1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

5億円失った...辺見マリを洗脳した拝み屋の手口が恐ろし過ぎる

辺見マリさんがかつての洗脳騒動についてしくじり先生で詳しく告白されていました。13年間で5億円を失ってしまった辺見さんですが拝み屋と言われる女性たちの手口が巧妙で衝撃的でした。。。

更新日: 2015年09月15日

115 お気に入り 609086 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amasayaさん

過去に洗脳されたことをしくじり先生で告白した辺見マリさん

辺見マリのしくじり先生が重すぎる。洗脳怖すぎ

辺見マリのしくじり先生は、しくじりのレベルを越えてる。もはや笑えない。

本人は洗脳とは無縁の騙されにくい性格だと思っていたが...

始まりは88年。「知り合いに神様と話せる人がいる。会ってみませんか?」と当時の男性マネージャーに誘われたのがきっかけだった。

出会った当初は、ただ辺見マリさんの話を親身に聞いてくれたそうで、次第に何でも相談できる相手として信頼していくことになる。

最初こそはうさんくさいなと思っていた辺見マリでしたが、時間を経るにつれて次第に辺見マリは「拝み屋の言うことはすべて正しい」と思い込んでしまうようになったのです。

信じるきっかけが娘の辺見えみりさんについての預言

やがて女性は「神様の声が聞こえた。娘のえみりさんの目が見えなくなりますよ」などと“お告げ”をするように。

事実、辺見エミリの視力は落ちており、これを信じた辺見マリは「厄払い料」として5,000円を支払いました。

ある日拝み屋は辺見マリに、「娘(えみり)の視力が落ちているはず。このままだと失明の恐れがある」と言われて確かめたところ、実際に娘・えみりの視力が落ちていました。

このように、他の人には分からないだろうと思っている情報を言い当てられたことにより、信じ始めるようになったという。

なぜ拝み屋が娘の視力について”お告げ”できたのかという件については、専門家によれば、元マネージャーが情報を流していたのではということである。

次第に拝み屋Kは辺見の生活や仕事までもコントロールしていく

この時、後から拝み屋Kに変わって
辺見を洗脳していく拝み屋A(安藤)とも
一緒に生活をしていたそうです。

また拝み屋・Kは、辺見マリに言ってマンションを借りさせ、その拝み屋・K一家や、他の人々と共同生活をするようになった。

拝み屋Kの指示で食事をコントロールされ72kgまで太らされ、仕事も辞めるように指示され世間から隔離されました。

仕事での関わりがなくなった彼女の周りには助言者などが居なくなった。信仰の道しか無かっただろう。

しかし、その後拝み屋Kが失踪するも、新たな拝み屋Aが登場

結局、拝み屋・Kはある日突然「神の声が聞こえなくなった」と発言し、失踪してしまった。

この時点で拝み屋Kによって失った金額は1,000万円近く。

神田がいなくなると安藤が「神の声が聞こえるようになった」と言い出しました。

神田=拝み屋K
安藤=拝み屋A

普通であれば、信じないが一年間も洗脳され続けてきたので、本当だと思ってしまった。

拝み屋Kがいなくなったことで、心の支えを失った辺見さんにつけこんできたのが新拝み屋Aの安藤。

安藤は神田(拝み屋K)から辺見さんの考え方や弱いポイントなどを伝授していた為、それが余計に辺見さんが信じ込む事に繋がったようです。

新拝み屋Aは元ディーラーでカジノでお金を使うように指示、ルールを知らない辺見には全部負けたと言っていて裏で現金に換えていた。

瞬く間に辺見さんの貯金は底をつき家や宝石を売却、生命保険の解約、消費者金融から多額の借金をしたのでした。

お金が底をついてしまった辺見さんは、15才で芸能界デビューを果たしたえみりさんのデビュー契約金、1年分の給料にまで手を出し、事務所から借金もしたのでした。

1 2