1. まとめトップ

秋華賞に直結する有力なトライアルレース!ローズステークス 関連情報

春の実績馬が休み明けでも好走するローズSですが、叩き台として秋華賞で巻き返す馬(アパパネ、メイショウマンボ)もいるだけにその取得が難しくもあるローズS。また、10番人気以下の馬の劇走も多いだけに、馬券的には難しく高配当が望めるレースです。

更新日: 2016年09月18日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 999 view
お気に入り追加

■オークス馬シンハライトが2冠へ弾み

9月18日の阪神11Rで行われた関西テレビ放送賞第34回ローズS(3歳オープン、牝馬限定、GII、芝・外1800メートル、15頭立て、1着賞金=5200万円)は、池添謙一騎手騎乗のオークス馬シンハライト(栗東・石坂正厩舎)が1番人気に応え、秋華賞(10月16日、京都、GI、芝2000メートル)での牝馬2冠獲得へ弾みをつけた。タイムは1分46秒7(重)。ハナ差2着のクロコスミア(11番人気)、さらに1/2馬身差で3着のカイザーバル(6番人気)までが、秋華賞の優先出走権を獲得。桜花賞馬ジュエラー(2番人気)はシンハライトとの2強対決と目される中、11着に敗れた。

シンハライトは中団より後ろでレースを進めて外から豪快に脚を伸ばし、逃げ切り寸前だったクロコスミアをゴール前で捕らえた。

 シンハライトは、父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父シングスピールという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は6戦5勝。重賞2016年チューリップ賞(GIII)、オークス(GI)に次いで3勝目。ローズSは、石坂正調教師は12年ジェンティルドンナ、15年タッチングスピーチに次いで3勝目、池添謙一騎手は11年ホエールキャプチャに次いで2勝目。

■過去10年の傾向から

☆人気 1番人気は4勝、2着2回、3着1回と堅実だが、7番人気以下も2勝している。

 ☆前走 勝ち馬7頭までがオークス以来で、07年ダイワスカーレットは桜花賞以来。夏場を使って勝ったのは、昨年タッチングスピーチの1頭だけ。

 ☆枠番 6番が最多3勝を挙げる。勝ち馬7頭までが8番より内。

 ☆生まれ 1~2月生まれが6連勝中。

 結論 ◎ジュエラー ○シンハライト ▲カイザーバル

■末脚非凡なラベンダー 2強斬りへのカギは距離延長

ローズSに出走するラベンダーヴァレイは前日の馬場が重かったため唯一、木曜追いを選択した。初コンビの浜中を背に朝一番のCWコースへ。ゴールデンローズ(3歳未勝利)の5馬身後方で折り合いに専念するが鞍上がなだめるのに苦労するほどの行きっぷり。それでも直線で内に入ると、並ぶ間もなく抜き去り2馬身先着。追うところなく、ラスト1F12秒2の切れ味を発揮した。

「体調は悪くなさそう。ハミが抜けるタイプじゃなくずっと(手綱を)引っ張る感じになる。1200の切れを、1800の距離でどう引き出せるか」と浜中。今回は初めての距離がポイント。1200メートルを使った後だけに折り合い面に不安が残る。藤原英師は「前走は賞金加算したくて小倉に持っていった」と明かす。600メートルの距離延長について「マイルまでならいいが、1800になるとどうか。たかが200、されど200やな」と慎重な姿勢を崩さなかった。

 チューリップ賞はシンハライト&ジュエラーの“2強”に次ぐ3着。桜花賞(6着)も大きく崩れておらず、世代トップクラスの能力を秘めている。2強が休み明けで出走するだけに、夏場に使われたアドバンテージは強み。師は「前走輸送して減った体(16キロ減)は戻っている。小さい馬だし良馬場でやりたい。壁をつくって、うまくコントロールできれば」と鞍上に託した。浜中は「馬の後ろで折り合い重視がいいかな。内枠の方がいいね」とイメージ。非凡な末脚を引き出し、2強に襲いかかる

■ジュエラー故障の影響なし!秋はさらにスケールアップ

桜花賞馬ジュエラーの最終追いはポリトラックでクルークハイト(2歳未勝利)と併せ馬。5馬身後ろから追走。コーナリングで内からパスすると、直線はグイッとひと伸びし2馬身差をつけた。5F64秒8~1F11秒2の好時計。騎乗した仲田助手は「併せ馬でしまいを伸ばす指示。間隔が空いていたのでもう少し鈍いかと思ったけど、前の馬を射程圏に入れたらスイッチが入った。反応は凄く良かった」と伝えた。

