1. まとめトップ

しいたけ占いの水瓶座だけを淡々とアーカイブする2

「なぜならば、私が水瓶座だから」の人が更新やめちゃったときに作成。オリジナルのアーカイブリンク→http://matome.naver.jp/odai/2141506833498792901*こちらは復活しましたが一度作ってしまったので続けます。水瓶座同盟としては幾つかあった方が安心でしょ?w

更新日: 2018年02月19日

23 お気に入り 33270 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Minminpuさん

2月19日(月)〜2月25日(日)の運勢

「未来をつくっていくターニングポイント」のネイビーが出ています。ちょっと大げさな表現に聞こえてしまうかもしれないのですが、今週や最近のあなたは大きなターニングポイントに差しかかっています。ちょっとこういう話をしたいのですが、人って「あー、これもやんなきゃ。あれもやんなきゃ」という、そういう業務的な日常を過ごしています。生きている限り片付けていかなければ用件は溢れています。でも、ターニングポイントに差し掛かったときって、「あー、これやんきゃ」が「やってみよう! 何となくこの用事が私の未来をつくっていくような気がする」という感覚に変わっていくのです。

「今の自分は未来をつくっていっている」ときって、どんな激務のなかにも、どんな激しい感情のなかにも「淡々とした時間」があるのです。興奮と冷静さが両方あって、でも「淡々とひとつひとつの作業を大切にしていく」と、着実にひとつひとつ丁寧にやっていく感じ。逆に、未来とは無関係の自己満足って「興奮しすぎてしまっている」「他人をあてにしすぎてしまっている」など、浮つきすぎてしまっているときなのです。今のあなたは「自力」を大切にしていて、「ただ私が楽しむためだけにやっていきたい」という気持ちに溢れています。だからどうかマイペースで、速さと丁寧さを。そして、今までのあなたの限界を超えていってください。恋愛面は今まで良いと思っていたタイプの人ではなくて「こういう人に魅力を感じるな」など、そういう自分の見方も切り替わるときです。

2月12日(月)〜2月18日(日)の運勢

「流れを整える」の鋭い水色が出ています。ちょっと不思議な話になってしまうのですが、今のあなたは頭で考えるよりも、自分の体や本音を重視していったほうがいいです。ちょっと今週やってほしいことがあって、自宅でもいいですし、または「良い空間だなぁ」とあなたが感じるカフェなどでもいいです。そこで自分会議をやってもらって、議題は「この際言ってしまいたいこと」をピックアップしてほしいのです。いわゆる普段は気を遣っていたり、抑えていたりして表に出していないあなたの本音の部分ですね。「もうちょっと休みたい」とかでもいいです。

今週のあなたの裏テーマって「抑えられない」なのです。ですから、先ほどもお伝えしたように「この際言っておきたいこと」を抑圧しないで、なるべく表に出していってほしいのです。もちろん急に誰かを呼び出して「この際あなたには伝えておきたいことがある」とやったら変になっちゃうから、「あ、私の本音ってこうだったんだ」と自分ひとりでも確認しておいてほしいのです。あと、これはできればやって欲しいのですが、今週は拭き掃除まで含むお掃除をやってほしいのです。どこをやってほしいかと言うと、トイレなどの水回り、あとは玄関、そして玄関から寝室まで続く道をできればきれいに。恋愛面はあんまりゴテゴテしすぎずに、シンプルな清潔感を持ったファッションなどがおすすめです。

2月5日(月)〜2月11日(日)の運勢

「コツコツ続けてきたこと」の茶色、「注目が集まる」の緑色が出ています。今のあなたは「これまで積み上げてきたことが結果や評価につながっていく」イメージがあります。だから今週は「工夫して、新しい自分にならなければいけない」と思うよりは、「よし、もっと今までの自分のやり方を良い形にして残していくぞ」という気楽さを持ってみてください。ちょっと高度な話になってしまうかもしれませんが、できるだけ今のあなたは「他人から声を掛けられやすい自分」をやってみるといいです。変にキャラクターを作りすぎなくていいので、少しだけ愛想良くすることを意識してみてください。

もうちょっとくだけた言い方でアドバイスをお伝えしていきたいのですが、今のあなたには「積み上げてきたもの」や「自分なりの視点を持って取り組んできたもの」があるから、もう少しテキトーになって流れに乗ってみてもいい感じなのです。どういうことかというと、たとえばあなたがスカッシュ(テニスみたいな競技で、壁に向かって打ち合うスポーツ)をやっている人だとして、それを知らない人が「テニスみたいなものなんですね」と言ったら「そうなんですよ」と調子を合わせちゃったほうがいいです。水瓶座は妙に「いや、テニスとは似ているようで全然違います」って自分のこだわりのほうに持っていきたいところがあるから。今週だけは恋愛面でも「大丈夫~」など、そういう適度に緩い感じのイメージでいたほうがいいです。それで無理そうだったら「ごめん、やっぱ無理だった」と謝ればいいから。

1月29日(月)〜2月4日(日)の運勢

「役割の変化」の茶色が出ています。今週はちょっとすごく怪しい話からしたいのですが、いろいろな方と「占い」という形で接していったときに、いわゆる「運や流れの変わり目」って個人個人で結構あったりするのです。今のあなたはそういう「変わり目」にいて、どういうことが進行していくかと言うと「責任の取り方や役割の変化」が出てきます。ですから、何をしてほしいかと言うと、抵抗感がなければ神社や仏閣、お墓でも「空がきれいに見える場所」でもいいです。そういう場所にいって「これからはこういう私のあり方を目指していきます」と祈ってほしいのです。

未来を変えていく、そして未来をある程度自分の理想に沿った形で進めていく。そのために必要なことは「人前で言わない秘密を、祈りのなかでしっかりと言うこと」です。水瓶座の人は、自分の願望を言う前に「その前に私が一人前になって他人に対して迷惑を掛けないようにすること」というプレッシャーを引き受けて、ちょっと厳しい言い方に聞こえたらごめんなさい。“ごまかそう”とします。他人の期待に応えることで、自分の願望はなかったことにする。でも、今のあなたがやるべきことはその逆なのです。「自分の願望に対して一歩を踏み出す。そのために自分を変えることによって、新しい出会いを増やす」。恋愛面でも恐れずに、新しい一歩を模索していくこと。「こうありたい。こうある自分には、もっと自分で惚れる」というような願いを持ってみて。

1月22日(月)〜1月28日(日)の運勢

「可能性を伸ばす」のライムグリーン、そして「落ち着く」の青が出ています。今週の水瓶座は「落ち着きたい」という気持ちと「まだ手を緩めるわけにはいかない。むしろ動く程にチャンスが多い」といったふたつの方向性の間に挟まれます。ですから、まずこう考えてほしいのですが、「落ち着きたいと思ってもなかなかまだ落ち着けないかもしれないから、すぐに対応できる心構えは持っておこう」と気持ちに定めておいてほしいです。あと、今週もしよかったら散歩や喫茶店などがおすすめです。そうやって多少自宅以外でボーッとする時間を持つと良い発想が生まれやすいから。

