でも、「それでいいのかもな」とできれば思ってほしいのです。そして周りを見渡してみて「この人と知り合えて良かった」「この人たちと同じ時間を過ごせて良かった」など、その奇跡を感じてみてください。そして、さらなる奇跡を! あなたが今求めるものは「間違いのない人生」ではないし、みんなから羨ましがられる生活でもありません。ただ「自分が自分として命を燃やすような生き方」です。今の自分に感謝して、前に進んでいってください。そして燃えていてください! 恋愛面は「あ、この人は特別な人だ」と発見しやすいです。「あなたに会えて良かった」と気持ちの上でも伝えていくこと。

10月9日(月)〜10月15日(日)の運勢

「ひとつひとつ」の茶色が出ています。今のあなたにとってキーワードとなる言葉が3つあって、「信頼」「手ごたえ」「地道」です。ひとつひとつの言葉を説明していくと、今のあなたは「これから長く一緒にやっていけるような相手や環境」をゼロから作っていくような感覚で信頼という種を撒いています。この信頼の種はあなたがひとりでやっていくだけではなく、これから先「協力体制」の元やっていくためにすごく大事なものになります。だから今週は自分の時間だけではなくて「知り合う」「わかり合う」「相手の要求を聞いてみる」などについても重視してみてください。

その次に今のあなたは「手ごたえ」も求めます。小さいものになろうが、大きいものになろうが「結果を出す」ことに対してとても意慾的なのです。今週、あなたは口で不満や愚痴を言うよりも、手や足を動かします。「とりあえずやってみる。そうしたら昨日までとは違った今日が作られていくかもしれないから」と、ロマンを持ってみてください。そして最後に「地道」。信頼を作っていく作業と、結果を出していく作業。その両方に共通するのが「目先の結果や評価を気にしすぎず、毎日知恵を持って地道にやり続けること」です。それが今週のあなたはできます。恋愛面も「こまめに連絡を取る」など、地味な作業にちゃんと手を抜かないことがチャンスを作り出していきます。

10月2日(月)〜10月8日(日)の運勢

「ちょっとボーッとする」の薄い黄色。そして「好きなことに対して自由になる」のターコイズ色が出ています。水瓶座の人ってよく見るとすごくおもしろいのですが、普段はすごくしっかりしていたり、「クールに自分のやりたいことや、やるべきことに突き進んでいる」という印象があります。でも実はところどころですごくボーッとしている人でもあるのです。水瓶座って外の世界に対して「把握したい。理解したい」という知的欲求が並外れて強い人たちなのです。ですから、人が夜に眠って夢を見るように、そうやって頭のなかを整理する必要があります。それがあなたにとって「ボーッ」としちゃう時間なのです。

だから、今週は「最高にボーッとできるシチュエーション」を自ら作り出してみてください。できれば風や日光、暖炉の火、虫の声など、そういう自然が感じられる場所がいいです。もしなかったら自分が落ち着いてボーッとできるシチュエーションでも大丈夫です。その上で「あなたが楽しむことだったら何しても良いよ!」とやさしいお母さんから声を掛けられるような感じで自分に言ってみてください。そうすると「私これやりたい!」「いつかここに行ってみたい!」というような自分の心が歓喜するようなものが出てきやすくなるから。恋愛面も少しボーッとできるようにゆっくりしたいです。誰かと一緒にいる余裕がなかったらひとりの時間を持って回復させてあげて。

水瓶座が疲れたときにかけて欲しい言葉(しいたけブログより)
2017-09-29 08:00:00

テーマ: 11 水瓶座あるある
各星座が疲れたときにかけて欲しい言葉シリーズを気まぐれでやり始めたのですが、今回は水瓶座です。

水瓶座はズバリ「ありがとう」だと思います。

「あれ、2回目にしてもう手を抜くんですか? ありがとうなんてすごい当たり前のところついてきましたね」と思ったそこのあなた! もうちょっと話をきいてください。

水瓶座について話をするときって、どうしても「今私は、どの理想に向かって歩んでいるのか」という自問自答が出てきます。

水瓶座って理想にこだわります。「私は何になれるか」、「私は何を目指すか」、「私はどうあるべきか」。そういう理想を他の人よりも強く持つのです。

なんであなたは理想を持つのか。

その設問に答えるためにちょっとこういう場面を想像してみてください

a.午後14時。会社の会議室みたいなところで「あなたは将来どういうことをしていきたいと考えているのですか? 」に対して答えるシーン

b.親友たちと一人暮らしのお家に集まって、ちょっとお酒とかも良い感じで回ってきた夜10時ぐらい。「将来どういうことやっていきたい? 」と誰からともなく質問が出て、それに答えるシーン

このふたつの場面って同じ質問だけど全然答える気持ちが違いますね。前者の会社などのシーンにおいては「やべえ、変なこと言ったら怒られる」という強い理性とロジックの力が働くし、後者の「ベロベロでわけのわかんなくなったシーン」においてはいかに自分が答えていて気持ち良くなれるかのシーンになります。

それで、すごく面白いことに水瓶座はこのふたつのシーンを自分の中に持っている人なんですね。

大人が前に進むときに、ちょっとバカにされるような理想って必要になります。

だって、それがないと「ただ毎日をこなす」とか「ただ毎日を頑張る」という生活に寄り過ぎちゃうからです。

理想を持つ効能って、理想を持つと人は失敗しようとするのです。それは成長するための失敗とかミスとか恥をかくことです。

「毎日の生活」ってもちろん大事だけど、それを守ることだけに寄り過ぎてしまうと失敗をすごく恐れる人になってしまいます。

水瓶座って根本的に不安定なのです。すごく高いしっかりした性質とロジック。そして「私の理想? そうだね、私はとにかく広島を元気にしたいわけよ」とか、そういう陶酔の気持ちの両面を持っているのです。

すごい話が長くなっていますね(笑)

その水瓶座のふたつのモードをまとめる言葉が「ありがとう」なのです。

できれば目をつぶって、たとえ不運なことがあっても、大変なことがあっても、それを「ありがとう」と静かに言って「私はそれを受け容れる。私は目を背けない。私は何をするか選べる。そして楽しんでみせる」と、そういう理想の炎が燃えるための言葉が目を閉じた「ありがとう」なのです。

なので疲れたことがあったら「ありがとう」と言って頑張ってみてください。

9月25日(月)〜10月1日(日)

「心静かに眺める」の水色が出ています。今のあなたは色々なものを整理している期間を過ごしています。こういうときってちょっとボーッとすることが多いのです。他人と話していても「ちょっと。話、聞いてる?」と言われたり、ふと気づいたときに「あれ、なんで私こんなことしてるんだっけ?」と思ってしまうことがあったりします。整理している期間=お掃除期間なので、自分を空っぽにしてポカーンとさせてしまったほうがいいです。でも、本格的にポカーンとすることって現代人にはすごく難しいです。だってやらなきゃいけないタスクが多いし、携帯電話で常に他人や情報と繋がっていなければいけないから。

なので、今週のあなたにやってもらいたいのが「宇宙から派遣されてきた調査員」として周りを眺めて調査してみること。「この地球人はこういうことを大切にしているのか」と、そういう距離の取り方をしてみる。私たちは普段、「これは良い」「これは悪い」「これは頑張らなきゃいけない」「これはたいした問題ではない。後回し」など、物事をJudge(ジャッジ)して生活していかなければいけない前提があります。でも、整理=浄化期間においては「正しい」「やらなければいけない」という思いこみから距離を取ったほうがいいのです。宇宙人Aさんとして色々なものを観察してください。必ずあなたの興味を引いて新鮮に驚くことや喜ぶことが多いですよ。恋愛面も何か「もし〇〇だったら」という仮定の空想ゲームをふたりでやったりするのもいいですよ。

9月18日(月)〜9月24日(日)の運勢

「常にリラックスを」のターコイズ色が出ています。今週も含めてここ最近は、感情がすごく高ぶったり、その逆にちょっとのことですごく落ちこんでしまったり、そういうハイとローが激しくなる方が多いのです。水瓶座もその影響が少しあって、たとえば恋人や友達関係においても「普段だったらちょっと怒っておしまい」になることでも「どうしても許せない」とヒートアップしすぎてしまったり、昨日まで頑張ってきたことが今日になって急に自信をなくしたりする気分になったりしやすいです。そういう「気分」に左右されすぎないためにやってほしいことがあります。