ここまで4戦全て上がり3Fは最速。桜花賞は極限ともいえる3F33秒0。4角17番手から鼻差でシンハライトを捉え桜の女王に輝いた。その後、左前第1指骨剥離骨折が判明。休養を取って秋に備えた。「元から大きい馬(桜花賞時494キロ)だけど、少し幅が出たかもしれない」。まだキャリア4戦。その分、伸びしろはたっぷり。ライバルのシンハライトと三たび激突。舞台は桜花賞と同じ仁川。勝利は絶対に譲れない。

■レッドアヴァンセ 成長ぶりを実感

レッドアヴァンセは桜花賞、オークスとも7着と振るわなかった。そこからひと息入り「春と比べて見た目、体が少し大きくなったかな」と音無師も成長ぶりを実感。1週前は坂路で4F51秒9~12秒5の時計を出した。「(武)豊が乗って、無理せずこの時計が出た。現状は準オープンだし、賞金を加算したい。何とかきっかけをつかんで、ひと皮むけてくれればいいんだけど」と順調な仕上がりをアピールした。

■フロムマイハート 2強にひと泡

阪神の秋華賞トライアル「第34回ローズS」で一発を狙うのがフロムマイハート。春の疲れもすっかり癒え、得意舞台で“2強”に挑戦状を叩きつける。

 フロムマイハートは昨年12月に2戦して、年明けから5戦を消化するタフなローテーションだった。スイートピーS2着でオークスの出走権をつかみ、本番は16着に敗れた。吉永助手がスプリングシーズンを振り返ってくれた。

 「春は一生懸命、仕事をしてくれた。オークスの2400メートルは長かった。距離はそれより短い方がレースしやすい。輸送が続いたのも厳しかったです」

 オークス後は放牧に出され、春の疲れをリセットした。馬体もひと回り大きくなって戻ってきた。ローズSへ向けてきっちりと攻めを積んでいる。

 「馬体的にも精神的にもいい夏休みになった。馬体が増え、ひと夏を越して力強さが出てきたし、精神的に大人になりました」

1週前は初コンビとなる和田を背にCWコースで併せ馬。ここまでは坂路中心の調整だったが“ビシッとやりたい”という考えのもと、コース追いを選択。5F68秒2~12秒0でしまいはシュッと伸びた。

 「和田騎手も“乗りやすいし、いい馬”って言ってくれてました。先週にしっかりやっているので、最終追いはサッとやるくらいだと思う。きっちり間に合った感じ。上は賞金を持っているし、ここで秋華賞の出走権を取りたいですね」

 さらに阪神の1800メートルも好材料。2走して1着2着1回のオール連対と良績を残している。舞台替わりは歓迎のクチだ。

 「得意な距離で得意な場所だし、持ち味を生かしたレースができればいい」

 条件は好転する。結果を出してきた阪神、この距離で秋の飛躍を期す。意地でも秋華賞へ―。この思いがスパイスとなれば期待も倍加するところ。2強にひと泡吹かせて“勝負駆け”を成就させる。

■16年出走馬情報

今年はオークス馬シンハライト(栗東・石坂正厩舎)VS桜花賞馬ジュエラー(栗東・藤岡健一厩舎)という“2強”対決の図式。シンハライトは5戦4勝2着1回と、デビュー以来パーフェクト連対を誇る。唯一の黒星となった桜花賞も、先に抜け出したところをジュエラーに目標にされ、ハナ差で惜敗したもの。常に強い競馬を続けてきた。

 父ディープインパクト譲りの抜群の切れ味のみならず、馬群にひるまず、並んでも強い牝馬らしからぬ勝負根性がこの馬のセースルポイントだ。中間は坂路で鋭意調整。先々週、先週と併せ馬で先着しており、最終追い切りで態勢は整うはずだ。

対するジュエラーは左前脚の骨折によりオークスへの出走はかなわなかったが、幸い程度は軽く、ひと足早く秋に照準を定めて調整することができた。中間の時計は6本と丹念な乗り込み。ここまでの調整は順調だ。こちらも4戦2勝2着2回と連対率は100%。前記シンハライト同様、接戦に強く、鋭い末脚を武器にしている点も共通する。5カ月のブランクは気になるが、力勝負になる阪神の外回りなら舞台に不足はない。

