1. まとめトップ

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする2

「なぜならば、私が水瓶座だから」の人が更新やめちゃったときに作成。オリジナルのアーカイブリンク→http://matome.naver.jp/odai/2141506833498792901*こちらは復活しましたが一度作ってしまったので続けます。水瓶座同盟としては幾つかあった方が安心でしょ?w

更新日: 2018年06月18日

24 お気に入り 42044 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Minminpuさん

6月18日(月)〜6月24日(日)の運勢

「エネルギーチャージ」のオレンジ色が出ています。今の水瓶座って「静かなる戦闘モード」のようなものを背負っていて、外から出る雰囲気ではわからないぐらいに「ひとつのことに打ち込み、結果を出していくための試み」に没頭している最中です。水瓶座がそういう「没頭している」ときって、家を出る→戦う→家に帰る。ちょっとだけ何かする→寝るという、そういう生活になります。つまり、余興をあまり求めなくなるのです。ただ、少しずつでも構わないので、エネルギーをチャージする時間があると、より多くのことがうまく連動しやすくなります。

水瓶座のすごいところって、ある種の「使命」を自分に課すことができるところです。そういう「私は、やりきる」という使命感を持った水瓶座は「疲れた」とか「自分の損得」とか、そういうことを超えて「ただこの結末を見届けよう」ということだけをゴールにします。でも、今の時期、怒られるかもしれないけど、ちゃんとあなたは幸せ方向にも種を撒くべきです。それはどうやるとかと言うと、SNSや携帯電話には記録しない風景を求めにいくことです。「そういえば高原に行っていないなぁ」とか「そういえばレトロなお店に行っていないなぁ」と思ったらそこに行ってみる。でも、あくまでそれは写真でみんなに見せるものではなくて、自分だけの大切な思い出にするイメージで。恋愛面も懐かしい人との再会が、吉を招きます。

2018年下半期しいたけうらない【水瓶座】①

水瓶座は「迷いを超えていく。良いと思ったことをやっていく」

●2018年下半期の運勢は?

ー新しい基準をつくる。

2018年下半期のあなたのオーラは「新しい基準をつくる」のネイビーが出ています。ここ数年の水瓶座ってちょっと無重力空間の中にいってしまうことがあるような感じだったのです。

無重力空間ってどういうものかと言うと、「頑張っているんだけど、この頑張りで正しいのかな」とか「こういう選択をしたけど、果たしてそれで良かったのかな」とか。水瓶座の人って何かを頑張るときや、何かの選択をするときって「自分の余力が残らなくなるぐらいまで」徹底的に取り組むことが多いです。それでも、「人に迷惑をかけていないか」など、そういう気遣いをずっと残してしまうことがあるのです。

だからこそ、この2018年下半期のあなたのテーマは「迷いを超える」になります。迷いを超えて、自分が「良いと言ったら良いにする」という、ちゃんと決定することが大切になります。大げさな話、独断や独行が推奨されます。

「自分が良いと思ったものを、反対派が出てくるかも知れないけど“良いと思ってくれる人のために”強烈にプッシュしていく」

そういう激しさとともにあるのが2018年の下半期です。

ー「自分がこうなっていきたい」というイメージが大事。

「迷いを超えていく」。どうしてあなたにとってこのキーワードが大事なのか説明していきます。あなたにはどこかで「自分で決めちゃいけない。自分で決められない」という気持ちがあるかも知れません。

これって本当に水瓶座の独特の思考法で「やるだけのことはやる。倒れてもやろう。でも、その結果がどうなるかは運命に委ねる」など、“自分がどうなりたいのか”を決めるのに苦心することが多いのです。

普段、いろいろなことに対してハッキリと自分の意見を持つ水瓶座も、「じゃあさ、〇〇さんはこれからどうしていきたいの?」と自分のことについて聞かれたら「えー、あー、まぁ、今やっていることを頑張るよ。良くなっていくと良いな。うん」など、ちょっと歯切れが悪くなったりするのです。

もちろん同じ水瓶座でも個人差が出るのですが、いろいろな経験をしてきた水瓶座でないと「自分で決めること」や「自分がどうなっていきたいか」というイメージを持つことに対して、罪悪感を持ってしまうことすらあります。

でもまずここで一言だけ挟みたいのですが、あなたは自分が請け負うプレッシャーに耐えて、ここまでもいろいろなことを決めてきました。

だから、まずこの先を読み進める前に、「ここまでいろいろなことを決めてきた自分」を褒めてあげてください。

人間が選択することに「間違いがない」なんてことは原理的にあり得ません。でも、あなたは自分がした選択に対して精一杯それをベストなものにしようとしてきたし、自分と関わる人が幸せであることも願ってきたはずです。

だからこそ、この下半期には、あなたが疲れたときとか、ぽつんとひとりになったときに出る
「本当にこれで良かったんだろうか」
という台詞をできれば言わないでほしいのです。

「自分で選択してきたことに対して、少しの罪悪感も持つ必要はない」
というのが今のあなたにまず伝えたいことなのです。

もうちょっとこの話に付き合ってください。

続く

2018年下半期しいたけうらない【水瓶座】②

ー気をつけなければいけない水瓶座の我慢。

ちょっと難しいかもしれないのですけど、水瓶座っていわゆる「我慢をすること」に気をつけなければいけないところがあります。

たとえばあなたは「私この人嫌い」と思っても、嫌いになりきることは難しいのです。どうしてかと言うと、あなたは良心や道徳の存在が大きくて「私はこの人のこと正直苦手だけど、でも、それは私が人間的に成長していないからかもしれない」という反省を常に自分の心に残すから。水瓶座の心の軸には「いろいろな苦手はいずれ克服されなければいけない」という、一種のミッションのようなものが特別に存在しているのです。

もちろん、そういう反省があることって人間として素晴らしいし、あなたの成長にもつながります。でも、同時に、「嫌いなら嫌い。苦手なら苦手」と白黒つけちゃったほうが良いこともあるのです。

繰り返すと、あなたは「生理的に苦手なもの、嫌いなもの」に対して、嫌いきることができない。「私はこんなにあなたのことを想ってあげているのに」となって、「いつまでも変わらない相手」や「いつまでもこういう私の良心や、やさしさをわかってくれない相手」に対して、「なんでわかってくれないの!?」と裏の心理として憎み続けるようなことが出てきたりするからです。

水瓶座はそういう「わかってくれないのかな」という思春期の気持ちを持ち続けます。割り切ることがどうしても苦手なのです。

これがたとえば代表例として双子座とか射手座あたりだと「私あの人無理! だって無理だもん! 以上!」とハッキリと言い切って、逆にそっちのほうが「恨みっこなし」みたいな感じでスッキリすることがあるのです。