先ほどまで「今週はいい意味でも悪い意味でも気分や感情に左右されやすい」とお伝えしてきたのですが、要は季節の変わり目は夏から秋に体が対応していくだけでも疲れてくるのです。体が疲れてくると、気分の上下の影響も受けやすくなります。その対策として「こまめにリラックス」を入れること。これは森林セラピーの人がよく言ってくれるのですが、ちょっと深呼吸して五感を再び使ってみる。まず目を閉じて自分の耳には何が聞こえているか。匂いはどうか。口のなかの唾液の量はどうなっているか。肌は何を感じているか。そして目をあけて何が見えるかなど。それをやると「今のリラックスした自分」に帰ってきやすいです。恋愛面も「気持ちの高ぶりすぎ」に注意。不安定を感じたら「ごめん、今日はもういいや」と思って明日を待つこと。明日にはまた気分が変わるかもしれないから。

9月11日(月)〜9月17日(日)

「身軽になる空気」の黄色が出ています。「ずっと取り組んできた問題がストンと落ちる」「何週間も取り組み続けてきた仕事がやっとひと段落ついた」など、そういう身軽になっていく現象が起き始めます。もし可能なら、エステやマッサージ、お風呂など、そういうリラックスできるところを「自分へのプレゼント」として贈ってあげてください。「お疲れ様。これ、ささやかだけど頑張ってきたあなたに私からのプレゼントです」って。そういう自分へのプレゼントって大事ですよ。人が頑張れる理由って、「敬意を払われること」であり、自分がやっていることが「当たり前」ではなく感謝されることだから。

水瓶座の人が持つリズムって体感的にはジェットコースターなどでかかる「重力」とちょっと似ているのです。ほら、ジェットコースターってグググーッと力が入って、そして一気に解放されて「フワッ」と浮く感覚があったりするでしょう。そういう、グググって普段力を入れて、そして何かが達成されたときには「フワッ」と自分を壊して解放する。なので、どっちにしろ「激しさ」は伴うので、あなたには「ひと仕事終えた後に適度に自分を解放する癖」が必要だったりするのです。「リラックスは後ですればいいや」とはなるべく思わないでください。恋愛面は重くなる空気があるところは避けた方が良く、「あ、今ヘビーな話は無理だから、楽しい話だけ聞きたい」など、そういう無責任さもある程度、今週は守ってください。

9月4日(月)〜9月10日(日)の運勢

「大事なフワーッとする時期」という水色が出ています。水瓶座と獅子座がちょっと似ているところのひとつに「理想が現実」というところがあります。つまり、他の人だったら「理想」と「現実」って分けるのですが、水瓶座の人は「私はこの基準で仕事ができなければいけない」など、そういう自分にとってプロフェッショナル的な理想を決めると、それに対して自分の「現実」が泣き言を言うのを許さない側面が出てきます。「ひとり監督/ひとり選手」のような感じで自分自身を観察し、指導を加えていくような「自己努力」や「自主練」を自分に課し続けることができるのです。

今週はちょっと力を抜けるタイミングでもあるので、もし嫌じゃなければ自分が子どものときによく見ていたアニメや作品などにもう一度帰ってほしいのです。思いつかなければ「うわ、なつかしいなあ」と思うものに触れてほしいです。しつこいけど、あなたは「今の自分が果たしていかなければいけないミッション」に備えて、自身をそこに合わせて常に仕上げていこうとする戦士のようなところがあります。あなたにとって懐かしさを覚えるものや、ファンタジーに触れることが、「自分を仕上げていかなければいけない」という強さの時間から離れられる大事な時間なのです。恋愛面も昔懐かしい人や、昔の自分がよく行っていた場所などが、あなたに力を与えてくれます。

8月28日(月)〜9月3日(日)の運勢

「人に左右される方がいいとき」の緑色が出ています。今週ですね、ちょっと他人と噛み合わなかったり、場合によっては迷惑を掛けられたりします。急にこんなこと言われて困るかもしれませんが「どんと来い」と思ってほしいのです。今の水瓶座は多少傷ついてもいいときです。どういうことかと言うと、今のあなたは恥ずかしがらずにある程度、自分の本音の部分を出そうとしています。水瓶座はときどき自分でも気づかないうちに他人に対して「カメレオン的な対応」を取っていたりします。自分の好感や「うわ、苦手」というのを出さずに、あくまでニュートラルに接して、家に帰ったら好きなことをやろうなど、そういうところ。+

今週、多少他人に振り回されたり、迷惑を掛けられたりしても大丈夫です。それによって得るものがあるのです。人に対して「自分の好感」など、そういうことを伝えていくときは多少ゴタゴタに巻き込まれちゃうから。だから、アドバイスとしては今週は多少鈍感になっていてください。あなたはすごく鋭敏に「あ、この人は本当はやりたくないんだ」とか、他人の表情や雰囲気から察しすぎてしまうことがあります。でも、それをやりすぎてしまうのはやっぱり良くないのです。恋愛面でも「あの人は本当は何を考えているのか」っていうゾーンに深入りしないでください。その人が何を考えているかって、その日の気分によって変わったりするものであるから、多少鈍感になって自分でできる楽しみに目を向けてあげてください。他人のすべてなんて全部わかろうとしてあげなくても大丈夫です。

水瓶座を振り返って前編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~①
2017-08-14 15:19:28

■ 受難受け入れ型

今回から水瓶座の振り返りに入りたいのですが、水瓶座ってある種「苦難受け入れ型の人」って多いと思っているのです。

なんかですね、これはタイムリーな話題で昨日まで熊本に出張に行っていて、それで2日間講演をやらせていただいたのですよ。そしたら2日目の講演の方に水瓶座の方がいらして、蟹座のお子さんを産んで子育てについてのアドバイスを質問コーナーで聞かれたんですね。

この水瓶座のお母さんを前にしてやっぱり雰囲気的に思ったのが

・魚座ほどではないけど(←ディスってないですよ)どこか表情にあどけなさとか、年齢とかお仕事とかが不詳みたいなところがある

があるよなぁって改めて思いました。

それで、熊本でのその質問にはこう答えたんですけど、水瓶座の人って

・ものすごい強い「私は私で生きていく。まぁ、みんなも勝手にやってよ」と自分を通す芯

があるところと

・時と場合によって長期間でもかなり自己犠牲をしながら自分に縁ある人や場所に尽くす

っていう、「ひとりで勝手にやる」と「強烈な自己犠牲で奉仕する」の、もう全然極端に違う二面性があるんですよ。

で、この水瓶座の方には「不良になってください」と言いました。年齢が20代とかでしたら、水瓶座って「奉仕活動」が6割ぐらいでけっこう色々バタバタはあるけどうまく回って、それ以上先の人生になったら「私は宝塚観劇(もしくはディズニーとか)に超興味があって、子育てはその合間にやっている。オスカル!」っていう感じの「自分が好きななんらかのファンタジー」にのめり込む方が上手くいきます。

でもやっぱり根本的には水瓶座も「適度に付き合う」というか、そういう色々なものとの距離感ってすごく難しい問題になってきます。結論から言うと、やっぱり元々持っている気質としては「テキトーに付き合う」とかそういうことが難しいから、人生経験で作っていくしかないのです。

水瓶座も中途半端がないのです。

やるからには命を賭ける。

そこで出てくるのがさきほどお伝えした二面性で

・「自分のやりたいようにしかやれない期」においては周りにどう言われようが自分の意思や信念を通していくし

・「命がけ奉仕期間」においては、どんなに忙してくてバタバタしていても、自分に縁がある人やモノや組織への奉仕を絶対に忘れない

っていう、なんていうか、イメージとしてはハーレーダビッドソンのバイクに乗っている修道女みたいなところがあるんですね。貞潔なのかロックなのかわからない人。言い換えると、自由で奔放なのか、鉄の意思を持った奉仕精神なのかわからないところがひとりの人間のなかにこれだけあるってすごい面白いと僕なんかは思ってしまいます。

あ、それで、余談なのですが、自分の個性のなかで「コントロールできかねるところ」とか「わからないところ」って、それは実はその人にとって最大の魅力であるものだから無理に矯正しようとするんじゃなくて「失敗もあるけど、こういう不安定なところ私は嫌いじゃないんだよね」って自分に言っておいてください。

話を戻して水瓶座とはどういう人たちなのか。もうちょっと詳しく追求していきたいと思います。

■ 不器用さと執念こそが水瓶座の愛

「自分の弱点や苦難を捨てずに向き合う。簡単にできませんでしたとは言わない。良いことも苦しいことも含めて自分に向かってくる縁を大切にしたい」

そういう「なんでも自分に縁あるものは受け入れなければいけない精神」って水瓶座にはあります。

水瓶座の人ってすごい才知に溢れてるような人も、その奥底にある性質って恐ろしいぐらいに「透明さ」がある。

ぞっとするほど透明で、無邪気な部分。

だからすごく傷も受けてきた人が多いという印象です。

水瓶座って何か奥底に「自分を変えられない部分」があって、たとえば誰かを好きになったら「相手に自分を好きにならせるように演じる」みたいなことができなくて

「好きー」

という気持ちだけでずっと行くようなところがあります。

つまり、自分が本当に愛してしまったものに対しては演技なり小細工なり「大人のやり方」がまったくできなくなるわけですね。

だから、ちょっと野暮なんだけど、水瓶座って「めちゃくちゃ愛してしまったもの」は、たとえば自分の将来とか、もしくは2次元とか、もしくは「私の人生を通じて伝えていく愛」とかですね、そういう

・身近な利害関係が絡む人間関係

だけに重きを置かない方が良いと思います。

続く

水瓶座を振り返って前編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~②
2017-08-14 15:19:28

もっとシンプルに言うと、水瓶座の愛ってそれだけ大きいし、そして小細工がきかない「真正面からのもの」なのです。だから、それを受け止める人が「恋人限定」だと、その人がたとえば調子が悪いときとかに受け止めきれないときがある。そこで引き下がらないのが水瓶座なのです。あらゆる手をつくして奉仕しようとする。

だから、水瓶座って「愛情」をどこか「ひとつのものだけに集中しない」ぐらいにした方が良いです。これ別に「浮気してください」とかじゃないですからね(笑)

何が言いたいのかというと、水瓶座って「他人に掛ける愛情の深さ」が強過ぎて、自分の生活すべてが流されてしまう危険性があったりします。水瓶座の人って、たとえば恋人ができたら「恋人のすべて合わせる」とか“自分を喪失してしまう”ことってすごくあったりするのです。それが恋の醍醐味でもあるんだけど、「自分でできることは自分でやって」とか「頼まれていないことはやらない」とか、そういう、好きな人を「過保護に保護対象にしない」関係性がすごく大事になります。

「自分のことは自分でやる。私の時間もすごく大事。それがあるからこそ、大事な人(たち)と過ごす時間もすごく大事」

っていう、多少欧米型の恋愛観とか人生観の方が上手くいく気がします。日本的文化圏の愛情って「どれだけ自分を犠牲にして相手に尽くしたか」ってすごく大きいでしょう? だから恋人が子ども化とか赤ちゃん化しやすいってあると思いますし。

まとめると、お仕事でも、恋愛面でも水瓶座は

「自分を犠牲にして滅私奉公しないバランス」

って自分なりにつかんでいく必要があります。自分の気持ちのなかで「多分私のことは誰もわかってくれてないよな。一生懸命やらない限りは、私はこの場所であんまりありがたがられてないよな」ってフと虚しさの方を強く感じるときがあったら、それは滅私奉公になっています。少しやる気を失って切り上げましょう。

■ 水瓶座の曲げられない部分。「自分は自分」

「自分は自分」という、奥底にある透明さがすごいです。

すごく色々努力をするし、才能だけじゃない人。

「仕事でお世話になった人のために」とか、誰かのために自分を変えていくことはできる。

でも、生きる姿勢に関しては「昔から変えられない不器用さ」がすごいのです。

器用さを身につけて、他人に受け入れられようとするのが苦手。

たとえば他の人だったら「心ない他人に攻撃されるならば、それを逆手にとって反撃してやる」ってなるのが自然だったりするんだけど、水瓶座ってどこか諸行無常で「あの人がそう望むなら、私は傷つくことも受け入れるよ」っていう、ちょっと何言ってんのかわかんない時がある(笑)

でも僕が水瓶座の好きなところって、すごく小ちゃいところでズルしようとするんです(笑)ポテトやケーキを多めにとっちゃうとか。

■ 水瓶座に接する人のために

だから、これは水瓶座に接する人におぼえておいて欲しいのですが、水瓶座の人とのやり取りの中で「絶対に曲げられない部分」って彼女なり彼なりに出てくるときがあるんです。

「私水曜日しか会えない」(水瓶座)
「えー、僕は水曜日以外がいいなぁ」(水瓶座以外)
「水曜日以外は会えません(2回目)(水瓶座)

なのです。何か会話とかメールとかの雰囲気のなかで「あ、これ絶対曲げるつもりないだろうな」って思ったらできれば歩みよってあげてください。後で言いますが、全部がわがままな子たちじゃないんです。「絶対に曲げられない2割」の部分がある子たちなんです。

続く

水瓶座を振り返って前編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~③
2017-08-14 15:19:28

■ すごく強く残る子どもらしさ

水瓶座の人って、ときに誰も引き受けたがらない犠牲を自分に引き受けます。周りにいる人たちを気遣い、目立たない人にも声を掛け、「私で良ければなんかやるよ」と言ってくれる人情派のところも強くあります。そして、自分の生き方に関して、それが損しようがなんだろうが真っすぐで透明なのです。

でも、その透明さの中に、残り2割で「みんなー、私のために動いてー」っていうこずるい部分があります(笑)

でも、犠牲も多い人だから許してあげて欲しいです。

水瓶座って8割はすごく透明で、そして他人に尽くしてくれたりします。

でも、どこか2割で「とんでもなく強情」なところがあります。

これがすごく興味深くて、「そこ曲げとけばもっとスムーズに行くじゃん」って言われても「いや、絶対にこれはあり得ない」って曲げられない。

水瓶座ってだから印象なんですけど、8割のすごい奉仕精神とか「みんなが喜ぶまでやる」ってところがあるからこそ、たまに出る2割の「えっ、そこ!?」っていう頑固さがものすごく目立ってしまうことがあるのです。

■ 8割の理想と2割の強情

水瓶座も本当に不思議な人たちなのですが、この人たちって

「8割の理想の自分、絶対にへこたれない自分。そして2割の強情さとか弱さ」で出来ています。

もっと違う言い方で言うと

・8割の人類愛と「私は別に良いからみんなに喜んでもらいたい」という奉仕の気持ちと

・2割のよくわからない何か。衝動とか本能とか、絶対に譲れない部分。損得で動かされない部分

によってできているんですね。

2割の“よくわからない何か”って本当に突然出てきます。

水瓶座って「他人から見たら全然よくわからないタイミングで自分のすべてを賭けた本気を出すとき」があります。

「あ、キレました。これ、私のすべてを賭けてやります」

って。どこで本気を出すか本当にわからない人たちで、たとえば飲み会の幹事を任されたときに「参加者全員にとって一番都合が良い場所で、しかも2次会で押さえてくれたお店もすごく素敵」とか、そういう

「任されたことに対して絶対に手を抜けないプロ意識」

がすごく強くあります。

いわゆる、普段持ってる理性が全部ブチ切れて、自分を追い込んで、本気の自分を試すときがある。

水瓶座って自分に対してドSです。

「あ、これぐらい突破できないようなら、私は私じゃないから。何がなんでも絶対にやり通します」

って、急に自分に爆弾をぶっこむときがある。

そして当の本人もなぜそんなところで自分をそこまで追い込むのがわからない場合が多い。

水瓶座の8割と2割理論で言うと、

たとえば他人に対しても水瓶座は8割すごくやさしくて面倒見が良かったりしたら、急に2割のドS性が出たりします。

「明日仕事?そんなのみんなそうだよ。いいから今から来てよ」

とか(笑)

急にめちゃくちゃ冷酷になることもあります。

逆に普段の8割がすごく人に対して公平さと厳しさを持って接している水瓶座は、急になんかブチ切れて2割の部分でものすごく人を甘やかしたり、「なんでも許してあげるよ♥」ってなったりもします。