今週のあなたにお伝えしたいことは、できれば朝寒いですけど10分程早く起きて、ストレッチや軽い体操などをしてもらえると本領を発揮しやすくなります。そして、今自分が少し「激務」や「やらなければいけないことが多い」と感じたら、「1月か2月中に、少しでもゆっくりする時間を持つ。日なたぼっこをして、ポカポカしながらお茶を飲む」など、そういう「ゆっくりできるご褒美Day」を持つ予定を立ててみてください。そして、今なんらかのチャレンジをしようとしている人は、ちゃんと仕上がってきています。良い形での緊張感を忘れずに、そのまま最後までやりきること! 恋愛面は「暗く考えそう」になったらしっかり深呼吸、そしてストレッチをして呼吸と体を伸ばすこと、ほぐすことに数分でもいいので真剣に集中してみる。雑念に惑わされすぎないようにしてください。

1月15日(月)〜1月21日(日)

「特別な瞬間を演じきる」の赤が出ています。ちょっとこういう話を聞いてもらいたいのですが、水瓶座の人っていつの間にか「力が充填」しているときがあります。いつもなら慎重なのになぜか「ここはちょっと暴れてみたい」「全力を発揮してみたい」など、そういう気持ちが起こることがあります。今がまさにそのときなのです。でも、同時にあなたには不器用なところもあるので、どうしたら今持っている力がそのまま良い形で発揮できるかについてアドバイスをしていけたらと思います。

今、あなたが全力を発揮していくやり方。空を見つめてください。朝日でも、昼の空でも、夜の星空でも。曇っていても大丈夫です。そして「今の私は特別な時間を送ろうとしている」とつぶやいてみてください。それでOKです。できればイメージで構わないので自分の周りから雑音を無くす。シーンとなったイメージを持ってみて、目を静かに開いて「特別な時間を送る」。そういう決意を伴ったつぶやきをやってみてほしいのです。どうしてこういうことを言ったかというと、水瓶座の人っていわゆる「役者さん」の性質が強いから。だから「よーい、アクション!」と言った瞬間に全力のスイッチを入れやすい。頑張って! 恋愛面もひとりの特別な役者さんとして今を演じきってみてください。

しいたけがズバリ! 今週のあなたを分析
このカラーをプラスして

1月8日(月)〜1月14日(日)

「楽しみたい」のゴールドが出ています。新年が明けて、今のあなたに訪れている心境は、高校生ぐらいの気持ちです。知っていることよりも、知らないことのほうが多くて、ただ純粋に「今年も一発ぶちかましたい」と、暴れていくことを楽しみにできるような感覚。あなたは理屈も大切にする人です。ですから「楽しむためには何をしなければいけないか」など、そういう頭脳で「楽しむ私」を確立していこうとすることもあります。でも、どうか「何とかなるだろう」と楽観視もしてみてください。楽観的な態度が幸運を呼んでくれることも多いから。

「何とかなる」ってすごくいい言葉なのです。それって最終的に「自分を信じる」ということだから。「私が抱えていることって結構ハードかもしれないけど、ここまでいろいろな修羅場を乗り越えてきた私なら、何とかしていく。私は私を信じている」という言葉の言い換えが「何とかなる」なのです。ですから、「今年の私はどんな場面に出会い、どんな未知を感じ、そしてどうしていくんだろう」と他人事のように楽観的に言ってあげてください。恋愛面を含むのですが、今のあなたは「ではどうする?」と具体案を詰め過ぎるのではなくて、「思いついたことをひとつひとつ実行していく方向」にいると幸運が宿りやすいですよ。

1月1日(月)〜1月7日(日)の運勢

「グータラ推奨」のターコイズ色が出ています。ちょっとした小話なのですが、お正月って「ゆっくりできたり」楽しみであるのと同時に、ある星座にとってはプレッシャーがかかりやすいイベントになったりもします。それが水瓶座です。水瓶座はこれまで何回も言ってきたように、「知らないうちに他人から掛けられる期待に“応えなければ”というプレッシャーを感じやすい」人たちです。ですから、お正月の親族の集まりなどで近況を聞かれたりしても「もっとしっかりしなきゃ」とか「期待に応えなきゃ」なんて思わないで大丈夫ですからね。あなたはあなたのペースで頑張っているわけだから、頑張りは無理強いされることじゃないから。

ということで、このお正月はできる限りグータラしてみてください。こたつにみかんがあれば最高なのですが、それは各自できる範囲で用意するぐらいの気持ちで。英気を養うという言葉があるように、神経の緊張感を抜いて「あー、もう気づけば夕方になっちゃった。今日は何もしなかったな」という日があなたにもあっていいです。そういう日々を夢見て頑張ってきた人もいるはずだから。もしよければでいいのですが、家電品や日常使うものを買い変えてもらっても「よし、今年はこういう料理にチャレンジするぞ」とテンションが上がりますよ。恋愛面は1対1じゃなくてもいいから「グータラ連盟」を作ってみて一緒にグータラできる人を募集してみてください。

12月25日(月)〜12月31日(日)の運勢

「覚悟の一年だった」の鋭い水色が出ています。年末ってやっぱり特別な時間で、いよいよ12月、そして今年があと少しで終わろうとしている時間が肌で感じられてきているときって、改めて「今年は自分にとってこういう年だったなあ」と感じられることが多くあったりします。今年のあなたはおそらく「覚悟」が強くありました。それは別に怖い意味ではなくて、たとえば「今まで全力で楽しめない私がいたのならば、多少今までの自分を壊しても構わないから全力で楽しみたい」など、そういうことを決意して臨んだ一年になったと思います。

ですから今週は「いろいろ頑張ってきたね。結果が出てきたところと、まだまだこれから頑張っていかなければいけないところはあるだろうけど、私のペースでこれからも取り組んでいこう。よくやってくれたね。ありがとう」とまずは自分に感謝の気持ちを伝えてあげてください。他人に対して感謝の気持ちを伝えていくのはその後。そして今週は子ども心に帰ってみてください。少しだけ寂しい気持ちが起きた人は、普段自分がお世話になっている人などにちょっとしたプレゼントなどをあげるといいですよ。今年もいろいろあったかもしれないのですが、無事にここまでたどり着いたことを神聖な静かな気持ちできちんと祝う。それが多分年末という時間だから。恋愛面も「こういうことがあって当たり前」とは思わずに、自分に今ある奇跡に感謝の気持ちを。

