1. まとめトップ

貧乏から大富豪へと駆け上ったアジアの成功者 ファッション業界で富豪になった成功者

世の中に数多く存在する大富豪のうち、貧乏生活から大成功を収めた4人のアジア人を紹介する。

更新日: 2015年09月17日

1 お気に入り 3878 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

貧乏から大富豪へと駆け上ったアジアの成功者4人

世の中に数多く存在する大富豪のうち、貧乏生活から大成功を収めた4人のアジア人を紹介する。今やかつての貧しさなど想像もできないくらいの富豪となった彼らだが、その裏ではそれぞれ様々な苦労をしてきたようだ。

父亡き後、家族を養うために学業を断念した香港実業界の大物リ・カシン(総資産271億ドル)

1940年代に家族と共に中国本土から香港に移り住んだカシン。15歳のときに父が亡くなり、一家の生活は彼の肩にのしかかった。1950年長江実業を起業。プラスチック製造業から始まり不動産業に発展した同社は香港最大の企業に成長した。

■時給1ドル20セントの皿洗いバイト学生だった実業家シャヒド・カーン(総資産44億ドル)

今や世界屈指の大富豪となったカーンだが、パキスタンから渡米した当時は、イリノイ大に通うかたわら皿洗いのアルバイトで生計を立てていた。カーンは現在、民間企業として全米最大級の自動車製造会社フレックスNゲート、NFLアメフトチームのジャクソンビル・ジャガーズ、英プレミアリーグのフラムFCのオーナーである。

■3つのアルバイトをかけ持ちしていたファストファッションForever21の創始者ドウォン・チャン(総資産65億ドル)

妻のジンスクと二人でForever21を起業したドウォン・チャンだったがその道のりは常に険しいものだった。1981年に韓国から渡米してきた当時、ドウォンはビルの管理人、ガソリンスタンド店員、コーヒーショップ店員の3つの仕事をかけ持ちして家計をやりくりしていたが、1984年ようやく1号店のオープンにこぎつけた。

Forever21は今や世界各地に480店舗を展開し、年商30億ドルを稼ぎ出す一大ファッションチェーンに成長した。

■インド貧困家庭出身の鉄鋼王ラクシュミー・ミッタル(総資産123億ドル)

鉄鋼メーカー、アルセロール・ミッタルのCEO兼会長のミッタルは、1950年インド北部ラジャスタン州の貧しい家庭に生まれた。20年以上にわたる鉄鋼ビジネスとディスカウント卸売業で財を成した彼は、今や世界最大の製鋼企業を経営するケタ違いの億万長者である。

ファッション業界で貧乏生活から富豪になった成功者3人

世界に数多くいる富豪、成功者のうち、ファッション業界で成功を収めた3人を紹介する。いずれも、誰もが知っている世界的ファッションブランドを創業・買収した人ばかりだが、もしかしたらブランドのことは知っていても、彼らのことは知らない人もいるかもしれない。

ドウォン・チャン(Forever21創業者、総資産65億ドル)――3つのアルバイトをかけ持ちしていた

パリス・ヒルトン(左から3人目)らと記念撮影するドウォン・チャン氏

1981年に韓国から渡米、ビルの管理人やガソリンスタンド店員、コーヒーショップ店員の3つの仕事をかけ持ちして家計をやりくりしていたが、1984年に1号店をオープン。妻のジンスクと2人で起業したForever21は今や世界各地に480店舗を展開し、年商30億ドルを稼ぎ出す世界的なブランドに成長している。

ラルフ・ローレン(ラルフ・ローレン創業者、総資産68億ドル)――ブルックス・ブラザーズ店員

本名ラルフ・ルーベン・リフシッツ。1939年米NY生まれ。ブロンクスの高校を卒業、大学を中退して米陸軍へ。ブルックス・ブラザーズの店員として働くが、「幅広で華やかなデザインのネクタイがウケる」と直感し、1967年に独立。彼のデザインするネクタイは50万ドルを売り上げる大ヒットに。

フランソワ・ピノー(ケリング創業者、総資産142億ドル)――貧乏ゆえにいじめられて高校を中退

1 2