水瓶座の「隠しておいた2割」を目の当たりにした人はびっくりもすると思います。だから、そういう「衝撃的な自分」を見せないようにすごくクールとして振る舞っている方も多いです。

だから、水瓶座に接する人に話しておきたいのが、水瓶座の人には「外見とは異なる2割の部分」があります。

外見がクールで厳しそうな水瓶座は2割の部分でものすごく親身になって相談してくれたり、守ってくれたりします。

外見で見られて損することが水瓶座は結構多い。

水瓶座が幸せに、そして自分らしく生きていくために

「この2割の衝動的な本音」

とどう付き合っていくかが重要になります。

続く

水瓶座を振り返って後編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~④
2017-08-15 08:00:00

たとえば自分が8割良い子でいるならば、2割の乱暴者な部分とか、自分勝手な部分を「悪い子」とはみなさないで欲しいのです。それこそ大事な個性。

慣れていないうちは「自分の隠された衝動性」にすごく驚くんですね。だって

「自分はすごくやさしくて、こんなに友達や恋人に尽くす」

って思ってた人が、急に2割のドS性が出て「おい」って言ったりする。

それですごく本人も、そして接する人も動揺したりする場合があります。

水瓶座ってたとえば「8割クール」な人だったら、2割のとんでもないやさしさって、なんか昔の役者さんがプライベートを明かさないみたいに隠しておきたいと思うところがあります。

「これは業務とは関係ないので」

っていう感じで、必要以上に自分の性質を探られるのすごく嫌。

水瓶座ってそういう意味で昔の人は「矜持」(きょうじ)って言葉で使ったんだけど

「カッコつけの美学」

をすごく持っているんですね。

「自分の全てなんてわかってもらう必要はない。それで余計な同情とかされたくない」

とか。飼い主にすら自分を隠す意味においてちょっと猫的。

僕個人の考えを言えば、「人生をカッコつける」水瓶座ってカッコイイと思います。

理想を持つ者は「バカ」と言われます。損とも言われます。でもたまに「金とか得するとかじゃねェんだよ」とか言いながら命懸けで自分が接する人を喜ばせる水瓶座の人を、人として尊敬します。

■ 水瓶座がお腹を見せる時

水瓶座が「この人には自分のことを話しても良いかな」って、猫がお腹を見せるように自分を出せる人がいます。

それは「自分の世界を持ってる変な人」です。

そういう人って自分がやっていることに夢中になってるから、他人がどうあろうとあんまり気にしないんです。だから、変人には心を開ける。

もうひとつの水瓶座の特徴って、

誰かと出会って、そしてその人とかその人たちと共に作り上げていく物語をすごく大切にします。

「仕事だから」と割り切る姿勢ではなくて、理想としては「一期一会」みたいに誠心誠意やり抜きたい。

それは本当にすごいことなのです。

水瓶座もだから、一個前の山羊座と似ていて「自己犠牲成分」が強くあります。

「奇跡の物語を作っていくためなら、自分なんて犠牲になっても構わない」

とできる人。

だから、自分が傷ついたとしても、自分に出会ってくれた人には感謝のお弁当とか持たせようともします。


水瓶座の人生って、物語を一回一回誠心誠意作っていこうとします。だから、自責の念もとにかく強くなります。

「今回はここまでしかできなかった」

とか。

自分が出会う人がどうなるのかすごく気にしちゃうところがある。

他人から裏切られることがあっても、自分から裏切れない。

「自分を大事にして」という感覚がよくわかりません。

「せっかくの縁をいただいて今私はこの場にいる。自分を大事にするなんて後回し」

って、自分が持っている全てをそこで出していく。

どこでも理想としての一期一会を追おうするところがあるから、手が抜けない自分が出てくる。

水瓶座。不器用なところに落胆しないでください。個人的にはそういうところ大好きです。変えられるところは変えても良いんだろうだけど、あなたの不器用さによって救われた人、憧れを抱けた人、理想を作ったこと、それを夢として周囲に与えたことがあるんですよ。

次は水瓶座の番外編になります。

水瓶座を振り返って番外編~2017年しいたけ占い下半期インスタLIVE~
2017-08-18 08:00:00

■ 水瓶座はオフショットを

水瓶座が大切にすべきものって、オフショットなのです。

どうしてかと言うと、水瓶座はお仕事でもプライベートでも

「命懸けでやるか、廃人モードか」

になりやすいのです。もし「命懸けのミッションモード」になると、どんなにそれが苦難に満ちていても、どんなにそれが私にとって損になることでも

「いや、やるって決めたから」

って、なんかすごいヤンキー的な人が言いそうな台詞を吐きます。

真剣かポンコツか

その二択しか水瓶座にはありません(断言)

だからこれ心当たりがある人は絶対に共感してもらえると思うのですが、水瓶座の人のアーティストの人やモデルさんやタレントさんのオフショットとかものすごいファンにとっては嬉しいし癒されると思うのです。なんかミュージシャンが楽譜間違えて笑っているとか、カメラマンとジャレてるとか。

そこにみんな「あ、この人ってこんなに無邪気なんだ」と発見できるのです。

それだけですね、水瓶座の人って「心許しているのか、警戒心が強いのか」、表情とか雰囲気だけで発見されにくいです。だから水瓶座の人って言葉が丁寧な人が多いし、それだけ「自分が何を考えているのか」をちゃんと説明しないと周りが理解してくれない「あー、通じてないなぁ」という悔しかったり悲しかったりする体験をけっこうしてきたと思うのです。

それだけ、水瓶座って自分では気づかないと思うのだけど、本気になって何かに取り組んでいるときには「何かが乗り移ってるんじゃないか」ってぐらいに鬼気迫るぐらいに近寄れない雰囲気を持っちゃうのです。

だからオフショットを。くしゃくしゃの笑顔とか、あと、もし可能なら誰かに髪の毛をくしゃくしゃにしてもらってください。それで緊張の糸が解けたリする。

オフショットをやるコツは「今からオフショット入りまーす」って自分が監督みたいに宣言しちゃうことです。

みんなと共に作り上げるのが「作品としての写真集」だとしたら、オフショットを個人で撮影して

「私だけの作品集」を作るのが

「自分だけの大切な物語」

になっていきます。

だからね、恥ずかしがらずに「みんなで写真撮ろうよ」とか、「あ、ここに一言メッセージもらって良い?今日の記念に」ってやっても良いですよ。恥ずかしいかも知れないけどもっと笑ってください。

「やることをやったらさっさとこの場から消えなければいけない」

という自己犠牲よりも、ミーハーとか笑顔が勝って欲しい。

あなたはすごい献身性と、理性、そして全体を見る観察する力があります。

でも、それだけではないんです。

ちゃんと人間としての欲求とか、そしてドロドロとしたものも抱えているんです。

だから、カッコつけ過ぎて、自分の本能にフタをしてしまうと予期しない暴走が起きちゃう。

■ 理想を捨てない人たち

水瓶座ってどんなことがあっても「理想」を捨てない人です。

誰かに「そんなの無理だよ」と言われたら異様に燃えます。

だからどうか伝えさせてください。

あなたは理想を追える人です。

鉄の意思でやり抜くあなたの表情だけではなくてオフショットをちゃんとみんなに知らせて。

あなたが自分の理想を追って

「これぐらい犠牲にしても良いや」

と、犠牲に対して無頓着なところがちょっとあるのです。

あなたも人間です。だから、ちゃんと傷つき、もがき、そして理解されないことに対して苦しみます。

でもそれを「強くなる」ことだけで解決しないこと。

もっと言うとですね、さきほども言ったけど、水瓶座の人って写真撮られるときにかなり「プロ」の表情なのです。ちゃんと決まってる。

なんか、外見で判断されたくないからちゃんと「他人に見せるようの顔」を持っていたりするのです。

それをもうちょっと崩すことにもチャレンジしてみて。

笑顔で。無邪気で。強くなることで解決していかない。

あなたはとても魅力的でチャーミングな人です。あなたに会えてみんなは色々なものを受け取ってきたんだから。いてくれてありがとう。

8月21日(月)〜8月27日(日)の運勢

「少し力を抜く」のクリーム色。「気働き」の黄色が出ています。こういう話をしたいのですが、水瓶座って「ちょっと力抜きなよ」「少し休んだら」と言われることが結構多い星座です。それだけ周りから見てもあなたは自分に任された責任や課題を自分が絶対に納得するまでやり抜く人だから。それで、水瓶座の人って「ものすごく打ち込んでいる時間」と「燃え尽きたー。フワーッ(抜け殻)」という時間を交互に過ごします。今、力を抜ける人は抜いてほしいのです。もし可能なら「少し早めに秋を見つけるツアー」でもいいし、「秋になったらこういうところに行きたいなあ」と、そういう旅の計画ができれば。