2018年の上半期占い①

水瓶座

2018年上半期、水瓶座は「大きな節目を迎え、愛に生きる」

【2018年上半期の運勢は?】

2018年上半期のあなたのオーラは「ゼロからの制作」を表す森の色。そして「何を愛していきたいかを決める」のピンク色が出ています。水瓶座から森の色が出ているときは、「義理や人情、『ここでこの人の期待に沿わないと悪いな』」という気持ちから距離を取って、自分なりの制作やクリエイティブな時間に集中していくことが多いです。また、ピンクについては「愛していく」という問題に向き合います。

ではあなたの2018年上半期はどういう流れになっていくのでしょうか。それを見ていきたいと思います。

●2018年上半期。大きな節目。

この2018年上半期を大きな節目として迎える星座は結構いたのですが、水瓶座もそのひとつです。なぜこの年があなたにとってひとつの節目になるのかを説明すると、まず大きな枠組みで言うと、2014年から2017年までの時期には、あなたは、

・がむしゃらに期待に応えていく
・用意されたものをとにかくこなしていく
・誰かからお題を与えられて、それに対して自分なりの回答を出していく
という、イメージとしては「馬車馬のように働きながら、周囲の人たちへの期待に応えていく」という流れが強くありました。

でも、2018年に入るとあなたから「誰かから用意されたものや依頼されたものではなく、ゼロから自分なりに向き合っていきたい物事」が多くなっていきます。

この部分は大切なのでもう少し詳しく説明をしていきますね。

●ずっと期待から逃げなかった。

あなたは誰かから期待されることの重要性をわかっている人です。頼りにされること、「この人なら面白いことをやってくれるだろう」と特別に思われること。水瓶座のすごいところは、その期待から逃げないことなのです。

ほかの人なら「まあ、そう言ってくれるのはありがたいんですけれど、私にもできることとできないことがありますし」と言って、そういう「やみくもに期待されること」から防衛策として距離を取ります。でも、水瓶座に関しては「ありがとう! やってみます!」と言っちゃうのです。そういうところが妙に体育会系なのです。

「誰かから期待され、求められ、とにかく走り続けた」

気づけばこの2018年に至るまでにそういう道のりがあなたにはあったと思うのです。

そして今、あなたはその期待を静かに自分の肩から下ろそうとしています。

別に何もかもやめてしまうわけではありません。これまで以上に「期待される」「必要とされる」重要性をわかった上で、「少しずつ自分の時間を増やしていこう」としているのです。

続編ではなく新作をつくりたい気持ち。
では、他人の期待を下ろしていくあなたは一体何をしたいのでしょうか? それは「ゼロから」というのがキーワードになります。

実際、2017年の後半ぐらい、それこそこの上半期占いが発表される直前の2017年11月ぐらいから「ひと区切りつけよう」と感じた水瓶座の人は多いと思うのです。

・ひと区切り
・仕切り直し
・今まであった自分の流れを2018年からは見直す
と。通常、多くの人にある流れは「2017年までに積み上げてきた流れを、次の2018年においてさらに発展させていく」という、いわゆる続編スタイルを取るのです。映画がヒットしたら2とか3とか続編がつくられていく感じです。

でも、2018年のあなたはその続編に関心があまりなくなるのです。「もうそれやっても仕方ないでしょう」と心がワクワクしない。静かに見てしまう。

それであなたは「またゼロから自分のことを見直したい。自分は何をつくっていく人間になりたいのか。どこに多くの時間を割きたいのか、そういうことをまた決めていきたい」気持ちが強く芽生えていくのです。続編ではなく新作をつくりたくなる。

あなたが2018年にまたゼロから取り組み直していくこと。それを次にアドバイスも含めてお伝えしていきたいと思います。

→続く

→続き

2018年の上半期占い②

●何を愛していきたいか。

続編ではなく新作。去年までの続きではなく、今年からまた新しい自分になること。他人から期待されることではなく、自分が「こういうのをやっていきたい」と宣言するような仕事なり生活。

あなたにはロックな反骨精神がありますから、人生の節目に際して猛烈な反発を見せることがあります。「もうあなたの言う通りには動かない」と。それってあんまり褒められたことじゃないかもしれないけれど、あなたは自分自身にそういう宣言を許してあげる気持ちも持ってほしいのです。だって、あなたは他人の期待からずっと逃げなかった人です。「忠義の士」という感じで人の期待に対して倍返しをしようともしてきた。だから、節目に際してあなたが「あなたからの『こうしてほしい』という要望ではなく、私は自らこういうことをしていきたい」という自分の意見を2018年は持ってみてください。


●ではあなたは何をしていきたいのか?

それは、あなたがこの一年間「何を愛していきたいか」という台詞に言い換えることができます。

まだ説明が抽象的すぎますね。もうちょっと具体的なことを言っていきたいと思います。

たとえばの話なのですが、プロのミュージシャンがいます。プロのミュージシャンってその音楽制作の時間に「売れなくてはいけない」というプレッシャーを常に背負っています。アマチュアのミュージシャンがそのプレッシャーを背負っていないと、そういうことを言いたいわけではもちろんありません。話を続けると、「プロ」と世間的に言われている人は、常にリングの上に立って「売り上げ」や「人気」など、そういうことを厳しく査定され続ける環境に置かれます。

でも、長らくプロとして活躍されている人って、たとえばそれがミュージシャンの場合は「自分たちが心から楽しむ曲」と「売れることを徹底的に考え抜いた曲」のふたつの制作をしていると思うのです。もちろんこれはすごく物事を単純化した極端な言い方ですよ。

でも、「制作」という長く孤独な作業って、「誰かのために」「売れるために」「評価のために」という軸だけでやっていってしまうと、いつか心は冷えてしまって「あれ、何でこんなことやっているんだろう?」という気分にもなっていくはずなのです。

「何で私はこんなに真剣に何かを創ろうとしているのか?」

それは、自分が楽しむためでもあるべきはずです。どんな苦労があっても、そこに向き合える時間が自分にとっては宝物のように贅沢な時間に感じられるからです。

そういう感じで、あなたは自分の時間を「誰かのため」ではなく「自分のため」という軸にシフトさせていきます。心の底から自分がやっていくことを愛していくために。

2018年はことあるごとに「私はこれを愛していきたい」「この人を愛していきたい」と心の中で願ってみてください。

「こんな素敵な場面、そしてこんな素敵な人がいてくれて良かった。もし願いが叶うなら、こんな素敵な人たちと刺激を受け合って私の人生が豊かになっていきますように」

と。こういう願いに「ちょっと宗教的だな」と思って抵抗感を持つ人もいると思うのですが、あなたが2018年に強くなっていくのは「あなたに出会えて良かった」と、カッコつけずに伝えられる素直さです。

だから、青春を! あなたが楽しめたのならば、そこに良い結果や答えが出ていくから。あなたにとってのこの2018年が実り大きな年になりますように!