「嫌いなら嫌いとバッサリやっちゃって、恨みっこなし!」

これが水瓶座が幸せに生きていく上で、そして健康状態を保つ上でとても大切な儀式になります。

「わかってあげなきゃ」と「わかってほしい」という気持ちが強く出すぎてしまっているときは「あ、私、今思春期の沼にハマろうとしているな。まずい、まずい。考えるのはこれくらいにして沼から出なきゃ。私はあの人のことを少し憎んでいるんだな。苦手なのに、疲れる相手なのに、よく頑張りました私」と言って切り上げてください。

ーバッサリいっていい。

ではどうしたらあなたがそれほど自分の中で負担を溜めずに、他人とコミュニケーションを取ったり、自分のやりたいことを進めていけるか。

これはもう本当にシンプルです。

「嫌い、無理だと思ったものは、正直に無理と思って、その気持ちを認めちゃうこと」
なのです。

変な話、水瓶座って基本条項があるのに、※で示される特例事項が多いイメージなのです。

・私は〇〇さんが苦手だから、このような態度を取ることを自分に許可する。
※1 ただし〇〇さんもそこまで悪い人じゃないから、私の良さに気づいてくれたらこの苦手契約は解除することもあり得る。
※2 私が人間的に未熟な面もあるので、私が成長した際はこの苦手契約は解除するかも。
※3 もっと自分が成長したい。
など。

ひとつの出来事に対していろいろな特例事項を追記で付け加えることができるのは、水瓶座のクリエイター的想像力のゆえです。

でも、2018年下半期は「バッサリ」いってください。

「苦手。無理(バッサリ)」って。
シンプルに本編だけを進めてください。追記の特例事項は、この下半期では最小限で構いません。

「好き嫌いをハッキリさせていくこと。無理なものとは無理に付き合わなくていい」
それが2018年下半期のあなたの大切な宿題です。

続く

2018年下半期しいたけうらない【水瓶座】③

ー2018年下半期、人を理解し、共存していく。

水瓶座は直感で思いつくイメージがすごいし、そして、その思いつきに対して時間をかけてロジックや経験値をベースにして分析をしていきます。新しいものをつくっていくセンスにも長けています。

2018年下半期において、あなたの「新しい物語を進めていく力」はさらに強まっていきます。ですから、アクの強いアーティストのような自分を持ってください。

多少強引で良いです。「私はこういうことをやっていきたいから協力してほしい」と周りに伝えていく。

あなたはもっと“タイミング”と“縁”に乗っかってしまって良いです。

あなたが良いと思った食事会も、企画も、人についても、とりあえず良いと思ったものに対しては誘ったり提案したりしてほしいのです。

そして、あとはタイミングや縁が決めていきます。

ちょうど良いタイミングだったら「それすごく興味ある! ちょうど時間が空いているしやりたい!」ってなるし、タイミングが悪かったら違う機会にすれば良いだけです。

「タイミングが良い/タイミングが悪い」
だけの判断で良いです。

反対されるときは反対される。でも、自分が「面白い」と信じ、その面白さを発展させていこうと地道に向き合えば、その姿を見て、必ずあなたの応援者になってくれる人たちが増えていくから。

水瓶座。直感と理性があり、誰よりも他人のことを考えられるやさしい人。そして、ちょっと中二病。

あなたが人を惹きつける理由って何か。
ロマンがあるからです。

あなたは「ただ生きているだけではない。私は理想に辿り着きたい」っていう、ロマンがあるから、みんなあなたから目が離せないのです。

そして、あなたのロマンを実現していくためにこそ、あなたはひとりで部屋に閉じこもっていてはいけません。

「どうしたらもっと良くなると思う?」
と協力者を募ってください。

人とぶつかり合うことを恐れないで。そして強く言いすぎてしまった自分を責めないで。

あなたにやってほしいこと。
どんな相手もプロだと思って信用すること。

そして、自分もひとりのプロだと思って「これは正直に思うことなんですけど」とぶつけること。その結果、変な人には多少嫌われても構わないです。

まっすぐにいきましょう。正面から。誠意を込めて、感謝を込めて「私の生き様を見てほしい」とカッコつけられる大人になっていってください。

あなたがロマンを求める姿を見ていたいから。

ただ進むこと。
ただやってみること。

●仕事運はどうなる?

ーラグジュアリーな気分で。

2018年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「ラグジュアリーな気分で」です。2018年下半期からの水瓶座の仕事運は良い意味でとても大きな責任を任されたりすることが多くなります。怖がらずに聞いてもらいたいのですが「あなたもそろそろいろいろな経験を積んできたんだから、自分の判断でやりたいことを企画したり、まとめてみて」と言われることが多くなり、責任感が増します。そのときにおすすめなのが、ラグジュアリーなホテルのラウンジや、街が見下ろせる高層階に行くのが良いです。あなたには女優や俳優のような成分があります。つまり、「普段は自信がないところがあるけれど、実は目立ちたがり屋の成分もあり、衣装に着替えて、撮影の瞬間に入ると一瞬で戦闘力が上がる」という部分。だから、「自分の気持ちを上げておく」ってすごくこの下半期大事です。仕事面でも、生活面でも、ふざけながらで大丈夫です。「私は豪華なものを見ておかないとやる気が出なくなるの」とか、そういう“扱いにくい大物俳優”のようなことを言ってください。仕事面に対して「いやぁ、これくらいの案件は私のような大物になると楽勝ですよ」など、そうやって冗談を言って、自分や周りを鼓舞していく。この下半期も比較的タフに「新しい案件」に取り組み続けます。ですから、自分を鼓舞したり、「こんな美しい世界があるんだ」と、自分の五感が刺激を受ける空間に行ってください。自分への投資を怠らないでください。

続く

2018年下半期しいたけうらない【水瓶座】④

●恋愛運はどうなる?

2018年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「人を頼る」です。2018年下半期からの水瓶座はとても恋愛をしやすいモードにあります。これはどういうことかと言うと、水瓶座ってそもそも「私は私」「自分は自分」でいたい人なのです。基本的に対人関係を通しても「自分はどういう人間なのか」と自分探しをする傾向が強くて、良い意味で自分の「個」を持っている。そして、恋愛でのマイナス面は「自己完結」をしすぎてしまう傾向があります。でも、この2018年の下半期は良い意味で突発的に他人に頼らざるを得ないことが多くなるのです。「こう言ったらどう思われるだろう」と分析をしすぎないで、そばにいる人から頼ってみてください。良いと思った人に普段から「〇〇さんはこれどうしたら良いと思います?」ときちんと頼りにして聞いてみてください。この時期のあなたは新しい案件を始めたり、自分の中で「次のステップにいく」という気持ちがとても強まります。そして、そういう新しい環境に置かれたときに「わからないことだらけ」になるのが逆に良いと思ってください。そのときに、自分の中で「徹底的に納得するまで考える」よりも、他人に聞く。そして、「こういうことを大切にしたい」と自分の価値観も伝えてみてください。恋愛面で重視したいのが「相談に乗ってくれる人に共感できること」です。そういう人を相手にするとあなたは「この人にもっと自分のことをいろいろ話したいな」と思えていきます。ただ面白い人ではなくて、奥底にちゃんとやさしさがあるかどうかも見ていってください。あなた自身が「この件に関して〇〇さんはどう思います?」とか、相手の良い回答を引き出せるインタビュアーになってほしいのです。