すごく極端な言い方をするのですが、旅って実際は行けないことがあってもいいのです。でも、今の時期にあなたが「秋になったらこういうところに行きたいなあ」とあれこれ調べて計画するのはすごくいいことです。どうしてかというと、それは今、あなたが自分自身に与える「癒し」だから。旅の計画のいいところって「毎日いなければいけない場所」から、「こんな風景の世界があったんだ」という別世界のシンプルな発見にあります。だから、金銭的、現実的なことは置いておいて、「台湾に行って飲茶を食べたい」など、そういう夢想から始めてみてください。現実的に考えるのではなくて、まずは夢想から。恋愛面は忙しかったとしても、自分が好きな人(たち)に「ありがとう」と言える時間をちょっとだけ持ってみてください。

8月14日(月)〜8月20日(日)の運勢

「やらなきゃいけないことが多い」のネイビー。そして「イメージの変化」の黄色が出ています。今、比較的バタバタしている水瓶座は多いです。それは今のあなたがふたつの流れに関与しようとしているから。ひとつは純粋に、今の時期のあなたは「次に進むために」、ずっと続けてきた今まで通りのタスクと、そしてこれから先に新しくやっていくタスクの両方を手掛けているから。そして、もうひとつが今のあなたはとても強く「自分の自己イメージを強く変化させよう」としているときなのです。蝶になる前のサナギの時期を過ごしている感覚でもあります。

「自己イメージを変えようとしている」って大きくあなたの今後に影響を与えるところがあって、こういうときは「勘」を重視してもいいと思います。「今までの自分」を終わらせる。つまりそういう過去の自分を卒業するときの台詞って「なんかもう飽きたんだよね」というようなあっけないものが出てくることが多いです。「自分のイメージを先に進める。自分がワクワクしないものを守り続けてもしょうがない」という感じで、前に進んでいます。アドバイスとしては「古いものも、新しいイメージも、誠実にやり続けること」が大切になります。恋愛面はちょっと息が詰まるような忙しさがあったりするので、一緒にいて楽など、気を遣わなくていい時間を過ごしたいです。

Twitterより。8/8①

「自分の弱点や苦難を捨てずに向き合う。簡単にできませんでしたとは言わない。良いことも苦しいことも含めて自分に向かってくる縁を大切にしたい」って山羊座も水瓶座もすごく似てます。その不器用さが。でも細部に違いがあるから水瓶座の時に説明します。

色々背負い過ぎてオーバーした時って、良い悪いは別として山羊座は派手に自爆してリセットしようとすんですね。「もう全部木っ端みじんじゃあ!」って言って。
でも水瓶座はもっと静かに倒れてる。
そして長い時間をかけてそこから再生しようとする。ちょっと精霊的なのです。

山羊座の方がなんか水瓶座に比べて「獣臭(けものしゅう)」がするでしょう? 「追い詰めると命がけの反撃してくるだろうな」って獣性がある。蠍座は静かに刀を抜いている(笑)

水瓶座は倒れるときなんか「私で良ければいいよ」とニッコリ笑ってる印象があります。すごいんです(笑)

ちょっと水瓶座にも触れると、水瓶座の人ってすごい才知に溢れてるような人も、その奥底にある性質って恐ろしいぐらいに「透明さ」がある。
ぞっとするほど透明で、無邪気な部分。
だからすごく傷も受けてきた人が多いという印象です。

水瓶座って何か奥底に「自分を変えられない部分」があって、たとえば誰かを好きになったら「相手に自分を好きにならせるように演じる」みたいなことができなくて
「好きー」
という気持ちだけでずっと行くようなところがあります。

「自分は自分」という、奥底にある透明さがすごい。
すごく色々努力をするし、才能だけじゃない人。

「仕事でお世話になった人のために」とか、誰かのために自分を変えていくことはできる。
でも、生きる姿勢に関しては「昔から変えられない不器用さ」がすごいのです。
器用さを身につけて、他人に受け入れられようとするのが苦手。

たとえば他の人だったら「心ない他人に攻撃されるならば、それを逆手にとって反撃してやる」ってなるのが自然だったりするんだけど、水瓶座ってどこか諸行無常で「あの人がそう望むなら、私は傷つくことも受け入れるよ」っていう、ちょっと何言ってんのかわかんない時がある(笑)

でも僕が水瓶座の好きなところって、すごく小ちゃいところでズルしようとするんです(笑)ポテトやケーキを多めにとっちゃうとか。

透明さの中に、残り2割で「みんなー、私のために動いてー」っていうこずるい部分があります。
でも、犠牲も多い人だから許してあげて欲しいです。
水瓶座って8割はすごく透明で、そして他人に尽くしてくれたりします。
でも、どこか2割で「とんでもなく強情」なところがあるでしょう。
これがすごく興味深くて、「そこ曲げとけばもっとスムーズに行くじゃん」って言われても「いや、絶対にこれはあり得ない」って曲げられない。

水瓶座ってだから印象なんですけど、8割のすごい奉仕精神とか「みんなが喜ぶまでやる」ってところがあるからこそ、たまに出る2割の「えっ、そこ!?」っていう頑固さがものすごく目立ってしまうことがあるのです。

普段は実はそこまで頑固じゃないんですよ。

続く。

Twitterより。8/9②

水瓶座も本当に不思議な人たちなのですが、この人たちって「8割の人類愛や理想、そしてときに自己犠牲も辞さないような透明さと、2割の“よくわからない何か”」によってできているんですね。2割の“よくわからない何か”って本当に突然出てきます。

水瓶座って「他人から見たら全然よくわからないタイミングで本当の本気を出すとき」があります。「あ、キレました。これ、私のすべてを賭けてやります」って。いわゆる、普段持ってる理性が全部ブチ切れて、自分を追い込んで、本気の自分を試すときがある。

水瓶座って自分に対してドSなんですね。「あ、これぐらい突破できないようなら、私は私じゃないから。そんな自分を好きにはなれません」って、急に自分に爆弾をぶっこむときがある。そして当の本人もなぜそんなところで自分をそこまで追い込むのがわからない場合が多い。

水瓶座の8割と2割理論で言うと、たとえば他人に対しても水瓶座は8割すごくやさしくて面倒見が良かったりしたら、急に2割のドS性が出たりします。「明日仕事?そんなのみんなそうだよ。いいから今から来てよ」とか(笑)急にめちゃくちゃ冷酷になることもあります。

逆に普段の8割がすごく人に対して公平さと厳しさを持って接している水瓶座は、急になんかブチ切れて2割の部分でものすごく人を甘やかしたり、「なんでも許してあげるよ♥」ってなったりもします。水瓶座の「隠しておいた2割」を目の当たりにした人はトラウマになるか、恋に落ちるか。

だから、水瓶座に接する人に話しておきたいのが、水瓶座の人には「外見とは異なる2割の部分」があります。外見がクールで厳しそうな水瓶座は2割の部分でものすごく親身になって相談してくれたり、守ってくれたりします。外見で見られて損することが水瓶座は結構多い。

水瓶座が幸せに、そして自分らしく生きていくために「この2割の衝動的な本音」とどう付き合っていくかが重要になります。たとえば自分が8割良い子でいるならば、2割の乱暴者な部分とか、自分勝手な部分を「悪い子」とはみなさないで欲しいのです。それこそ大事な個性。

慣れていないうちは「自分の隠された衝動性」にすごく驚くんですね。だって「自分はすごくやさしくて、こんなに友達や恋人に尽くす」って思ってた人が、急に2割のドS性が出て「おい」って言ったりする。それですごく本人も、そして接する人も動揺したりする場合があります。

水瓶座ってたとえば「8割クール」な人だったら、2割のとんでもないやさしさって、なんか昔の役者さんがプライベートを明かさないみたいに隠しておきたいと思うところがあります。「これは業務とは関係ないので」っていう感じで、必要以上に自分の性質を探られるのすごく嫌。

