生命保険における保障額は、死亡したときやケガ・疾病による入院や通院、手術費用などで支払われるお金です。
これらは毎月の保険料によって変化しますが、遺族年金や死亡退職金、貯金額を考慮して、多すぎず、少なすぎずというのがベストです。
また保険金が下りるための支払事由、免責事項についても十分把握しておきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

保険は見直さないとメリットがゼロに!?見直しのポイント

保険は年齢や家族構成など、自分と自分の周りの変化に伴って適時変えていくのが賢いやり方。そのポイントとは?

このまとめを見る