この2強に割って入るとすれば、筆頭候補はアットザシーサイド(栗東・浅見秀一厩舎)だろう。桜花賞では、2強に次ぐ3着と好走している。続くオークスは11着と崩れたが、距離が長すぎたことが敗因。1800メートルは未経験だが、距離短縮は好材料であることは間違いない。GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)5着と桜花賞の内容から、阪神での巻き返しが期待できる。

能力的にはデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎)も侮れない。昨秋のGIIIアルテミスSでは、後に阪神JFとNHKマイルCを勝ったメジャーエンブレムを撃破している。末脚一辺倒の脚質でアテにできない面はあるが、流れが向けばアッといわせるシーンもありそうだ。

穴っぽいところではカイザーバル(栗東・角居勝彦厩舎)が面白い。阪神で全2勝をマークするコース巧者で、2走前、今アイと同じ舞台で行われた君子蘭賞を快勝している。休み明けの前走、道新スポーツ杯(0秒3差6着)は折り合いを欠いたが、ひと叩きされて上昇気配。落ち着きも出ており、今回はスムーズに折り合いもつくはずだ。桜花賞馬ダンスインザムードを母に持つ良血馬だけに、ここで大仕事をやってのけても全く不思議はない。

ほかでは、クリストフ・ルメール騎手と新コンビを組む桜花賞5着馬アドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎)、芝1800メートル【2・3・0・0】のフロムマイハート(栗東・宮本博厩舎)、重賞勝ち馬4頭を兄に持つ血統馬レッドアヴァンセ(栗東・音無秀孝厩舎)、同じく兄に多くのオープン馬を持つラベンダーヴァレイ(栗東・藤原英昭厩舎)なども上位を狙える存在だ。

■女傑の道半ばシンハライト“殿堂馬”目指し2冠獲り

阪神の秋華賞トライアル「第34回ローズS」ではオークス馬シンハライト、桜花賞馬ジュエラーのクラシックホース2頭が早くも激突する。

 オークス馬シンハライトが入念仕上げで秋初戦に臨む。ちょうど1カ月前から坂路で時計を出しており、帰厩後も休みなく乗り込まれた。石坂師も順調な仕上がりを口にする。

 「いい意味で変わってないですね。順調にきていますし、しっかり走れると思う。1週前の追い切りもしまいを仕掛ける感じで十分でした」

その1週前追い切りは坂路でゼンノブレーメン(4歳500万)と併せ馬。4F53秒5~1F12秒7で僚馬にきっちり2馬身先着した。パートナーの池添も手応えをにじませる。

 「先導馬の後ろにいて反応を見ました。息遣いは大丈夫だったし、順調なのが一番ですね。うまく夏を越して体もふっくらしている。乗り味は文句をつけることないし、相変わらずいい走りをしています」

 石坂厩舎としてもこのレースは昨年Vのタッチングスピーチからの連覇が懸かる。この日、顕彰馬に選出されたジェンティルドンナは4年前にここを勝って3冠馬へと羽ばたいた。そんな名馬の道を追いかけるべく、2冠を目指しシンハライトも初戦から全開パフォーマンス。オークス馬の意地を見せる。

■新鋭調教師に贈るG1切符 秋にときめくフォールインラブ

フォールインラブは旧田中章厩舎の所属馬で21日から、新規開業する寺島厩舎所属となる。木村助手は「結果を出して(寺島師に)いいプレゼントになればいいんですけど」。秋華賞の出走権をゲットできれば、この馬でG1初挑戦の可能性もある。

 北海道で3戦を消化。「北海道では落ち着いていて、成績が出ました。先週は古川君が乗って、いい時計で上がってきた。十分やれているし、今週はサッとですね」。夏場にうまく使われてきた強みを生かしたい。

■ジュエラー5か月ぶりの実戦 こちらも2冠へ万全のデキ

藤岡厩舎は日曜のセントウルSでビッグアーサーが勝ち、勢い十分。今週はジュエラーがスタンバイ。石川厩務員は「何とか続ければいいですね」と話した。

 骨折もあり5カ月ぶりのレースになるが、休んでいる間に精神面に進境があった。「以前はちょっとしたことでドキドキしていたけど、春より落ち着きがありますね。力自体は出せる仕上がり。オフもスイッチが切れているし、いいと思う」。ちょっぴり大人になった桜花賞馬が2冠に向け復帰戦に臨む。

1 2 3





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど