保険期間の見直しを行う目的としては、

1.いつまでその保障は必要になるか
2.月額保険料の適正化

以上が目的です。

まず1から説明しますと、保障が続く期間を保険期間と言います。

もし終身保険ではなく、保険期間が○○歳までと決まっている保険に契約していたら、必要に応じでこの保険期間を伸ばすことも検討しましょう。

ただし期間を延ばせばその分月々の保険料は上がります(短縮すれば逆に下がります)。
保険料払込期間においては逆で、期間を延ばせば月額保険料は下がり、短縮すれば保険料は上がります。

例)100万円を10年で支払う場合、月額で約8,400円
  100万円を15年で支払う場合、月額で約5,900円
  100万円を 5年で支払う場合、月額で約16,700円

保険料の払込時、一括払い、年払いなどでまとめて支払うと、月額で支払った場合よりも安くなりますので、退職金などが出て余裕があるときに、まとめて支払い保険料を安く済ませることも可能です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

保険は見直さないとメリットがゼロに!?見直しのポイント

保険は年齢や家族構成など、自分と自分の周りの変化に伴って適時変えていくのが賢いやり方。そのポイントとは?

このまとめを見る