→続く

→続き

2018年の上半期占い③

【仕事運はどうなる?】

続けてきたことを頑張るではなくて、方向転換。

2018年上半期の仕事面でのあなたのテーマは「方向転換」です。まずこの時期の仕事運を見たときに、大きな出来事としてあなたは「自分の幸せ感をすごく大切にしようとしてきている」という変化があります。何を言いたいかと言うと、水瓶座はある程度ロボットのように働き続けることも可能です。多少の不満やストレスがあったとしても「私は自分に寄せられた期待を返すまでは絶対にやり通す」というように、自分を成長させてミッションを完遂させていきます。でも、ここまで見てきたように2018年のあなたは「自分に寄せられるプレッシャーをただ背負っていく働き方」が難しくなっていきます。「私は社会的、能力的にはこっちのほうを求められるかもしれないけど、それ以外のこともしたい」という気持ちが強くなります。なので、バランスを取る意識を持ってください。自分の強みなど、周りから求められることもちゃんとやる。でも、それだけをやるのではなくて「まだやったことがないこと」や「不慣れなこと」でも自分がやりたいと思ったことに関してやってみる。そして、2018年のあなたは多少仕事面でもワガママになっていくから、「細かいところでお世話になったことを伝える」など、そういう礼儀については気を配っていてください。「この仕事の延長上にあるのは、義務か、それとも私が楽しいことか」についても意識を配っておいてください。

【恋愛運はどうなる?】

●自分を閉じないで。

2018年上半期の恋愛面でのあなたのテーマは「自分を閉じないで」です。まず説明したいのが、2018年上半期のあなたは恋愛面でも強く人を必要としてほしいのです。どういうことかというと、ここまでお話をしてきたように、この時期のあなたは「他人の期待に応えることに少し距離を取り、自分のやりたいことをやっていく」という周期に入ります。そして、この行動は「義理人情、今まであった人との繋がり」を重んじるあなたにとってみたら自分の行動を「勝手な、個人的なワガママ」として捉えてしまったりするのです。そうなるとあなたの思考は「私が勝手にやり始めることだから、自分がみんなに良い報告ができるまでひとりで頑張りきらないとな。これ以上誰かに迷惑をかけられない」と考えてしまう危険性があるのです。でもそうじゃないですよ! 変わっていくときだからこそ、人を強く必要としてほしいのです。この時期の恋愛面に関しては、あなたの「(迷惑をかけたくないという気持ちからの)事後報告癖」はダメです。また「余計なことを言われたくないから」という理由でも必要以上に対人関係をシャットアウトしてしまうことはやめてみてください。もちろんひとりの時間を持つことは大事ですけど。

本当に必要とし合う関係って、あなたが未完成でも、あなたが完成品でも、そこに向き合う人ってたいしてそこは重要視しません。「あ、始めていくんだ。面白そうだね」と言ってくれる人と縁が濃くなるから。あなたが残した結果だけを見て近づく人とはもともと縁が薄いです。そして、この時期の恋愛面は「他人の価値観を聞く」についても意識してください。あなたがこれからいろいろな「私が何を愛していけるか」を模索して、手探りで手応えをつかんでいくときだからこそ「この人は何を大切にして生きているのか」など、そういうことに関心を持って聞いてみてください。その価値観をお互いに尊重し合える関係が生まれやすい年です。あなた自身も結果だけで相手のことを見ないでくださいね。

【月ごとのアドバイス】

●1月   浮いていこう宣言。

「フワッとする」のエメラルドグリーン。そして「自分で決めたことを実行していく」のオレンジ色が出ています。この時期のあなたに何が起こるかと言うと、2017年までにいろいろ考えて、葛藤して、「どうしようかなあ」と思ってきたり、プレッシャーに耐えてきた一種の「重み」がスッと軽くなっていきます。これは直感的なことなのですが「今年はもうちょっと自分の好きなことをやっていこう」という気持ちになれるのです。なので、ぜひともここで「浮いていこう宣言」はしてください。というのは、せっかく2018年のあなたは自分のカラーを出していくのに「私はズレてないか?」などそういうことをすごく気にしてしまうところがあるのです。「常識的に行くところは常識的に行く。でも今年の私は非常識に行くところはとことん非常識に行く」と決めてしまってみてください。

→続く

→続き

2018年の上半期占い④

●2月  もう歩き出している。

「新しい道を歩き出している」のオレンジ色が出ています。この2月はこれまであなたが「新しくやってみたい」と思ってきた事柄がスムーズに始まっている場合が多いです。なかには数年越しに願い続けてきた事柄が急展開を迎える方もいます。何よりも、今のあなたには自分を縛るあれこれの「そうは言ってもこうでなければいけない」など、そういうこだわりから自由でいられるのです。「面白そうだからやってみたい」。その動機を大切にできています。ここでひとつだけ注意点があって、それは「人間関係の義理人情」は大事にしておいてください。これは別に「すごく他人に力を尽くさなければいけない」と言いたいわけではなく「お世話になりました」「今後ともよろしくね」など、そういう細かい礼儀や挨拶をちゃんとしていれば大丈夫なのです。あなたって普段すごく他人に尽くす人だから、その濃い関係から急激に脱却しようとすると相手が悲しむ場合が多いのです。


●3月  新しい成果と課題。

「新しい成果と課題」を表す緑色が出ています。この時期にあなたには「今まではそれほど仲良くなかった人」「新しく出会った人」との間で、何らかの協力体制が生まれて、今後にも繋がる新しい出来事を一緒に作っていきます。このときもそうなのですが、2018年のあなたにとって人間関係はとても大切になります。その人間関係においてやっておくことは「抱え込んでの事後報告はなるべくしない」「細かい挨拶やお礼はちゃんと言っておく」になります。これにはちゃんと理由があって、あなたはこの時期、新しいスタートを切っていきます。そのときにどうしても周囲にいる人たちからの協力が必要になります。そのときに、あなたから「いつもお世話になっています。あなたを必要としています」とやっておいてほしいのです。水瓶座は外見的にクールでとっつきにくいところがあります。だからあなたが黙っていると「放っておいてほしいんだな。余計なことをしないで見ていよう」と、変に相手も気遣って連絡が途絶えてしまうことなどもあるのです。

●4月  トキメキと冷静。

「トキメキ」を表すピンク色。そして「冷静」を表す青が出ています。この時期にあなたがやってきた「ゼロから始めて取り組んできたこと」に手応えが出始め、さらに「あ、この人ともっと仲良くなっていきたいな」と思うようなトキメキもあり、そして、そういう自分をちゃんと客観的に、冷静に眺めている自分がいます。とても良い感じです。それで、公私ともに順調に行くためには、2018年は「余裕も大切にする」と思ってください。これは水瓶座だけではなく、2018年は「2017年までの激しい流れの後の、落ち着いた一年」になることを多くの人が潜在的に願う一年になります。だから「ここまできたら全部を持っていく!」など、そういう前のめりすぎる姿勢だとうまくいかない可能性も高いのです。「困ったときはお互い様」「おかげ様で」など、そういう穏やかな台詞を使っていくのがとてもいいです。

→続く

→続き

2018年の上半期占い⑤

●5月  繋がる。

「繋がっていく」の緑色。そしてその性質を強化していくゴールドの輪郭が周りから出ています。絶好調になります。まず2018年、とにかくあなたは「一緒にいる人や出会う人」からとても強い刺激を受けていきます。「自分の周りって改めてこんなに面白い人がいたんだ」と思います。そして、あなたはその面白さに負けないように、良い意味でライバル関係になっていくのです。この5月は大きな青春だと思ってください。変に大人になってしまった人のように現実的な面だけで物事を見ない。今自分がやっていること、頑張っていること、もっと仲良くなりたいと思う人との関係など、そういう理想を決して捨てないこと。その願いが実を結んでいくことになりそうだから。この時期、あなたに力を与えてくれるのは、あなたの「この人にもっと喜んでもらいたい」という気持ちです。同様に、あなた自身にも「この人が喜んでくれたら幸せ」と思われることがあります。だから、素直に「ありがとう。これからもよろしく」と言う機会なども持ってみてください。

●6月  ひとつの節目。

「節目」を表す茶色が出ていました。この時期、あなたは「自分が過ごす毎日が、もうだいぶ去年とは違ってきている」という実感を得ていきます。ただ頑張り続ける、ただ他人の評価に報いていく、そういうことだけじゃなくて「あ、今、私がやっていることって私にしかできないことなんだ。ありがたいよな」と自然に思えていきます。日常にある「小さな奇跡」、たとえば人にやさしくされたり、一緒にいる人との仲も「ただ偶然仲良くなったわけじゃないんだよな」と感じたり。そういう「いろいろなものにありがとうと言いたい」という祈りのような気持ちが湧いてきます。もしよければ、この時期はひとりの時間も持って散歩などもしてみてください。手が空いたときに誰かを思って「いつもありがとう」と祈ることもすごくいいですよ。

【しいたけからの魔法のメッセージ】

気づけばずっと走ってきました。あなたは自分に余裕がないことはあまり気にしないで、自分がお世話になった人たちに自分がどれだけのものを返していっているかのほうを気にします。でも、そういう慌ただしく駆ける毎日が、2018年には落ち着きを見せていくことになります。忙しさのペースは変わらない人も出てくると思いますが、「ひとつひとつを丁寧にやる。それは他人のためだけではなく、自分のために」という気持ちが強く出てくるのです。今年、ちょっと詩人や絵描きの人になった気分でいろいろな思い出の写真を撮ったり、感動的な景色を見た後には「そのとき何を感じたか」と、ちょっとした絵日記などを書いてみるのもいいですよ。あなたの2018年が、あなたの周りの大切な人たちと共に幸せであることを!

終わり

12月18日(月)〜12月24日(日)

「考えるときと考えを抜くとき」の水色が出ています。水瓶座が疲れているときってどういうことが起きているかと言うと「素直に受け取るのが難しい」状態になります。「この人、私にここまでしてくれたけど、私はこの人の愛情に報いることをちゃんとやれているかな。もっと頑張らなきゃいけないよな」など、そうやって「ありがとう」の一言で終わることができるところでついいろいろなことを考えてしまうようなとき。だから、あなたは先週に続いてちゃんと「プチ途方にくれる時間」を持ってもいいです。だって、考えるのが好きな人だし、その考えがあなたの人生を彩ってくれるものでもあるから。

今週はできれば「”今年もお疲れ様でした私”会」をきちんと開いてほしいのです。みんなで温浴施設に行ってもいいですし、ひとりでカフェに行くのでもいいです。自分へのご褒美で簡単なものは「自分にきれいな景色を見せてあげる」ことです。今はちょうどイルミネーションもきれいですし、「今年一年もお疲れ様でした」と、まだ大晦日までは日がありますが自分に、そして大切な人にも言ってあげてください。あなたはただ生きている人ではなくて「私なりに、私は自分の役割に対して義務を果たせているのか」と哲学や思考を持っていきる人です。ですから、たまにはその思考に浸っても大丈夫です。恋愛面はなるべく重さにハマらないように、「ありがとう!」「良かった!」など、そういう5文字以内で伝えられる感想を言ってあげると心の緊張感がほぐれやすいですよ。

12月11日(月)〜12月17日(日)の運勢

「季節を感じる時間」というターコイズ色が出ています。ちょっと不思議な話をしたいのですが、水瓶座は「ときどき自分が何者なのだかわからなくなる」ときがあります。これってどういうことかと言うと、たとえばあなた以外の人は「私は仕事して〇〇をやっている」「私は〇〇家の長女である」など、そういう他人に紹介する自己紹介文を自分のアイデンティティーにしているのです。でも、あなたの場合はさらにそこから一歩進んで「私が今の仕事をしている必然性はあるのか」などそういうところまでちゃんと考え抜きたくなる時間があります。休日の趣味は自分探しということがあってもおかしくないです。

水瓶座の人ってすごく熱中したり、集中しているときには「違う人格」になって、その人格を持ってすごいパフォーマンス力を発揮します。でも、素の自分になると「あれ、私は何者なんだっけ」とときどき途方に触れる。その時間は結構大事です。昔の人は、そういう「途方にくれる時間」を使って景色を見て詩を読んだり、手紙を書いたりしました。だから、今週はぜひ「プチ途方に暮れる時間」を持ってください。できれば写真を撮っていくのがいいですよ。それが何か「中二病だ」とか言われてもいいんですよ! 大人になりきらないのがあなたの魅力なんだから。そういう青臭い時間を大事にしてください。恋愛面も「今の自分に疑問を抱いたりすることある?」など、中学生インタビュアーのような感じの質問を相手にしてもいいですよ。

12月4日(月)〜12月10日(日)

「感情の力」を表すエメラルドが出ています。今週のあなたのテーマが「自分を大切にすること」なのです。こういうことを言うと「占い師がよく言いそうなアドバイスをもってきましたね」となりそうなのですが、ちゃんと理由があるのです。ここ最近のあなたは「外からは見えないけど、感情の上下運動を地味に繰り返している」のです。たとえば「よし、頑張るぞ」と思って気合いを入れようとしたら気持ちがノッてこなかったとか、そういう「あれ?」と思うことが多いのです。自分の「今」に対して少し「感情」や「感じ方」にズレが出てきている感じ。

あなたにお伝えした「自分を大切にしてください」というメッセージの意味は「気持ちがノッてこない、どうしてもできない、グズグズしてしまう。そういう自分が今週出てきてしまったとしても『情けない』と思って自分を否定しないで、出ちゃったね」みたいな感じでソフトに受け止めてほしいのです。というのは、ここ最近の水瓶座の人はけっこうハードに頑張っている人も多いですし、気持ちとしては「ちょっとサボりたいな」という方向に行っています。だからミスやだらしない面が出てしまうのはしょうがないのです。休めたら休んでみてください。恋愛面は人と自分にやさしく。「しょうがないよ」という台詞がすごくやさしい気持ちを作っていってくれます。

