1999年(平成11年)に公布・施行された「国旗及び国歌に関する法律」(国旗国歌法)の規定によれば、旗の形は縦が横の3分の2の長方形。日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心。色地は白色、日章は紅色とされている。ただし上下・左右対称で方向性はない。

出典日本の国旗 - Wikipedia

そう、日章の色は、国旗国家法によれば、赤色ではなくあくまで紅色なのです(とはいえ、赤色と紅色がどう違うのかは個人的によくわからないのですが…)。

日章旗の
 
 「3分の2の長方形(縦横比2:3)」
 「日章の中心は旗の中心」とされているため「上下・左右対称で方向性はない」

という点については、次のコメントも参照アレ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「赤」と「白」の2色だけで構成されている世界の国旗 【雑学・豆知識】

日本の国旗といえば、白地に赤丸の描かれた「日の丸」。デザインもシンプルなら、色も赤と白の2色だけでかなりシンプル(現在、1色の国旗はないので、2色旗は最も色数の少ない国旗となります)。本まとめでは、「日の丸」のように赤色と白色の2色だけで構成される国旗を集めてみました!

このまとめを見る