水瓶座ってそういう意味で昔の人は「矜持」(きょうじ)って言葉で使ったんだけど「カッコつけの美学」をすごく持っているんですね。「自分の全てなんてわかってもらって、それで余計な同情とか絶対されたくない」とか。飼い主にすら自分を隠す意味においてちょっと猫的。

水瓶座が「この人には自分のことを話しても良いかな」って、猫がお腹を見せるように自分を出せる人がいます。それは「ちょっとイッてる人」です。そういう人って自分がやっていることに夢中になってるから、他人がどうあろうとあんまり気にしないんです。だから、変人には心を開ける。

続く

Twitterより。8/9③

もうひとつの水瓶座の特徴って、誰かと出会って、そしてその人とかその人たちと共に作り上げていく物語をすごく大切にします。「仕事だから」と割り切る姿勢ではなくて、理想としては「一期一会」みたいに誠心誠意やり抜きたい。それは本当にすごいことなのです。

水瓶座もだから、一個前の山羊座と似ていて「自己犠牲成分」が強くあります。「奇跡の物語を作っていくためなら、自分なんて犠牲になっても構わない」とできる人。だから、自分が傷ついたとしても、自分に出会ってくれた人には感謝のお弁当とか持たせようともします。

水瓶座の人生って、物語を一回一回誠心誠意作っていこうとします。だから、自責の念もとにかく強くなります。「今回はここまでしかできなかった」とか。自分が出会う人がどうなるのかすごく気にしちゃうところがある。他人から裏切られることがあっても、自分から裏切れない。

「自分を大事にして」という感覚がよくわかりません。「せっかくの縁をいただいて今私はこの場にいる。自分を大事にするなんて後回し」って、自分が持っている全てをそこで出していく。どこでも理想としての一期一会を追おうするところがあるから、手が抜けない自分が出てくる。

水瓶座が大切にすべきものって、オフショットなのです。みんなと共に作り上げるのが「作品としての写真集」だとしたら、オフショットを個人で撮影して「私だけの作品集」を作るのが「自分だけの大切な物語」になっていきます。

だからね、水瓶座は恥ずかしがらずに「みんなで写真撮ろうよ」とか、「あ、ここに一言メッセージもらって良い?今日の記念に」ってやっても良いですよ。「やることをやったらさっさとこの場から消えなければいけない」という自己犠牲よりも、ミーハーが勝って欲しい。

水瓶座ってすごい献身性と、理性、そして全体を見る観察する力があります。でも、それだけではないんです。ちゃんと人間としての欲求とか、そしてドロドロとしたものも抱えているんです。だから、カッコつけ過ぎて、自分の本能にフタをしてしまうと予期しない暴走が起きちゃう。

水瓶座ってどんなことがあっても「理想」を捨てない人です。「そんなの無理だよ」と言われたら異様に燃えます。だからどうか伝えさせてください。あなたは理想を追える人です。鉄の意思でやり抜くあなたの表情だけではなくてオフショットをちゃんとみんなに知らせて。

あなたが自分の理想を追って「これぐらい犠牲にしても良いや」と、犠牲に対して無頓着なところがちょっとあるのです。あなたも人間です。だから、ちゃんと傷つき、もがき、そして理解されないことに対して苦しみます。でもそれを「強くなる」ことだけで解決しないこと。

もっと言うとですね、水瓶座の人って写真撮られるときにかなり「プロ」の表情なのです。ちゃんと決まってる。なんか、外見で判断されたくないからちゃんと「他人に見せるようの顔」を持っていたりするのです。それをもうちょっと崩すことにもチャレンジしてみて。

以上

8月7日(月)〜8月13日(日)の運勢

「試さずにいられない」の黄色が出ています。こういう話を聞いてもらいたいのですが、大人になると、気がついたら「自分の世界」ができあがっています。それは他人も含めた自分の世界という意味です。そのなかで「私」は「他人から期待される私」であることを求められ続け、私もそれに合わせてちゃんと私を演じる。あなたはたまにそういう「女優さんや俳優さん」が行う演技の世界のように自分の世界を感じることがあります。「演技の世界を忠実に行う。でも、そのなかから出てくる自分の強烈な本音」を出したい。自分を壊してみたい。

今週、もし可能なら自分がやっている「役柄」をひとりの時間のときにちょっと変えてみてほしいのです。これは本当に遊びやゲームで構わないので「いつもより20パーセント明るくなった私」などをやってみると宣言してみてください。みんなの前だと緊張しちゃうからひとりの時間のときで大丈夫ですよ。そうしたら、「いつもより明るい私」を演じるために明るめの服を着たり、選ぶお花もなども変わったりするかもしれません。また、普段なら落ち込むことも、「ま、いいか」と流せるかもしれない。あなたはそういう「役を想像して演じる」ことに天賦の才能を持っています。自分で決めていく役柄が、人生のストーリーを作っていくことって本当によくあるから。恋愛面でもほんのちょっと「いつもの私じゃない私」を演じてみる。まずは演技からってとてもいいことなんですよ。

しいたけのブログ
2017-08-01

しいたけ占い~光と影~より

水瓶座の弱点は自分自身の存在をどうしてもちっぽけに感じてしまうようなところです。他人に対してすごく尽くしたり、特別な舞台で特別な才能を発揮するようなことがあっても、どこか「あ、私なんて全然」と人目を避けてストイックに自分の世界に戻っていくところがあります。人と交わっても、自分の世界に帰っていかなければいけないと思ってしまう。

7月31日(月)〜8月6日(日)の運勢

「今の自分が乗り越えたいと思っていること」のネイビー。「こだわりまくりたい」の黄色が出ています。水瓶座の人ってすごく不思議なのですが、「色々なところ(もしくは一点に限って)にものすごくこだわりたい欲求」が出るときがあります。たとえば、誰かに何かを言葉で伝えようとしているときに「すごく好き」と言ったほうがいいのか、「忘れられないほど好き」と伝えたほうがいいのか、「どう伝えれば一番響くのか」など、そういうことを全部こだわって検討したいと思うときがあります。そのこだわりを取り戻していく時間があります。

あなたは何かにこだわり出したときに「自分の全部を使って」その世界のなかに入っていくことがあります。たとえば、あなたが食事会の幹事を任されたときには24時間そのことについて頭の片隅で考えていることもあるのです。テキトーではなく、すべての仕組みを考えたい。それがあなたがたまに出す「こだわりモード」のキーワードです。だからこそ、そのこだわりモードに入ったときのあなたはギューッと体を緊張させ、深い集中の世界に入ります。今は確かに「次の自分のチャレンジ」に向かおうとしているときではあるのですが、いったん自分を開放させることをやってみてください。童心に返るがキーワード。クリームソーダを飲んでみたり。恋愛面は「こうでなければいけない」というこだわりが強くなりすぎているから、これもまた童心に返ってみてください。

2017.07.28
しいたけ占いインスタLIVE!~水瓶座① 

Q.別れと復縁を繰り返す彼。あ、この人運命の人かも?と思っているけれど、水瓶座の直感は当たりますか?
Q.今婚活中のアラサー。昔から好きになる人は同世代・年下の夢を追っている人ばかり…。

質問に答える前に水瓶座の生態について話したいんだけども、自分の中にふたつの自分がいる感覚があるんですね。これは水瓶座以外の人にもあるんだけど、「親の目から見た自分」っていうのがすごく残っているんですよ。子どもの頃に親から言われていることで「禁止」ってあるじゃないですか。親だからしょうがないと思うんですけど、「あなたのためを思って」ということ。でね、水瓶座の方って親の気持ちに応えようって気持ちがとても大きいです。だから、年上の人や親を感じさせる人に対して、年上に対するコンプレックスと憧れと「認められたいっていう気持ち」、それに「嫌い」。そんなふうに感情が乱れます。「禁止」っていうキーワードについては、「親が自分自身に禁止を与えて絶対に裏切っちゃいけない」っていうのと、「その禁止から解放させることを夢見る」ということもしています。