11月27日(月)〜12月3日(日)

「日々を愛おしむ」の茶色が出ています。まず今週のあなたに特筆すべきことは「あ、もしかしたら私がやってきたことは間違いなかったのかもしれない」という、「根拠のない自信」が上がってきやすいのです。まずはその感覚を疑わずに大事にしてみてください。ちょっと今週のあなたは不思議なのですが、色々試行錯誤しながら集めてきたパズルのピースが、一気に揃い出す感じです。「あ、こことここが繋がっていくんだ。やってきて良かったな」という感触が得やすいのです。だから、そのまま自分のやっていることを信じて。力を込めすぎず、油断もしすぎず、いつも通りのあなたで大丈夫だから。

「自分がやってきたことは間違いなかったのかもしれない」。その根拠のない自信をとにかく大切にしてみてください。その感覚があなたの未来へとつながっていきます。水瓶座って「疑おうと思えばいくらでも疑える人だし、心配しようと思ったらいくらでも心配できる人」です。だから、良い流れのときに変に「このままでいけるはずがない。備えておかなければ」と、せっかく出来上がってきた楽観主義と自信に水を差す必要はありません。心配事は起きたときに対処すればいいから。体調面を崩しやすいときなので手洗いとうがいはちゃんとしてあたたかくして寝てください。恋愛面も「あたたかさ」がテーマ。あなたが好意を寄せる人たちがあたたかい気分になれるような言葉や祈りを捧げてあげてください。

11月20日(月)〜11月26日(日)

「地道を大事に」の茶色が出ています。今のあなたはとてもいい感じです。だからあまり「これをやったら変かな」「これをやったら相手はどう思うかな」など、そういう“他人の顔色”を気にしないで、自分がやりたいと思ったことを着々とやっていってほしいのです。今のあなたは「積み重ねてきたことをそのまま出していくモード」になっているし、動いたりして、実行すればするほど成果が出ていきます。でも同時に、マイペースであることも忘れないでください。水瓶座は頭が良い人が多いです。ですから自分のやるべきことに集中しているときはいい形で進みます。でも、唯一の弱点として他人の顔色を気にしすぎてしまうことがあります。それで考えすぎて迷路にハマっちゃうことがあります。

どうしてあなたは他人の顔色を気にしてしまうのでしょうか? それはひとえに水瓶座という星座のせいです。水瓶座は理想を追求する影響力の強い星座だから「誰も傷つかないで行動していくことはできるのだろうか?」など、そういう理想を気づかないうちにひとりで背負ってしまいます。結果として「自分の周りにいる人たちを傷つけない」ために、あなたは自分を封印し、周りのためにずっと尽くすという「責務」を自らに課してしまうことがあります。あなたは今、やるべきことをやっているし、やりたいこともあるし、多少はワガママでいてもいいのです。恋愛面でも自分のペースをできたら優先してください。「ごめん、その日忙しいから無理」「あ、その日空いてるから、会いたい」など、自分のワガママを伝えていくこと。

11月13日(月)〜11月19日(日)の運勢

「ゆったりとした時間」を表すエメラルドグリーンが出ています。今のあなたは「自分なりのペースをつかんでひとつひとつ、自分が今やるべきことをこなしていっている。そして、その合間でゆったりする時間も取れている」というとても良いペースにいます。気持ちに余裕もある日が多いので、「あ、この場合はもっとこうしたら面白くなるんじゃないか」と感じたり、「この人に少し話しかけてみよう」など、そういう積極性も加わってきます。そして同時に「あ、もう今日はここまでにして無理しないでおこう」と、自分なりの良いペースを保つために色々なことができています。

今週もしよければやってもらいたいテーマがあります。それは「秋を感じながらおいしいごはんを食べる」こと。これは自分なりに追求してもらっても、公園や街を少しだけ歩いて秋を発見した後に前から行きたかったごはんを食べに行ってもいいです。そういう「季節を味わう」ことをやってもらいたいのです。あと、今のあなたは「彩り」がとてもいいテーマになるので、ファッションでもワンポイントできれいなブローチをつけたり、ネイルを明るめのものに変えてみるのもおすすめです。恋愛面も「楽しく、ハッピーに」がテーマになります。小さな幸せを発見していって自分の気持ちがあたたかくなっていくこと。そして、そのあたたかさを他人に分け与えていくこと。あたたかい笑顔だけでも他人は勇気づけられたりするから。

11月6日(月)〜11月12日(日)の運勢

「前に進むとき。前に進んで色々なものを得ていくとき」のオレンジ色が出ています。今のあなたのキーワードは「決断」になります。この言葉ってちょっとヘビーな響きもあるのですが怖がらずに聞いてください。実は水瓶座って決断多き人でもあるのです。「色々悩むことはあるけど、今は細かい変更はしないでこの方向で頑張ってみよう!」など、常に自分の方向性など、頑張る方向性を決断しながら努力している人たちでもあるから。でも、今のあなたの決断は「もっと自分に自信を持ってもいいんじゃないか」と考えながら決断しようとしています。それがすごくいいのです。

あなたの今のいい「決断」を後押しするために「自分が人に誇れるところを3つ」、もしくは「自分なりにここ数年で頑張ってきたことを3つ」、それをメモ帳なり紙に書いてみてください。その3つのあなたの長所というのは、これから先さらに伸ばしていくものです。あなたはときどき「紙に書いて目に見える場所に貼っておく」ことはやっておいたほうがいいです。水瓶座の人って妙に潔いところがあって「今まで頑張ってきたことは過去のことだから、それは今日の私は忘れなければいけない」など、そうやって自分が頑張ってきたことを「いやあ、よく頑張ってきたなあ」と自分が認める時間を持たないところがあるのです。だから、ぜひ今週は自分を褒める時間も。恋愛面では「相手を褒める」をキーワードに。

10月30日(月)〜11月5日(日)の運勢

「基本通り。今まで通り」を表すネイビーが出ています。今のあなたは割と「評価や信用を残すためにチャレンジしている案件」が多かったりします。これっていつもあることじゃなくて、今のあなたはいわゆるチャンス期でもあるのです。今、注目されやすいときでもあるし、あなたに期待している人たちって何人もいます。だからこそ、チャンスがめぐってきている人はシンプルに喜んでください。「こういうことが起こることなんてめったにないことだから、単純にこのめずらしい時間を楽しもう。そして大切な思い出としてひとつひとつ胸に刻んでいこう」って。いつも通りのあなたで大丈夫です。