●月ごとのアドバイス

July 7月 新しい課題に向かっていく。

「新しい課題に向かっていく」のピンク色が出ています。7月はちょうど「後半戦に向けて向き合っていく課題」がストレートにたくさん出やすい時期なのですが、こうした状況の中でひとつだけあなたが向き合わなければいけない課題があります。それは「気持ちやモチベーションをどう落ち着かせていくか」なのです。この時期のあなたはいろいろなものを背負いすぎているかもしれないのです。あなたはプレッシャーを背負いすぎると、表面的にはクールを装うのですが、内面は「あばばばばば」という心境になっていたりします。この時期のあなたは「うまくやろう」とは思わないで大丈夫です。「もっと頑張らなきゃ」って自分の限界を必要以上に超えるのではなくて、「ひとつ済ませて様子を見て、そしてまた頑張っていく」というように、頑張る、休むなどの区切りと気持ちの切り替えを大切にしてみてください。

August 8月 問題にぶつかっていく!

「問題にぶつかっていく!」の森の色が出ていました。8月は少しだけ閉じこもりたくなったり、一歩後ろに下がりたくなります。どうしてかと言うと、2018年のあなたは「静寂」を強く求めたい時間があるからなのです。それだけいろいろな部分に神経を使ってきたので、ちょっと落ち着いたり、休んだりする時間が欲しくなるのです。そんなあなたに「いろいろお疲れ様でした」と声を掛けたいのですが、でも、この8月に関しては前に出る勇気を持ってください。格好良い、完璧な答えを用意する必要はないから、ただ問題点や他人にぶつかっていくイメージで。何も用意できなくても、人を安心させられる準備が当日までうまくつくれなかったとしても、「参加すること」を大切にしてみてください。

September 9月 プチバカンス。

「プチバカンス」を表す水色が出ています。9月は少し落ち着く時期です。いろいろなことがスムーズにまとまったり、いろいろな人から協力を受けやすい時期でもあります。この時期、今年の後半戦の課題や目標はちょっと脇に置いておいて、頭を空っぽにする時間も必要です。頑張った自分にプチバカンスをプレゼントしてあげてください。プチバカンスは何でも良いのですが、中華街や港など、そういう異国情緒があふれるようなところが良いです。また、もし休める時間があったらその時間は「SNSでみんなに伝える」というよりは、完全なプライベートで「いろいろこれまで頑張ってきた自分をねぎらう」という意識を持ってみてください。水瓶座の人は仕事のスイッチがON状態になると、休日やバカンスにおいてもずっと仕事モードが抜けきらないことがあるので、休むときは休むという意識で。

続く

2018年下半期しいたけうらない【水瓶座】⑤

October 10月 幸運の集中。

「幸運の集中」の緑色が出ています。10月は人の協力、やってきたことの成果、運の良さなど、そうした幸運が一気に集中しやすいです。この時期の幸運をものにしていくために大事なことをお伝えします。あなたが持っている遠慮や謙遜をあえて封印してください。「私なんてまだまだです」「もっとすごい人はいます」「まだまだ頑張らなければいけない」とか、そういうことを言う必要はないのです。あなたは自分に自信を持ちたいときほど、外に向かっては「謙遜した意見」を言ってしまうことがあります。なぜか? あなたはそこまで自分の本気度に対して注目をされたくないからなのです。でも、そうした「注目をされたくない」という気持ちが、あなたの輝きの足を引っ張ってしまうことがあるのです。だからこそ、自分のなりたい自分に対してこの10月は正直になってください。ふざけられる人の前では「いやあ、私、天才なんですよ」と調子に乗ってください。文字通り幸運の調子に乗る時なのです。

November 11月 改革期間。

「改革期間」を表す黄色が出ています。11月は企画やアイデアなど、今までの自分だったらやってこなかったことをやっていく流れがあり、その新しい流れに対して積極的になっていきます。そして、その「新しさ」に対してあなた自身が「器用に対応する」「期待に応える」というような、そういう“きれいな意識”ではなくて「とことんやってやる」という、少しだけ野蛮になるぐらいの気持ちを持ってみてください。11月のあなたは波に乗るときなのです。ですから、遠慮はいらないのです。変にきれいにまとめようとするのではなくて、失敗があったとしても思いきりやってみる。自分自身の変革も含めていろいろ変わっていくときなのです。そこでオススメなのが、飲食店などに入ったときに「普段の自分だったら頼まないもの」をあえて頼んでください。日常の行動パターンから新しい人格を試していくつもりで。

December 12月 自己満足万歳。

「自己満足万歳」の赤が出ています。この12月はハッキリと「自己満足万歳」の時期だと思ってください。「成果とか、見返りとかそういうものではなくて、自分のやりたいことをやりたい」という、偏った愛情が爆発する形でとても良い方向に進んでいきます。客観的に「正しいこと」ではなくて、自分の好き嫌いで決めて、好きなことをやっていって。そしてこの時期は「バッサリいく」を意識して。「好きだからもっと追求したい。人に何を言われても、どう思われても」。「嫌いだからバッサリいく。別に縁を切るわけではなくて、距離を置くだけ。今はわかり合えない。それで良い」って。白黒ハッキリつけて、そして、後ろを振り返ったり、未練を残したりしない意識を。いろいろなことにとらわれてしまうと自分が進むべき本編のストーリーがいつまでも進められないから。だから、勇気を出していろいろなことをバッサリいって!

●しいたけからの魔法のメッセージ

自分の想像力をどこに使っていくか。それがこの2018年下半期におけるあなたのもうひとつの宿題となります。「あれで良かったのか」とか「あの人はどう思ったのか」と、いわゆる“考えても仕方がないほうの空想”に使っていくのか。それよりも「もっとどうしたら良くなるのか。うーん。考えてもしょうがないからあの人にちょっと聞いてみよう!」とまずは「実行」してみて、そして関わる人たちと一緒に考えてみましょう。ひとりでやりすぎない。この時期のあなたは「チームで向き合っていく気持ち」を大事にしてください。そしてもうひとつ。自分が女優や俳優だと思って「私はみんなに夢を見せていく」という演技も忘れないこと。等身大の自分を理解してもらおうとするのではなくて、ロマンを追求するあなたを見ていたい。それがみんなの願いだから。愚直に、まっすぐに、そしてちゃんと格好良い大人になっていってください! あなたの2018年下半期が幸運であることを祈っています!