例えば、自分がいろんなことをわかってない時に始める恋愛ってぐちゃぐちゃになることがあります。恋愛や親友関係のぐちゃぐちゃっていい子じゃいられないんですよ。自分が格好つけないで相手に思わず言ってしまった一言があったり。でも、水瓶座と山羊座もちょっとそうなんだけど、自分に禁止を課すんですよね。素直な気持ちを人様に言ってはいけないとか、相手の邪魔をしちゃいけないとか、遠慮があるんですよね。邪魔にならないようにするっていう、ちょっと女将さん的なところ、接待上手なところがものすごく強くある。だから自分の素直な気持ちを言ってほしいって尋ねられたときに、いつの間にか変な距離感ができてしまって、いまさら自分の気持ちをどう伝えればいいのか困ってしまうんですね。

これを話すと3時間くらいかかってしまうので、質問について答えたいんですが、いわゆる「運命の人」って水瓶座にとってどういう人というと「人に見せていない自分の一面を見せる人」なんですね。人っていろんな面があるんですよ。いつも格好つけている人は、格好よくない部分は絶対見せたくないし、物知りだって自称している人は「そんなこと知らないの?」って言われたらショックだし。水瓶座って、普段10人中9人には自分が見られたい自分で見られているんだけれど、10人中1人、いや100人中1人かな、「あなた多分こういう人だよね」って他の人には言われたことのない真実を言い当てられた人にはすごく弱くなるんです。で、そういう人ととても濃い関係を築くことが多いんですよね。

だから、水瓶座が幸せをつかんだり、自分が思いやって相手からも思いやられるっていう関係を築くためには、「禁止」とか「親離れ」がキーワードです。

これをどうすればいいかというのは、ドラマとか映画とか小説で親離れっていうときはひとり旅っていうのが一番オーソドックスになるのかなあ。昨日の山羊座で話したような、聞いてない方もちろんいると思うので繰り返すけど、罪悪感を感じやすいんですよね。「私でごめんなさい」って自分の感情を正直に出すのが苦手。山羊座も水瓶座も自分で良かれと思ったことを外してしまうことがあるんですね。相手を傷つけてしまったとか。そういうときに結構落ち込んでしまう。山羊座の時にセルフカウンセリングすればいいですよってアドバイスを言ったんですけど、やり方は簡単でノートに書けばいいんです。

相手に喜んでもらいたかったことや、今日こういうことをやったらこの人が喜んでくれたなど。または、うまくいかなかったこと、対人関係でちょっと嫌な顔された気がするとか、最近元気?ってメールしたのに返事がこなかったとか。そういうときにすごく傷つくんですよね。だから自分が傷つきやすいと自覚したほうがいいと思います。その時に意図、「だから自分はこれをしたんですよ」っていうことをノートや携帯電話に書き残してほしいんです。そうすると、自分が関係を持つ人間関係全体に対して「期待に応えられなくてごめんなさい」っていう妙な罪悪感が消えていってくれる。完全に消えることはないけれど、ほどほどに応えればいいって思い出したときに直感は当たりますね。絶対何が何でもこの人の期待に応えなければいけない、または嫌われたくないっていう気持ちが強くプレッシャーとして感じるとき、相手にものすごく従ってしまうんですね。

次へ

しいたけ占いインスタLIVE!~水瓶座②

相手に従うというのはいい面と悪い面があると思うんですが、悪い面としては、相手からの思いやりが減っちゃうんですね。だから、恋愛についての質問に関して「遠慮してしまう」っていうキーワードがすごいあったし、あとはこの質問「好きになる人は同世代・年下の夢を追っている人ばかり…」っていうのは、その人を好きになるんじゃなくて、「親の禁止をはねのけて夢を追いたい自分」を重ね合わせていることが多い。

自分が好きになる人って、自分が禁止されていたことを持っている人。親から「育ちのいい人と付き合いなさい」って言われた人はフレンドリーにいろんな人と付き合う人に憧れます。そういう、禁止されたことを恋愛によって突破しようとするのが水瓶座の人。だからそこで、週に1回でも3回でも毎日でもいいと思うのですが、セルフカウンセリングをしていただきたいと思います。「自分はこういう意図で好きになったんだ」って。それによって冷めすぎることはないですから。好きというのは、こういう感覚で、この人を追いかけているのはもしかしたら幼少期のこの体験が影響しているのかもしれないと思っても、だったらこの人がいることでその体験を解決できるかもしれないとわかった上で相手に接すると自分の中でいいやりくりができてきます。

Q.恋愛も仕事もある程度期間が続くと、本当にこのままでいいのか?と思ってしまう。

蠍座と水瓶座と獅子座は、全力を出してない自分に対して罪悪感を感じやすいです。周りを見回すと、仕事先でも学校先でも、やっぱりサボっている人っているじゃないですか、いいとこ持ってっちゃう人。水瓶座にとってはそういう人が天敵に当たることがあります。乙女座とかそういうところがあるんだけど、「え? なんでこの人と同じ給料なんだろう?」と悶々としてしまう。水瓶座の方は自分がものすごく頑張って倒れるくらいまでやって、そこまでいったら自分のことを人に伝えていいとか、パフォーマンスを発揮しないと自分の希望を言ってはいけないとか、もしかするとこれも親子関係に発端していることかもしれないですよね。「ものすごく頑張っていい成績をとったからこの週末はデートしてよろしいでしょうか?」みたいな。もしかしたら親御さんも求めてないかもしれないですね。でも、ものすごく頑張って立派な人格を作って初めてわがままを言っていいんじゃないか?と思う。

やっぱりね、ぎこちなさというか、「スムーズである」「素直」「楽をする」ということに対して、どこでどうやったら楽をするということを採用できるのかについて悩む水瓶座が多いと思います。これは今思いついたんだけど、やっていただきたいことがあります。急に自由に喋っていいですよって言われたときに話すことが思いつかないじゃないですか。僕もそうなんですけど、そうしたら80%くらいがサービス役を引き受けてほしいんですね。邪魔にならない接待役というか。そして残りの20%、多すぎると思ったら10%、5%でもかまわないから、自分の色を出してほしいんですね。

例えばみんなが集まる会の幹事をやったとしたら、あと1杯飲むかと言われたときに「じゃあ、私もう1杯いただいちゃおうかしら」と言う。そこに自分のわがままを入れてほしいんですよ。それを日々の訓練で5%から10%、30%まで増えていくと恋愛の可能性がすごく出てきます。わがままを言いたくなっちゃう。わがままに対する抵抗感を日常生活で薄めてほしいんですね。今、インスタライブで喋っているんだけど、飲み物が用意されているんですね。で、飲み物が用意されていると、欲しい飲み物を遠慮してしまう気がする。例えば今、僕が自分で好きなのを取ってほかの人がそのストロベリージュースを飲みたかったときに感じる罪悪感って大きい気がする。でもね、その罪悪感を取っちゃってください。「あ~ごめん、飲みたかった!」って言えば「じゃあまた買ってくるよ」って言われるかもしれないから。

次へ

しいたけ占いインスタLIVE!~水瓶座③

残り5分。水瓶座のキャッチフレーズを今ちょっと乱暴な感じで決めちゃっていいですか?「Ms.罪悪感」です。「Ms.罪悪感」だから、それを突破して行ってください。「私これ欲しい」ってわがままを言ってください。わがままを言わないと水瓶座は必ず暴走します。わがまましか言わなくなるときがあるんですね。僕はそういうときがあってもいいと思うんですけど、日常生活で1日に1回だけわがまま言うとかね。例えば「あなたの食べてるせんべい、どうしても欲しくなっちゃった」とか。ジャイアン的なことを1日1回やってほしいんです。

上半期で書いた「ぎゅーかポイ」がなかなかできないっていう声もあって、これちょっと取り上げますね。上半期の「ぎゅーかポイ、わかっててもできませんでした。どうすればいいですか?」。これね、ぎゅーかポイっていうの、水瓶座は「自分が一緒にいる人たちに対して、全部責任を取らなければいけない」という、どこか蠍座的なところがあるんですね、特に、相手に言われたネガティブなことってとても傷つくじゃないですか。例えば、自分が頑張って絵の勉強しているところに「そんなことして何になるの?」ってデリカシーのないことを言われたときって「もう絵はやめたほうがいいんじゃないか」って思っちゃうのが水瓶座なんですね。全部を深刻に考えちゃう。赤の他人や人から言われて嫌だったことは気にしないっていうのが「ぎゅーかポイ」なんですよ。「あなたはそう考えてるんですね」とポイする。考えない。