もうひとつ今のあなたにはアドバイスがあって、さきほどもお伝えしたように、今のあなたは「シンプルにチャンスを楽しむとき」です。でも、あなたは「他人からの期待」にプレッシャーを感じすぎてしまうことがあります。そうはならないで、今週はネガティブな話は無視して大丈夫です。というのは、今のあなたは「積極的に色々なことにチャレンジしていくとき」であるから「昔のあなたのほうが良かった」など、そういうことを言う人がいるかもしれないのです。でも、生きるということは変化をすることだし、あなたは今革新の時期を迎えています。だからおそれず、責任やプレッシャーを背負い過ぎず、楽しんでください。恋愛面においては「この人の期待や愛情には報いたい」と真剣に願って構いません。

10月23日(月)〜10月29日(日)の運勢

「浄化」を表す水色。そして「発展材料」を表すオレンジ色が出ています。今週ちょっと「こういうこともあるかも」という軽い注意書きからスタートしたいのですが、少しだけ周りにいる女性の扱いに注意してください。というのは、ごめんなさい、ちょっと今週のあなたは「不機嫌な他人に当たられる」ことがあるかもしれないです。人って不機嫌になってしまうこともあるし、感情的になってしまうこともあります。それで、今の時期はそういう人から怒られたり、感情的にぶつけられたりが多くなる可能性があるのです。だから必要以上に凹まないでください。それもコミュニケーションの一部だと考えること。

なぜそういう注意書きから始めたかと言うと、調子がいいときってトラブルもまた起こりやすい周期に突入するときでもあります。でもそれを恐れる必要はなくて、大なり小なりトラブルが起こらないで生きている人なんていません。トラブルってそれが起きたときの「精神的なショック」のほうが重要なのです。水瓶座はそういうトラブルや人間関係のいさかいが起きたときに「私が悪かったんじゃないか」と、いわゆる自責についてものすごく考えてしまいます。でも実質「単に相手の機嫌が悪かった」などそういうことで済まされてしまうこともあるから。恋愛面でもうまくやり取りができないことなどはあまり気にしないでください。今自分が頑張っていることに集中して、余計なことに足を引っ張りすぎないこと。凹みすぎる必要はないですからね。

10月16日(月)〜10月22日(日)の運勢

「大切な居場所」の茶色。そして「大切な人たち」の緑色が出ています。今の水瓶座は「展開が地味であっても、種まきの時期であっても、とても重要な時期」を迎えています。もっと言うと、今「奇跡」を迎えている人もいるはずなのです。「今の自分」という存在。そして「今の自分が大切にしているもの」は偶然の力だけでたどり着いたものではありません。色々なことがあって、良いことも悪いことも、その「ひとつでも」欠けていたら繋がってこなかった話なのかもしれません。今の自分に奇跡を感じている人は「ここに辿り着くために頑張ってきたのかな」とちょっと驚くはずです。

今週はすごく抽象的なメッセージで申し訳ないのですが、「今の自分」って半分は正解であるけど、半分は「理想通り」とはいかなかったかもしれません。でも、「それでいいのかもな」とできれば思ってほしいのです。そして周りを見渡してみて「この人と知り合えて良かった」「この人たちと同じ時間を過ごせて良かった」など、その奇跡を感じてみてください。そして、さらなる奇跡を! あなたが今求めるものは「間違いのない人生」ではないし、みんなから羨ましがられる生活でもありません。ただ「自分が自分として命を燃やすような生き方」です。今の自分に感謝して、前に進んでいってください。そして燃えていてください! 恋愛面は「あ、この人は特別な人だ」と発見しやすいです。「あなたに会えて良かった」と気持ちの上でも伝えていくこと。

10月9日(月)〜10月15日(日)の運勢

「ひとつひとつ」の茶色が出ています。今のあなたにとってキーワードとなる言葉が3つあって、「信頼」「手ごたえ」「地道」です。ひとつひとつの言葉を説明していくと、今のあなたは「これから長く一緒にやっていけるような相手や環境」をゼロから作っていくような感覚で信頼という種を撒いています。この信頼の種はあなたがひとりでやっていくだけではなく、これから先「協力体制」の元やっていくためにすごく大事なものになります。だから今週は自分の時間だけではなくて「知り合う」「わかり合う」「相手の要求を聞いてみる」などについても重視してみてください。

その次に今のあなたは「手ごたえ」も求めます。小さいものになろうが、大きいものになろうが「結果を出す」ことに対してとても意慾的なのです。今週、あなたは口で不満や愚痴を言うよりも、手や足を動かします。「とりあえずやってみる。そうしたら昨日までとは違った今日が作られていくかもしれないから」と、ロマンを持ってみてください。そして最後に「地道」。信頼を作っていく作業と、結果を出していく作業。その両方に共通するのが「目先の結果や評価を気にしすぎず、毎日知恵を持って地道にやり続けること」です。それが今週のあなたはできます。恋愛面も「こまめに連絡を取る」など、地味な作業にちゃんと手を抜かないことがチャンスを作り出していきます。

10月2日(月)〜10月8日(日)の運勢

「ちょっとボーッとする」の薄い黄色。そして「好きなことに対して自由になる」のターコイズ色が出ています。水瓶座の人ってよく見るとすごくおもしろいのですが、普段はすごくしっかりしていたり、「クールに自分のやりたいことや、やるべきことに突き進んでいる」という印象があります。でも実はところどころですごくボーッとしている人でもあるのです。水瓶座って外の世界に対して「把握したい。理解したい」という知的欲求が並外れて強い人たちなのです。ですから、人が夜に眠って夢を見るように、そうやって頭のなかを整理する必要があります。それがあなたにとって「ボーッ」としちゃう時間なのです。

だから、今週は「最高にボーッとできるシチュエーション」を自ら作り出してみてください。できれば風や日光、暖炉の火、虫の声など、そういう自然が感じられる場所がいいです。もしなかったら自分が落ち着いてボーッとできるシチュエーションでも大丈夫です。その上で「あなたが楽しむことだったら何しても良いよ!」とやさしいお母さんから声を掛けられるような感じで自分に言ってみてください。そうすると「私これやりたい!」「いつかここに行ってみたい!」というような自分の心が歓喜するようなものが出てきやすくなるから。恋愛面も少しボーッとできるようにゆっくりしたいです。誰かと一緒にいる余裕がなかったらひとりの時間を持って回復させてあげて。