終わり

6月11日(月)〜6月17日(日)の運勢

「穏やかな気持ちで」のエメラルドが出ています。水瓶座の面白いところって、外見に出ている雰囲気と、内面で思っていることが全然違うことがある人たちなのです。たとえば、すごくクールに街を堂々と歩いている水瓶座の人が、その内面ではすごくくだらないことを考えていたり、そういう“ギャップ”がよくある人です。余談ですが、水瓶座はクールだと思って付き合ってみたらすごく甘える人だったり、そういうことも多かったりします。それで、今週なのですが、あなたは色々なものと距離を取って「自分を信じて、自分のやらなければいけないことをする時間」になっています。もう少し説明しますね。

今のあなたは自分を信じて、他人に流されないようにする時間です。今は、他人からの安易な賛同や理解を求めるときではなくて、ちょっとだけ自分の精神内に引きこもって、黙々と今の自分がやるべきことをやるという時間です。あと、自分に都合が良くないことが起こったときに「どう振る舞うか」というのは想定しておいても良い時期です。これは「悪いことが起こりますよ」という脅しではなくて、今のあなたは「周りにいる人と共にレベルを底上げしていく。今までできなかったことにチャレンジしている」真っただ中だから、1回や2回うまくいかないことが起きたとしても、そこで「やっぱりダメなんだ」と思わないための対策とシミュレーションが必要だからです。恋愛面は「この人を心から応援してあげたい」という人を持って、その人に「いつも頑張ってますね」など伝えてあげてくださいね。

6月4日(月)〜6月10日(日)の運勢

「正面からぶちかます」の鋭い水色が出ています。ちょっとこういう話からしたいのですが、今の時期って多くの人が、「抜け道」を探そうとしているのです。それは6月に入ってそろそろ自分がやっていることに対して疲れも見えてきて、「あとちょっと踏ん張れば結果が出る」ことはわかりつつも、「なんか良い手ないかなぁ」と気がそれていくときでもあるのですね。でも、だからこそ今週の水瓶座は「正面からぶちかます」くらいの気持ちで、今向き合っている課題から逃げないで大丈夫です。聞きにくいことも聞いてみたり、「とりあえずやってみる」の姿勢があるのがすごく良いです。

あと、今週はちょっと「甘い罠」に注意が必要になります。それはいわゆる「楽ができる話」や「リスクや苦労を伴わないで話」ですね。そういう話に乗っかると手痛いダメージを食らう可能性が高いので、いつも以上に慎重になってよく話を聞いてみたりしてください。先ほどからお伝えしているように、今週は変に気を回さずに正面から攻めていったほうが良いです。たとえ、あなた自身が完璧な答えを用意できなかったとしても「現状はこうです。だからこうしていきたいです」と、正直な自分の意見を伝えていくこと。そして、あなた自身も他人から正直な意見をもらってもそんなに動揺する必要はないですからね。恋愛面も「正直週間」です。変に気をつかって遠まわりをしないでください。

5月28日(月)〜6月3日(日)の運勢

「良い悔しさ。良い課題」の黄色が出ています。ちょっとこういう話から入りたいのですが、最近の水瓶座って、目の前のことに一生懸命取り組み、新しいプロジェクトなどに挑戦している人も多いのです。そのなかで「まったく予測と違った」「新しい課題に関してまったく前が見えなくなった」など、そういう経験もしている人が多いです。「振り返ってみたらそこまでできなかった気がする」なども。それはネガティブなものじゃなくて、すごく大きなチャンスです。今は「どうなっていくか全然読めないんだよな。私、何すればいいんだろ?」とカオスがある人はちゃんと良い方向に向かっています。

今のあなたにやってほしいことは「かー! わかんねー!」と言って後頭部あたりをボリボリかくことです。頭をクシャクシャにしてみてもいいです。ヒステリックにはならずに「全然わかんなくなってきた。面白い」って言いながら。新しい挑戦をしているときって、今までの自分がまったく経験してこなかったことをやっているってことだから、わからなくなって当然なのです。だから、その経験を誇ってあげて、「ま、このまま取り組み続けていれば必ず良い結果に辿り着く。だって私だよ?」と意味不明な自信を持ってみてください。わからないことがあったり、自分に非がある場合はちゃんと質問をしたり、謝ったりしてください。恋愛面は、水瓶座は疲れているときこそ過度な気遣いをしてしまうので「いやぁ、今疲れてますねん」とちゃんと伝えて甘えて。

5月21日(月)〜5月27日(日)の運勢

「やる気が降りてくる」のオレンジ色が出ています。はじめにこういう話をしたいのですが、水瓶座って一番表情が読めない星座かもしれないのです。たとえば、みんなと一緒に水瓶座の人も食事をして「じゃあ、お疲れ様でした~」と別れる際に、あなたは複数の表情を持ちます。それは「あー、楽しかった」「よし、この会が終わったから明日の〇〇に備えてもう少しだけ課題を詰めよう」「みんなはみんなでいろいろな事情を抱えているんだろうな」など。そう、一度に複数のことを考えて、思いに浸っている表情をするのがあなたなのです。

ですから、水瓶座って「映画に出てくる謎の人」のような感じで、主人公がある時期に急速になかよくなるけど、結局最後まで「何を考えているかわからないところがあった」といういろいろなものを抱えている人になりやすいのです。ですから、あなたはたまに「こういうことを考えているよ!」と周りに伝えなければいけません。「そんな、私の話なんて」と言わないで。今のあなたは色々道を切り拓いていく、やる気モードのスイッチが入っています。そのやる気モードをさらにいい形にしていくために「今こういうことを考えていた」「最近の頭の中はカレーのことばかりです」など、そういう自己開示を意識してみてください。恋愛面でも相手の希望を受け身で待つのではなくて、自分の希望をまず話しちゃうこと。

5月14日(月)〜5月20日(日)の運勢

「大人として生きていく決意と重圧」のネイビーが出ています。今の水瓶座、すごく奮闘しています。何かと戦っている。それは自分の夢であったり、「妥協をしたくない」という気持ちであったり、本来の意味で「自分のプライドや大事にしてきたもの」を守るために戦っています。そこに対するアドバイスが今週は多少あります。あなたは、気づかないうちに自分自身に対して「商品価値」という見方を強く見すぎることがあります。それは、水瓶座って「大人にならなきゃ」と自分の中の「こども」の部分との決別を図ろうとする星座だから。「強くならなきゃ」とか「これくらいクールに乗り越えなきゃ」とか。

「大人として、そして自分自身の商品価値」という、すごく客観的に、そしてクールな目線で自分を眺めて、自分の理想も追求していく。それはあなたにしかできない生き方です。でも、繰り返すけど今のあなたは十分奮闘しています。そこに疲れを感じることがあったら、「頑張れば10できるところを8」にまで落とすことを許可してあげてください。「頑張って朝20分早く起きたらお弁当作れたのに! キー!」とならないで、「いいよ、お弁当ぐらい。たまにはできあいのものを買おう」ってやってください。理想を追求するためにはたまに「サボれるところでサボる」必要があるし、自分を許す必要もあります。恋愛面も「許す」がテーマ。ニコニコしているおばあちゃんのように「いいよ、それで」と言ってあげてください。

