1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

米国民の3割近くはバラク・オバマ米大統領がイスラム教徒だと信じていて、外国生まれだという誤解も一部に根強く存在することが、CNNとORCの最新世論調査で分かった。ちなみにオバマ大統領は米ハワイ州出身のキリスト教徒。
オバマ大統領の宗教については、全体の29%がイスラム教徒だと思うと回答。共和党支持者に限るとこの割合は43%に増える。
出生国については80%が米国と答える一方で、外国生まれと誤解している回答者も20%を占めた。9%は「米国出身ではないことを裏付ける証拠がある」と信じ、11%は「疑いがある」とした。
特に、2016年大統領選に向けた共和党の指名争いに名乗りを上げている不動産王ドナルド・トランプ氏の支持層では、オバマ大統領が米国出身であることを疑問視する見方が根強く、大統領はイスラム教徒だと信じる人も54%と過半数に上った。

一般教書演説の準備は早くも12月に始まり、政策に関わる助手たちは、さまざまな国内外の政策課題に関する膨大な量のブリーフィング会議向けの資料ファイルを作成。

エピソードを助手たちが収集。そしてこの後に作られる最初の草稿作成時が最も多くの徹夜組を出すとか。その後は、その週のうちに5~6回の書き直しを経て最終的な原稿に仕上がります

1