Q.自由人でいつもフラフラしています。自分が将来どうしたいのか分かりません。会社の中で組織の一員として働く姿も想像できない

これね、フラフラはしててほしいんですよね。でね、フラフラしてはいけないって、禁止の香りがするんですよ。フラフラしてないで立派な人間にならなければいけないっていう。それは社会とか大人、親から見た自分の姿だから自分に禁止をして、いつかフラフラを卒業しなくてはいけないって。でもね、フラフラして魅力的な人間になればいいから。フラフラしながらいいとこ持っていくっていう人になるために、ジャイアンみたいになってほしいんですよね。人のおにぎり取り上げるくらいの自分になってほしいんですよね。「あ、それちょうだい」って。「おいしそう」って言うだけもいいです、自分の主張を入れていってください。水瓶座ってやさしい縁に結びついていくので頑張ってください。

7月24日(月)〜7月30日(日)の運勢

「解放」を表すターコイズ色が出ています。まずここで使われている「解放」という用語を説明したいのですが、これって「何もかも放り投げて南の島に行く」というように極端なことではなく、1日のなかで何秒かだけでも「意識して将来への不安から自分を解放してあげる」という意味だと思ってください。ちょっと小難しい言い方になるのですが、手が空いたときにすぐ「こんなことしていていいのか」「もっと頑張らなきゃ」「グダグダしてちゃダメだ」、もしくはもっと「何かこのままでいいのかなあ」というように根拠のない不安がボヤーッと出てくる人は「将来への不安」に支配されすぎてしまっているのです。

たとえば不安を感じているとき、「何とかしなければいけない」と思っている問題があるときに何が有効かというと「ジタバタしてもしょうがない」と思うことです。そして、「どうにかしなければいけない」と意味もなく考え続けてしまうと、人は消耗をしていってしまいます。だから、「よし、この仕事が終わったら30秒だけ息をゆっくり吸って、吐いて、南の島にいる自分を想像してみよう」って思うだけでいいです。サンオイルと波の音だけ連想して。「毎日頑張っているんだから、1日のうち数秒間、数分だけでも贅沢に自分を“頑張なきゃ”から解放する」とやってみてください。それが自分へのご褒美。恋愛面も問題面だけを見ない。「取り組みすぎると良くない」と思って、自分がそれを考える時間から意図して解放してあげてください。

7月17日(月)〜7月23日(日)の運勢

「頑張りどき」を表すネイビーが出ています。ほかの星座は暑さによる疲れが出ているので「休み休みやっていったほうがいい」のですが、水瓶座は今もしかしたら「休めない状況」が続いているかもしれません。それは辛いことに頑張るというニュアンスではなくて、今のあなたは自分自身を冷静に見つめ、そして、もがくときにはちゃんともがいて「自分が感じていた壁を突破しよう」と必死になっています。だからこそ、今のあなたには「絶対にやりきる。何かあったとしても私ならできる」という気持ちを持つことがとても大切になります。

今週、熱い気持ちと冷静な自己判断が必要になってくるので、「この半年を振り返って自分は何を頑張ってきたか。自分なりに今年『今までだったらできなかったこと』に挑戦したのは何だったのか」を確認してみてください。そこにたとえ失敗することや、うまくいっていないことがあったとしても、「挑戦している新しい自分の習慣」があればそれをちゃんと見つめて、そして自分を褒めてあげてください。「今までだったら自分がやっていることに対してこんなに真剣になったことはなかった。そんな自分が好きだよ」と、自分に告白をしてあげてください。自分が好きだから頑張れるし、もっと自分を信じてみたくなるのが今週のあなたの仕事。恋愛面はできれば今週は「自分だけ」を見つめて、その余力で人を応援してあげるぐらいで大丈夫です。

7月10日(月)〜7月16日(日)の運勢

「素直な気持ちで」を表す水色が出ています。今のあなたは素直モードにいて、どういうことかと言うと、「何も考えずにただやりたいことをやっている」状態です。通常、水瓶座の人ってもっと色々なことを考えます。たとえば、自分が何かをするときも「これをやるときの問題点はこうで、今の自分はこういう部分をもっと鍛えないとな」と、常に課題と心配を考え、克服しようとするのです。でも、今のあなたは極力シンプルな思考に戻って、余計な心配をしないほうがいいですよ。あと、もう少しだけデトックス期間でもあるから「なんか体がダルくて力が入らない」という感じを覚える人は「体の調整期間で体力が少なくなっている」と思ってください。

もうひとつお伝えしたいのですが、水瓶座の人はすごく色々と「根本的なことを考えるとき」があります。それこそ「私の存在意義」「私が生きる意味」など。もし、そういう根本的なことを考えるときに少しでも「あー、私ってまだまだだな」って感じてしまうようなことがあったら、それはやっぱりどうしても「完璧主義の自分に息苦しくなってしまっている」というときなのです。自分の存在意義って、やっぱりちょっと緩めがいい。「うまくいかないこともあるけど、人に誤解をされてしまうこともあるけど、今の自分はまあまあ好きなんだよね」と自分にちゃんと言ってあげること。恋愛面でもあなたはすごく考えすぎてしまうことがあります。相手なんて何を考えているかわからないんだから、自分を好きでいてあげること。自分を好きな人って「まあまあな自分」にきちんと満足して中途半端な自分を「許せない」って罰しない人なのです。

7月3日(月)〜7月9日(日)の運勢

「爆発していく」のオレンジ色が出ています。「ドライブがかかる」という表現があるのですが、ほら、何かの本番や試合前などに準備を重ね、段々とテンションが上がり、その反面でもちろん不安とかプレッシャーもあって、でも「もうやるしかない!」って思ったときにいつもの自分の力以上の力が出る感覚。そういう苦しくとも「やるしかない!」って腹をくくったときに「私の力はこんなものだ」と決めつけていた自分の力が軽く凌駕されていくような体験。今週はそういう体験が多く待っています。だから、テンションは高く! 「やってやれないことはない」と言い続けてください。

追い詰められることが好きな人なんてあんまりいないですし、そして「こんなことやって何になるんだろう」と、毎日の自分がやらなければいけない作業にげんなりしてしまうときもたまにあります。でも、なぜ人がそういう一種の積み重ねをするのかというと、それは「私はこんなことができたんだ」と、昨日まではできなかった体験をしていくためだと思うのです。または今までの自分を超えていくためにやっている。日々の積み重ねがある。だから、もし今自分自身に対して不安に思っている人も、超えていくために頑張ってみてください。準備してきたことって必ずそれが発揮される未来がくるから。恋愛面は自分のテンションと相手のテンションがちょっとだけ噛み合わないことがあるので「相手のテンションは今どうだろう?」と少しだけ注意を向けてみてください。

6月26日(月)〜7月2日(日)の運勢

「やさしさから出てくる情熱」という黄色が出ています。水瓶座は「博愛の星座」とよく言われるのですが、博愛って普段日常会話で出ないじゃないですか。「A子って博愛だよね」など。じゃあどういう意味かと言うと「私はいいからみんなで楽しんで」という態度をよく取ることがあるのです。イメージで言うと、小さい頃におじいちゃんとおばあちゃんと交流があった人って、おじいちゃんたちって「なんでもお食べ」って両親よりも規制を設けてこないです。もちろん厳しい祖父母の思い出を持つ方もいると思うのですが、今のあなたはやさしいモードになって「私はいいからみんなで楽しんで」と言ってニコニコしています。

もっと違う話で言うと、たとえば「一番好きになった人」って、すごく遠慮してしまって「近くでたまに見れるだけでいい。そんな、私のために時間を取ってくれるなんてめっそうもない」と引いてしまうことがあります。あなたって、たまにそういう「隅っこで関われるだけで満足」という、かなりの遠慮モードを発動してしまうことがあります。もちろんそれは「やさしさ」という意味で素晴らしいのですけど、今週はもう少しだけ貪欲になってみてください。恋愛面でも遠慮をして後ろに下がってしまうのではなく「一緒に楽しみたい。一緒に楽しむ!」という気持ちを持つこと。今週は「明日のことや、後のことはあんまり考えないで、今を楽しむ」と頭のなかで唱えていてください。

1 2 3 4 5





Minminpuさん