5月7日(月)〜5月13日(日)の運勢

「寄り添う」の緑色が出ています。まず不思議だなと思う話をしたいのですが、水瓶座ほどいわゆる頑固で、しかも濃いキャラクターを持っている人もめずらしいのです。でも、それで「自己主張を通す」というわけではなくて、他人に対してきちんと寄り添うという矛盾したこともできます。そういうように、水瓶座には不思議な性質があって、たとえばなんですけど、あなたは他人の話を聞く前からある程度自分の考えを持っています。でも、それと同時に「他人の話は聞かなければいけない」という道徳観や倫理観も強くあります。今週はふたつの矛盾した自分。自分の信念を通すか、人に寄り添うかの自分に向き合います。

今週もし可能なら「私は他人にやさしくする。そして私も周りからやさしくしてもらう」という、ちょっとだけ「甘える」という方針を取ってみてください。水瓶座の人って「徹底抗戦」したら強いです。「いや、でもおかしくない?」って相手の矛盾点をついて攻撃を仕掛けることもできます。でも、今のあなたは周りを引っ張っていく役割を与えられることが多いから、自己主張を全部はせずに「あー、そういう考え方もあるんだ!」と他人が言うことを受け止めて、そしてやさしい関係を築いていくことが大切になります。恋愛面でも自分で決めたルールだけにこだわらずに(「こうしてくれなければ愛を感じない」というルール)、柔軟に「それでもいいよ」と言ってあげられる寛大な気持ちが幸運を導いてくれます。

4月30日(月)〜5月6日(日)の運勢

「いろいろ考え中」の紫色が出ています。水瓶座の人のおもしろいところって「昨日まですごく頑張ってきたのに2、3日急に電池切れを起こすとき」があること。その電池切れってあなたにとって大事な儀式でもあって、シンプルに「忙しかったタスクが一段落ついた」などそういう理由で休息することでもあるのですが、水瓶座って「私たちが生きて従っている常識や暗黙の了解は本当に正しいことなのか」という疑問を抱く人なのです。特に「こうするのが当たり前」と言われる暗黙のプレッシャーに対して「ちょっとひとりになって考えたい」と自分の考えをまとめる時間がほしくなります。

今週、もしよかったら短時間でも電池切れを起こしてもらって、その上で大切なことは「自分を納得させるための時間を持つ」。その目的が「他人にきちんと自分の考えを説明したり、説得したりする時間を持つ」ということなのです。星座のなかでも山羊座と水瓶座って、「ちょっとひとりになって考えたい」と言って周りをシャットアウトしてこもることをたまにやります。でも、それが長すぎると理解し合うタイミングを逃してしまうことがあるので、「明日の15時まで電池切れを起こす」と言って、そしてその時間まで電池切れをしたら「すごくよく考えた。満足」と嘘でもいいので自分に言ってあげてください。恋愛面も雰囲気で「傷ついている」などではなくて、自分の言葉で勇気を出して説明するのがよいときです。

4月23日(月)〜4月29日(日)の運勢

「OFFの時間がほしい」という森の色が出ています。ちょっとこういう話を聞いていただきたいのですが、水瓶座って12星座のなかでもかなり神経が鋭敏なほうで、たとえばの話なんですけど、あなたが初対面のみんなと飲み会に行ったとします。そうしたらあなたは自分でも全然意識していないのだけれど「この人はこういう飲み物が好きなんだな」とデータを取ったり、「あ、そろそろこの人、次の注文にいきたそうだな」と、気配で相手の次の行動を感じてしまったりします。あなたには「周りの気配を自動的に読んでしまう」という感覚があり、この感覚が強く働きすぎると精神が休まらないことがあるのです。

今週もしできれば、ベストなのは何もない自然の川や森林に行って鳥の鳴き声や川の流れの音を聞きながらたたずむのがいいです。でも、こういうことができる環境の元にいる方は限られているので違うアドバイスをします。今週もしストレスが溜まったり、いろいろなことで気にしてしまうことが多かったりしたら「すべては流れていく」と心の中でつぶやいてください。これはネガティブで、悲観的な感覚では決してないです。そうではなくて、水瓶座は「私も責任を持っていろいろな流れや人の動きに関与しなきゃ」という責任感が強くて人の気配や動向に敏感になりすぎるケースが多いのです。ですから、恋愛面でも「何とかなりそう」とか「任せる」とか、多少手を抜いた無関心があるとほんわかいられます。

4月16日(月)〜4月22日(日)の運勢

「遊びを必要としている」の水色が出ています。水瓶座という人たちがほかの人と変わっているところは「マイルールとしての遊び」があること。あなたには「人生は壮大な遊びだ」という価値観がどこかにあり、もちろん普段はコツコツ働いたり、「この頑張りや方向性を次に繋げていくためにはどうしていかなければいけないのか」と戦略性をすごく気にするところもあります。でも、時々ものすごく「非生産的な時間」、つまり壮大な無駄な時間を過ごして発散したくなるのです。それは言わば張りつめた空気を強制リセットするように、いったん自分を「遊び」によって爆発させて空気を抜くような感じ。

ですから、今週は頑張っている片隅の時間でぜひ「なんでそんなことしてるの?」と周りから言われるぐらいの無駄な時間をもしよかったらやってみてください。「遊び」の定義は「全然ためにならない。全然次に繋がらない。でも、私だけが楽しい」というものです。ほかの人に理解してもらう必要はありません。ただ、やっぱり遊びってクリエイティブな面に繋がっていきます。自分の生活のなかに「遊び」を取り入れている人って、その「遊び」そのものは10人中9人に理解されないところがあります。でも、そのうちのひとりは「この人はちゃんと自分の遊びを持っているな」と共感し合う親友のような存在にもなっていくから。恋愛面も何か無駄なことをしたいです。もしそういうことを話し合える人がいたら「何か無駄なことをしない?」って話し合ってみてください。

4月9日(月)〜4月15日(日)の運勢

「やさしさと交流」のエメラルドが出ています。今のあなたは「もっといろいろなことを話し合いたい」と新しく出会った人たちも含めて心を開けあう機会があります。水瓶座って、ある程度いろいろなことを乗り越えた経験がある人の場合だと「私は私」という感覚を持っています。ですから「あ、こういうことを言ったらアクが強い人間だと思われるかもしれませんけど、好きになってくれたらうれしいです」みたいなことを言いきれる。でも、結構他人に気をつかってしまうタイプの水瓶座だと「接待」みたいに無理に他人に合わせすぎてしまうことがあります。

今週、いろいろと他人と心を開き合う体験が多くなりそうなので「飲食店のマスターが、ちょっと仲良くなってきた常連に自分のプライベートを明かす」みたいな感じで話してみてください。他人行儀じゃなくて「実は私もね」みたいな、小さな暴露をしてあげる感覚。水瓶座って12星座の中でもけっこう外見的に「何を考えているのか、何を秘しているのかわからない」と思われる人が多いです。「あれ、機嫌悪い?」みたいな。だから、軽めの暴露をしてあげると「信用された」と相手が安心してくれることがあるのです。恋愛面は学校や公園の近くとか、そういう子どもが多いところがおすすめです。何か童心に帰れるというか、シンプルでいることができます。