水瓶座が疲れたときにかけて欲しい言葉(しいたけブログより)
2017-09-29 08:00:00

テーマ: 11 水瓶座あるある
各星座が疲れたときにかけて欲しい言葉シリーズを気まぐれでやり始めたのですが、今回は水瓶座です。

水瓶座はズバリ「ありがとう」だと思います。

「あれ、2回目にしてもう手を抜くんですか? ありがとうなんてすごい当たり前のところついてきましたね」と思ったそこのあなた! もうちょっと話をきいてください。

水瓶座について話をするときって、どうしても「今私は、どの理想に向かって歩んでいるのか」という自問自答が出てきます。

水瓶座って理想にこだわります。「私は何になれるか」、「私は何を目指すか」、「私はどうあるべきか」。そういう理想を他の人よりも強く持つのです。

なんであなたは理想を持つのか。

その設問に答えるためにちょっとこういう場面を想像してみてください

a.午後14時。会社の会議室みたいなところで「あなたは将来どういうことをしていきたいと考えているのですか? 」に対して答えるシーン

b.親友たちと一人暮らしのお家に集まって、ちょっとお酒とかも良い感じで回ってきた夜10時ぐらい。「将来どういうことやっていきたい? 」と誰からともなく質問が出て、それに答えるシーン

このふたつの場面って同じ質問だけど全然答える気持ちが違いますね。前者の会社などのシーンにおいては「やべえ、変なこと言ったら怒られる」という強い理性とロジックの力が働くし、後者の「ベロベロでわけのわかんなくなったシーン」においてはいかに自分が答えていて気持ち良くなれるかのシーンになります。

それで、すごく面白いことに水瓶座はこのふたつのシーンを自分の中に持っている人なんですね。

大人が前に進むときに、ちょっとバカにされるような理想って必要になります。

だって、それがないと「ただ毎日をこなす」とか「ただ毎日を頑張る」という生活に寄り過ぎちゃうからです。

理想を持つ効能って、理想を持つと人は失敗しようとするのです。それは成長するための失敗とかミスとか恥をかくことです。

「毎日の生活」ってもちろん大事だけど、それを守ることだけに寄り過ぎてしまうと失敗をすごく恐れる人になってしまいます。

水瓶座って根本的に不安定なのです。すごく高いしっかりした性質とロジック。そして「私の理想? そうだね、私はとにかく広島を元気にしたいわけよ」とか、そういう陶酔の気持ちの両面を持っているのです。

すごい話が長くなっていますね(笑)

その水瓶座のふたつのモードをまとめる言葉が「ありがとう」なのです。

できれば目をつぶって、たとえ不運なことがあっても、大変なことがあっても、それを「ありがとう」と静かに言って「私はそれを受け容れる。私は目を背けない。私は何をするか選べる。そして楽しんでみせる」と、そういう理想の炎が燃えるための言葉が目を閉じた「ありがとう」なのです。

なので疲れたことがあったら「ありがとう」と言って頑張ってみてください。

9月25日(月)〜10月1日(日)

「心静かに眺める」の水色が出ています。今のあなたは色々なものを整理している期間を過ごしています。こういうときってちょっとボーッとすることが多いのです。他人と話していても「ちょっと。話、聞いてる?」と言われたり、ふと気づいたときに「あれ、なんで私こんなことしてるんだっけ?」と思ってしまうことがあったりします。整理している期間=お掃除期間なので、自分を空っぽにしてポカーンとさせてしまったほうがいいです。でも、本格的にポカーンとすることって現代人にはすごく難しいです。だってやらなきゃいけないタスクが多いし、携帯電話で常に他人や情報と繋がっていなければいけないから。

なので、今週のあなたにやってもらいたいのが「宇宙から派遣されてきた調査員」として周りを眺めて調査してみること。「この地球人はこういうことを大切にしているのか」と、そういう距離の取り方をしてみる。私たちは普段、「これは良い」「これは悪い」「これは頑張らなきゃいけない」「これはたいした問題ではない。後回し」など、物事をJudge(ジャッジ)して生活していかなければいけない前提があります。でも、整理=浄化期間においては「正しい」「やらなければいけない」という思いこみから距離を取ったほうがいいのです。宇宙人Aさんとして色々なものを観察してください。必ずあなたの興味を引いて新鮮に驚くことや喜ぶことが多いですよ。恋愛面も何か「もし〇〇だったら」という仮定の空想ゲームをふたりでやったりするのもいいですよ。

9月18日(月)〜9月24日(日)の運勢

「常にリラックスを」のターコイズ色が出ています。今週も含めてここ最近は、感情がすごく高ぶったり、その逆にちょっとのことですごく落ちこんでしまったり、そういうハイとローが激しくなる方が多いのです。水瓶座もその影響が少しあって、たとえば恋人や友達関係においても「普段だったらちょっと怒っておしまい」になることでも「どうしても許せない」とヒートアップしすぎてしまったり、昨日まで頑張ってきたことが今日になって急に自信をなくしたりする気分になったりしやすいです。そういう「気分」に左右されすぎないためにやってほしいことがあります。

先ほどまで「今週はいい意味でも悪い意味でも気分や感情に左右されやすい」とお伝えしてきたのですが、要は季節の変わり目は夏から秋に体が対応していくだけでも疲れてくるのです。体が疲れてくると、気分の上下の影響も受けやすくなります。その対策として「こまめにリラックス」を入れること。これは森林セラピーの人がよく言ってくれるのですが、ちょっと深呼吸して五感を再び使ってみる。まず目を閉じて自分の耳には何が聞こえているか。匂いはどうか。口のなかの唾液の量はどうなっているか。肌は何を感じているか。そして目をあけて何が見えるかなど。それをやると「今のリラックスした自分」に帰ってきやすいです。恋愛面も「気持ちの高ぶりすぎ」に注意。不安定を感じたら「ごめん、今日はもういいや」と思って明日を待つこと。明日にはまた気分が変わるかもしれないから。

9月11日(月)〜9月17日(日)

「身軽になる空気」の黄色が出ています。「ずっと取り組んできた問題がストンと落ちる」「何週間も取り組み続けてきた仕事がやっとひと段落ついた」など、そういう身軽になっていく現象が起き始めます。もし可能なら、エステやマッサージ、お風呂など、そういうリラックスできるところを「自分へのプレゼント」として贈ってあげてください。「お疲れ様。これ、ささやかだけど頑張ってきたあなたに私からのプレゼントです」って。そういう自分へのプレゼントって大事ですよ。人が頑張れる理由って、「敬意を払われること」であり、自分がやっていることが「当たり前」ではなく感謝されることだから。

水瓶座の人が持つリズムって体感的にはジェットコースターなどでかかる「重力」とちょっと似ているのです。ほら、ジェットコースターってグググーッと力が入って、そして一気に解放されて「フワッ」と浮く感覚があったりするでしょう。そういう、グググって普段力を入れて、そして何かが達成されたときには「フワッ」と自分を壊して解放する。なので、どっちにしろ「激しさ」は伴うので、あなたには「ひと仕事終えた後に適度に自分を解放する癖」が必要だったりするのです。「リラックスは後ですればいいや」とはなるべく思わないでください。恋愛面は重くなる空気があるところは避けた方が良く、「あ、今ヘビーな話は無理だから、楽しい話だけ聞きたい」など、そういう無責任さもある程度、今週は守ってください。

1 2 3 4 5 6