1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人を襲った犬を警官3人が射殺…事件についてネットで意見が相次いでいる

14日午前2時ごろ、千葉県松戸市稔台の路上で「女性が犬にかまれた」と110番があった。飼い主の無職男性(71)に覆いかぶさってかみついており、その後犬が向かってきたため、3人で拳銃計13発を撃ち射殺した。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年09月25日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 338787 view
お気に入り追加

○人を襲った犬を警官3人が射殺

14日午前2時ごろ、千葉県松戸市稔台の路上で「女性が犬にかまれた」と110番があった。

県警松戸署員3人が駆け付けたところ、飼い主の無職男性(71)に覆いかぶさってかみついており、その後犬が向かってきたため、3人で拳銃計13発を撃ち射殺した。

同署の発表によると、飼い主の男性と通行人のアルバイト女性(23)が犬にかまれ、いずれも左腕に軽傷。

○警察官にも襲いかかってきたため、拳銃を13発発砲

駆け付けた警察官が、犬が飼い主の男性にかみついているのを発見。

制止した警察官にも襲いかかってきたため、拳銃を13発発砲、犬を射殺した。

飼い主の男性(71)を含む2人が腕などに軽傷を負った。発砲によるけが人はいない。

○射殺された犬は紀州犬

紀州犬(きしゅういぬ)は、和歌山県原産の日本犬の一種。
日本犬としては中型である。

一部自治体では、紀州犬を人に危害を加える恐れがある犬種として「特定犬」に指定している。

日本においては、飼主のずさんな管理が原因の特定犬種による咬傷事故が絶えないにも関わらず、法的な飼育規制はされていない。

○犬は飼い主から逃げ出していた

13日夜の被害が発覚し、署員が男性方を訪ねたところ、いなくなっていることが分かった。

犬は普段、首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げた当時の状況は不明という。

駆けつけた署員が飼い主とみられる無職男性(71)から事情を聞いたところ、午後7時台に餌を与えてから犬の行方が分からなくなっていることが分かった。

○前日にも男性が犬に右腕をかまれて軽傷

日暮では13日夜に10代後半の男性も犬に右腕をかまれて軽傷を負っており、同署は同じ犬にかまれたとみて調べている。

13日夜にも、付近の路上で、10代の男性が特徴の似た犬に腕をかまれてけがをしたといい、同署が関連を調べている。

○苦情や意見で電話回線パンク

松戸署員が犬を射殺した事件を受けて、松戸署では署にかかってくる電話への対応に忙殺されている。

同署によると、当初は報道機関による照会が多かったが、事件がテレビ、新聞などで報じられると一般からの問い合わせや意見が殺到。

電話が集中した時には、署の回線が全てふさがり、発信も受信もできない状態で、14日午前から15日午後3時まで、約120件の電話があった。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。