4月2日(月)〜4月8日(日)の運勢

「白黒ハッキリさせたい気持ち」という鋭い水色(=シルバー)が出ています。水瓶座ってたまに「外国から日本文化に来た人」のように世界を感じるところがあって、外国、特に欧米の文化って日本と比べてYes/No、つまり「白と黒」をハッキリさせる部分が強いと思うのです。でも、日本文化って「本音」と「建て前」があるし、表立ってハッキリと断ってしまったりすると相手を傷つけてしまうことがある。だから白黒ハッキリつけないで、「昨日の続きとしての今日」をみんなで築いていこうとする。でも、あなたはときどきそこに我慢ができなくなるようなことがあったりもします。

あなたは今「で、できるの? できないの? もしできるならさっさとしてほしいし、できないなら私は違う道を探していかなければいけない」とちょっといろいろハッキリさせたい気持ちなのです。なので、もしできるならば「私はこう考えている」「私はこうしたい」、そして「期限としてこれくらいの時間を考えている」と、ある程度感情を離して「新しい地図」を描くような感じで、自分の希望を伝えられるのならば伝えてしまえるチャンスとも言えます。変に相手を気遣い、「気づいてくれるまで待とう」となってしまうと、モンモンとしちゃうかもしれないから。今週、勇気を出してみて「新しい一歩」を踏み出してみてください。恋愛面でも「前に進むのがとんでもなく怖い」と感じている時はむしろ「新しい物語」が始まろうとしているタイミングです。勇気を出して。

3月26日(月)〜4月1日(日)の運勢

「客観的観察と新しい冒険」のオレンジ色が出ています。まず水瓶座の人のおもしろいところって、たまに「徹底的に自分自身とは何か?」と考えるところがあります。人って、どの人もある家族のもとに生まれて、ある地域に育ち、学校に行って、そして、それ以外の場所でもいろいろな人に出会い、なんらかのきっかけがあって「どこかに所属していく」。「今の自分」って「どこかに所属している自分(=この会社の一員としての私とか、無所属としての私とか)」というのがあって、そういう「所属」から切り離された私って何なんだろうということを考えたりします。小難しくてすみません。

もうちょっとお話を続けたいのですが、たとえばAさんに会って一緒にごはんを食べるときの私の表情なりモードと、Bさんに会う時のモードって違います。それってどの人もそうなのですが、「一体どっちのモードの時の私のほうが、私の真実なんだろう」と考えるのが水瓶座なのです。ほかの人たちだと「まぁそういうこともあるよね」で探求が止まるのですが、今のあなたは「自分の真実に近い自分」を発見する旅に出ています。ですから、俳優さんとかタレントさんがやる「密着旅番組風」のひとりドキュメンタリーを今週はやっていただきたいのです。「あ、ここですか? ここは思い出の本屋さんなんです。学生の頃によくきたなぁ」って。恋愛面でも思い出話がキーワードで「あの頃の君はどうだったの?」ということを聞きたいし、喋りたいです。

3月19日(月)〜3月25日(日)の運勢

「溜まったものの清算」という赤が出ています。これは怖い意味ではないのですが、今週は少しだけもしできたら「ひとりの時間」を持ってもらいたいのです。できればあなたが子どものときや学生時代に観た映画を借りてみて、当時を思い出す。そして、"今の自分"を振り返ってみて「いろいろな人に会ってきたなぁ」と、ちょっと落ちついたカフェかなんかで回想してみてほしいのです。目を閉じて、まぶたの裏に「昔お世話になった人」や「ありがとう」が言えなかった人など、そういう人を思い出してみて「ありがとう」と伝えてみる。そういう時間を30分でもいいから持ってみてほしいのです。できればアルコールを含まないで。お酒飲んじゃうと感情的になりすぎてしまうから。

何でそんな儀式のようなことをやってくださいとあなたに伝えたかと言うと、水瓶座の人ってものすごくデリケートでセンシティブなところがあります。人間関係においても「この人には尽くしきれなかった」など、そういう罪悪感を抱えていることもあります。あなたはあまりにもセンシティブだからこそ、知らず知らずのうちに自分に「無痛手術」を施して、痛みを感じないよう麻痺させたり、あえて鈍感になったりすることによって「生きていく」物語を前に進めようとするのです。ですから、人生の節目節目できちんと「あの人にもう一度あったらどう接したいか。またはどう接しられたかったか」など、そういう「無駄」と思えることをきちんと回想する必要があったりします。恋愛面は今目の前で会える人に、できる範囲で大丈夫だから、やさしくしてあげてください。

3月12日(月)〜3月18日(日)の運勢

「祈る気持ち」という黄色が出ています。これ怒られるかもしれないのですが、水瓶座の人ってたまに「意味がわからないぐらいに聖人モード」になるときがあります。どういうことかというと、多くの人って「損得勘定」をしながら生きているところがあります。「この人にやさしくしたら、私にも分け前がある」などそういう感覚ですね。でも、水瓶座ってたまに聖人モードになって「自分の損100%。でも相手やみんなが喜んでくれたらそれで構わない」という感覚になることがあります。なんかこう、水瓶座のなかには「ドラマティックに倒れたい」という願望がちょっとだけあるような気がします。

あなたには「自分より他人を」という感覚がたまに強く出ます。そういう聖人モードになったときのあなたって、多少無理がたたって「倒れた」としても「まぁ、しょうがない」って別にそれを大ごとに捉えないとか「体力がなかったな」くらいに受け取ってしまうことがあります。そんな良い人であるあなたが倒れてはいけないので、今週「無理してるなぁ。でもみんなのためにもっと頑張りたい」という気持ちが出てきたら、静かに目を閉じて「こう思っている心やさしい私が報われますように」と祈ってあげてください。祈りには多少こういう「下心」があってもいいのです。恋愛面は尽くしすぎに注意してください。自分の要求もできれば限界がくる前にこまめに伝えていきたいです。

3月5日(月)〜3月11日(日)の運勢

一度落ち着いて考えたい」の黒が出ています。オーラカラーでの「黒系統」というのは、別に不吉な色ではなくて「いったんシャットアウトしたい」「ひとりになって考えたい」など、自分ひとりの時間を必要としている際に出てくる色です。水瓶座のひとつの大きな特徴として「どんな状況であっても可能性を追う」ことができる人です。たとえばサッカーの試合が1-5で負けている状況でも、水瓶座は「ここからどう逆転できるか」「次の試合につながる、ポジティブな材料を会得する負け方をしなければいけない」など、そういう「残された可能性」を必ず追います。

水瓶座にはある種の「諦めの悪さ」があります。それがあるからこそ、あなたは常に可能性を追求することをやめません。でも、その「どんな状況でも可能性を追求する」という姿勢があるからこそ、いろいろな問題や目標、そして今の自分自身の課題を抱えすぎてしまっていっぱいいっぱいになってしまうこともあります。ですから、今週はできれば「何も考えない」という時間を持ってみてください。もしよければ「今から1分間はただ幸せだけを感じる時間ゲーム」をやってもらいのです。1分間だけ「今の自分は何の問題も抱えていない、ただ幸せだけを感じてみる」と想定して、その1分が終わった後に「あー幸せだった」とほっこりする。恋愛面でも「抱え過ぎない」がテーマ。ちょっとほっこりする時間もきちんと持って、荒波を何となく抜けてください。

2月26日(月)〜3月4日(日)の運勢

「物語を進めている」の森の色が出ています。今週はちょっとこういう話からしたいのですが、今のあなたには「見えないもの」があると思うのです。「今後、自分はどう頑張っていけばいいのだろう」とか、もっとワクワクする形では「今やっていることがこれからどうなっていくのかな?」とか。そういう「見えないもの」があることを大切にしてほしいのです。水瓶座はときどき「解明すること」に対して執拗(しつよう)になることがあります。「今すべてを分かりたい」という気持ちに火がつくと、夜も眠れないでそのことを考え出すなど。そういう気持ちをちょっと抑えて、「ま、いいか」の精神を今週は大切にしてみてください。

そしてもうひとつこういう話をしたいのですが、映画や小説を見ていて、それがミステリーでも何でもいいのですが、優れた作品は第3章を読んでいるときに第5章の動きをまったく予測できないことがあります。今のあなたもそんな心境を持ってもらいたくて、「今は1章1章にちゃんと向き合う。次の章の展開を予測してしまうのは野暮ってものだよ」という気持ちを持ってみてください。もちろん、不安や心配って人にはつきものです。でも、今のあなたが不安や心配に自分の力を使ってしまうことってちょっともったいないのです。「見えないもの」に対して今できることを真摯(しんし)にやり続けてみてください。恋愛面もあまり相手を分析しすぎないほうがいいです。自分も、他人も、今週は深く掘りすぎない意識を持ってみてください。

2月19日(月)〜2月25日(日)の運勢

「未来をつくっていくターニングポイント」のネイビーが出ています。ちょっと大げさな表現に聞こえてしまうかもしれないのですが、今週や最近のあなたは大きなターニングポイントに差しかかっています。ちょっとこういう話をしたいのですが、人って「あー、これもやんなきゃ。あれもやんなきゃ」という、そういう業務的な日常を過ごしています。生きている限り片付けていかなければ用件は溢れています。でも、ターニングポイントに差し掛かったときって、「あー、これやんきゃ」が「やってみよう! 何となくこの用事が私の未来をつくっていくような気がする」という感覚に変わっていくのです。

「今の自分は未来をつくっていっている」ときって、どんな激務のなかにも、どんな激しい感情のなかにも「淡々とした時間」があるのです。興奮と冷静さが両方あって、でも「淡々とひとつひとつの作業を大切にしていく」と、着実にひとつひとつ丁寧にやっていく感じ。逆に、未来とは無関係の自己満足って「興奮しすぎてしまっている」「他人をあてにしすぎてしまっている」など、浮つきすぎてしまっているときなのです。今のあなたは「自力」を大切にしていて、「ただ私が楽しむためだけにやっていきたい」という気持ちに溢れています。だからどうかマイペースで、速さと丁寧さを。そして、今までのあなたの限界を超えていってください。恋愛面は今まで良いと思っていたタイプの人ではなくて「こういう人に魅力を感じるな」など、そういう自分の見方も切り替わるときです。

2月12日(月)〜2月18日(日)の運勢

「流れを整える」の鋭い水色が出ています。ちょっと不思議な話になってしまうのですが、今のあなたは頭で考えるよりも、自分の体や本音を重視していったほうがいいです。ちょっと今週やってほしいことがあって、自宅でもいいですし、または「良い空間だなぁ」とあなたが感じるカフェなどでもいいです。そこで自分会議をやってもらって、議題は「この際言ってしまいたいこと」をピックアップしてほしいのです。いわゆる普段は気を遣っていたり、抑えていたりして表に出していないあなたの本音の部分ですね。「もうちょっと休みたい」とかでもいいです。

今週のあなたの裏テーマって「抑えられない」なのです。ですから、先ほどもお伝えしたように「この際言っておきたいこと」を抑圧しないで、なるべく表に出していってほしいのです。もちろん急に誰かを呼び出して「この際あなたには伝えておきたいことがある」とやったら変になっちゃうから、「あ、私の本音ってこうだったんだ」と自分ひとりでも確認しておいてほしいのです。あと、これはできればやって欲しいのですが、今週は拭き掃除まで含むお掃除をやってほしいのです。どこをやってほしいかと言うと、トイレなどの水回り、あとは玄関、そして玄関から寝室まで続く道をできればきれいに。恋愛面はあんまりゴテゴテしすぎずに、シンプルな清潔感を持ったファッションなどがおすすめです。

2月5日(月)〜2月11日(日)の運勢

「コツコツ続けてきたこと」の茶色、「注目が集まる」の緑色が出ています。今のあなたは「これまで積み上げてきたことが結果や評価につながっていく」イメージがあります。だから今週は「工夫して、新しい自分にならなければいけない」と思うよりは、「よし、もっと今までの自分のやり方を良い形にして残していくぞ」という気楽さを持ってみてください。ちょっと高度な話になってしまうかもしれませんが、できるだけ今のあなたは「他人から声を掛けられやすい自分」をやってみるといいです。変にキャラクターを作りすぎなくていいので、少しだけ愛想良くすることを意識してみてください。

もうちょっとくだけた言い方でアドバイスをお伝えしていきたいのですが、今のあなたには「積み上げてきたもの」や「自分なりの視点を持って取り組んできたもの」があるから、もう少しテキトーになって流れに乗ってみてもいい感じなのです。どういうことかというと、たとえばあなたがスカッシュ(テニスみたいな競技で、壁に向かって打ち合うスポーツ)をやっている人だとして、それを知らない人が「テニスみたいなものなんですね」と言ったら「そうなんですよ」と調子を合わせちゃったほうがいいです。水瓶座は妙に「いや、テニスとは似ているようで全然違います」って自分のこだわりのほうに持っていきたいところがあるから。今週だけは恋愛面でも「大丈夫~」など、そういう適度に緩い感じのイメージでいたほうがいいです。それで無理そうだったら「ごめん、やっぱ無理だった」と謝ればいいから。

1月29日(月)〜2月4日(日)の運勢

「役割の変化」の茶色が出ています。今週はちょっとすごく怪しい話からしたいのですが、いろいろな方と「占い」という形で接していったときに、いわゆる「運や流れの変わり目」って個人個人で結構あったりするのです。今のあなたはそういう「変わり目」にいて、どういうことが進行していくかと言うと「責任の取り方や役割の変化」が出てきます。ですから、何をしてほしいかと言うと、抵抗感がなければ神社や仏閣、お墓でも「空がきれいに見える場所」でもいいです。そういう場所にいって「これからはこういう私のあり方を目指していきます」と祈ってほしいのです。

未来を変えていく、そして未来をある程度自分の理想に沿った形で進めていく。そのために必要なことは「人前で言わない秘密を、祈りのなかでしっかりと言うこと」です。水瓶座の人は、自分の願望を言う前に「その前に私が一人前になって他人に対して迷惑を掛けないようにすること」というプレッシャーを引き受けて、ちょっと厳しい言い方に聞こえたらごめんなさい。“ごまかそう”とします。他人の期待に応えることで、自分の願望はなかったことにする。でも、今のあなたがやるべきことはその逆なのです。「自分の願望に対して一歩を踏み出す。そのために自分を変えることによって、新しい出会いを増やす」。恋愛面でも恐れずに、新しい一歩を模索していくこと。「こうありたい。こうある自分には、もっと自分で惚れる」というような願いを持ってみて。

1月22日(月)〜1月28日(日)の運勢

「可能性を伸ばす」のライムグリーン、そして「落ち着く」の青が出ています。今週の水瓶座は「落ち着きたい」という気持ちと「まだ手を緩めるわけにはいかない。むしろ動く程にチャンスが多い」といったふたつの方向性の間に挟まれます。ですから、まずこう考えてほしいのですが、「落ち着きたいと思ってもなかなかまだ落ち着けないかもしれないから、すぐに対応できる心構えは持っておこう」と気持ちに定めておいてほしいです。あと、今週もしよかったら散歩や喫茶店などがおすすめです。そうやって多少自宅以外でボーッとする時間を持つと良い発想が生まれやすいから。

今週のあなたにお伝えしたいことは、できれば朝寒いですけど10分程早く起きて、ストレッチや軽い体操などをしてもらえると本領を発揮しやすくなります。そして、今自分が少し「激務」や「やらなければいけないことが多い」と感じたら、「1月か2月中に、少しでもゆっくりする時間を持つ。日なたぼっこをして、ポカポカしながらお茶を飲む」など、そういう「ゆっくりできるご褒美Day」を持つ予定を立ててみてください。そして、今なんらかのチャレンジをしようとしている人は、ちゃんと仕上がってきています。良い形での緊張感を忘れずに、そのまま最後までやりきること! 恋愛面は「暗く考えそう」になったらしっかり深呼吸、そしてストレッチをして呼吸と体を伸ばすこと、ほぐすことに数分でもいいので真剣に集中してみる。雑念に惑わされすぎないようにしてください。

1月15日(月)〜1月21日(日)

「特別な瞬間を演じきる」の赤が出ています。ちょっとこういう話を聞いてもらいたいのですが、水瓶座の人っていつの間にか「力が充填」しているときがあります。いつもなら慎重なのになぜか「ここはちょっと暴れてみたい」「全力を発揮してみたい」など、そういう気持ちが起こることがあります。今がまさにそのときなのです。でも、同時にあなたには不器用なところもあるので、どうしたら今持っている力がそのまま良い形で発揮できるかについてアドバイスをしていけたらと思います。

今、あなたが全力を発揮していくやり方。空を見つめてください。朝日でも、昼の空でも、夜の星空でも。曇っていても大丈夫です。そして「今の私は特別な時間を送ろうとしている」とつぶやいてみてください。それでOKです。できればイメージで構わないので自分の周りから雑音を無くす。シーンとなったイメージを持ってみて、目を静かに開いて「特別な時間を送る」。そういう決意を伴ったつぶやきをやってみてほしいのです。どうしてこういうことを言ったかというと、水瓶座の人っていわゆる「役者さん」の性質が強いから。だから「よーい、アクション!」と言った瞬間に全力のスイッチを入れやすい。頑張って! 恋愛面もひとりの特別な役者さんとして今を演じきってみてください。

しいたけがズバリ! 今週のあなたを分析
このカラーをプラスして

1月8日(月)〜1月14日(日)

「楽しみたい」のゴールドが出ています。新年が明けて、今のあなたに訪れている心境は、高校生ぐらいの気持ちです。知っていることよりも、知らないことのほうが多くて、ただ純粋に「今年も一発ぶちかましたい」と、暴れていくことを楽しみにできるような感覚。あなたは理屈も大切にする人です。ですから「楽しむためには何をしなければいけないか」など、そういう頭脳で「楽しむ私」を確立していこうとすることもあります。でも、どうか「何とかなるだろう」と楽観視もしてみてください。楽観的な態度が幸運を呼んでくれることも多いから。

「何とかなる」ってすごくいい言葉なのです。それって最終的に「自分を信じる」ということだから。「私が抱えていることって結構ハードかもしれないけど、ここまでいろいろな修羅場を乗り越えてきた私なら、何とかしていく。私は私を信じている」という言葉の言い換えが「何とかなる」なのです。ですから、「今年の私はどんな場面に出会い、どんな未知を感じ、そしてどうしていくんだろう」と他人事のように楽観的に言ってあげてください。恋愛面を含むのですが、今のあなたは「ではどうする?」と具体案を詰め過ぎるのではなくて、「思いついたことをひとつひとつ実行していく方向」にいると幸運が宿りやすいですよ。

1月1日(月)〜1月7日(日)の運勢

「グータラ推奨」のターコイズ色が出ています。ちょっとした小話なのですが、お正月って「ゆっくりできたり」楽しみであるのと同時に、ある星座にとってはプレッシャーがかかりやすいイベントになったりもします。それが水瓶座です。水瓶座はこれまで何回も言ってきたように、「知らないうちに他人から掛けられる期待に“応えなければ”というプレッシャーを感じやすい」人たちです。ですから、お正月の親族の集まりなどで近況を聞かれたりしても「もっとしっかりしなきゃ」とか「期待に応えなきゃ」なんて思わないで大丈夫ですからね。あなたはあなたのペースで頑張っているわけだから、頑張りは無理強いされることじゃないから。

ということで、このお正月はできる限りグータラしてみてください。こたつにみかんがあれば最高なのですが、それは各自できる範囲で用意するぐらいの気持ちで。英気を養うという言葉があるように、神経の緊張感を抜いて「あー、もう気づけば夕方になっちゃった。今日は何もしなかったな」という日があなたにもあっていいです。そういう日々を夢見て頑張ってきた人もいるはずだから。もしよければでいいのですが、家電品や日常使うものを買い変えてもらっても「よし、今年はこういう料理にチャレンジするぞ」とテンションが上がりますよ。恋愛面は1対1じゃなくてもいいから「グータラ連盟」を作ってみて一緒にグータラできる人を募集してみてください。

1 2 3 4 5 6 7

関連まとめ