1. まとめトップ

【イタリア料理】自宅で作る!本格イタリアンレシピ集

イタリア料理は、おもてなし料理にぴったりですよね。

更新日: 2017年09月06日

32 お気に入り 166324 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tarokunnさん

お洒落なイタリア料理をぜひ家庭で^^

難しそうにみえますが、和食より味付けは簡単だったりします。イタリアンをぱぱっと作れる人はオシャレですよね。

アンティパスト・スープ

チーズとジャガイモだけで簡単に作れるので、付け合わせだけでなく、おやつにも最適です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/429672/

大人も子供も大好きなライスコロッケ。実はシチリアのパレルモの有名な一品です。大量に作るので、パーティーなどには重宝します。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4723/

シェフの話: うちの子度もたちが大好きな、伝統的なイタリアのおかず。
http://allrecipes.jp/recipe/708/--------------.aspx?o_is=LV

イタリアにもキッシュはありますが、キッシュとは言わず、トルタサラータと言います。そして、中身もフランスの伝統的なものとは異なり、イタリアならではのものも多いです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/384592/

簡単レストランの味! スフォルマートは一見難しそうですが、とても簡単なお手軽野菜ディッシュです。ベジタリアンメニューにも最適です。
http://allabout.co.jp/gm/gc/390989/

ポルペッティは肉団子のような大きさに丸めたもの。今回は、ナスを使って丸めたポルペッティを揚げて頂くナスコロッケです。とろとろナスがほわほわのコロッケの仕上がりは新食感ですが、病み付きになる美味しさ。ベジタリアンメニューです。http://allabout.co.jp/gm/gc/416728/

熱々はもちろん、冷めてもおいしいので、パーティーにもぴったり。
ホールのままどーんと出して、お客様の目の前で切り分けるのもゴージャスな演出かもしれません。イタリアでは、ピクニックのバスケットに必ず入る、おにぎりのような存在です。
http://www.nisshin.com/entertainment/italian/recipe/primo/pr002.html

ピッツァ生地に海藻を入れて揚げたもので、ナポリならではメニュー。
イタリア人も他の西欧人と同じように、海藻を食べませんが、ゼッポリーネだけは特別です。
http://www.nisshin.com/entertainment/italian/recipe/antipasto/an002.html

イタリアにいたときに毎日のように食べていたサラダです。とっても簡単で、とってもおいしいです! お客様を招いたときの前菜にもなりますし、軽いランチにもなります。パンと上質のオリーブ油を添えてどうぞ。
http://allrecipes.jp/recipe/2784/----------.aspx?o_is=Hub_TopRecipe_3

北イタリアの定番、アスパラのにんにく炒めのレシピ。私の家族のお気に入りです。
http://allrecipes.jp/recipe/1363/-------------.aspx?o_is=LV

シェフの話: 数年掛かりで試しながら完成したおいしいイタリアのオードブルです。
http://allrecipes.jp/recipe/3298/------------.aspx

パプリカをふんだんに使ったスープです。生クリームを使用しなくてもクリーミーに仕上がるので、まるでポタージュのよう! ブイヨンいらずの野菜だけの甘みがたっぷりのスープです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/429671/

イタリアンソーセージ、にんにく、トマト、赤ワイン、トルテリーニと具だくさんのスープです。イタリアの台所のおいしい材料が一杯です。
http://allrecipes.jp/recipe/3024/---------------.aspx?o_is=LV

寒い日に体があたたまるイタリアン風スープ。短時間で簡単にできます。ドライハーブの代わりに新鮮なハーブを使っても。仕上げにすりおろしたペコリーノチーズをかけても美味しいです。
http://allrecipes.jp/recipe/1783/-----------------.aspx?o_is=LV

シェフの話: この具だくさんのスープに、硬いパン、サラダ、おいしい赤ワインをプラスすると特別なディナーに変身!
http://allrecipes.jp/recipe/2535/----------.aspx?o_is=LV

パスタ・リゾット・ピザ・グラタン

イタリア中部・アブルッツォ地方で好まれるラグーソースをパスタと組み合わせました。
ショートパスタのミッレリーゲ(リガトーニ)はリッチなソースと好相性です。
http://www.nisshin.com/entertainment/italian/recipe/primo/pr027.html

卵液にスパゲティを加えたら火にかけずに手早く混ぜるだけ。これがクリーミーに仕上げるコツ。
http://www.orangepage.net/recipes/detail_126761

肩のこらないおもてなしパーティに、いかがですか。卸しチーズとパセリをあしらい、香りを添えてくださいね。アラビアータとは、イタリア語で”怒りんぼ”の意味。ピリッと辛味のきいたソースがその由来です。
http://allrecipes.jp/recipe/1440/----------.aspx?o_is=LV

市販のニョッキを使って、簡単に、そして速く出来る素朴な料理です。お好みで自家製のニョッキを使ウことも出来ます。少し時間が掛かりますが、意外に簡単に作れますよ。
http://allrecipes.jp/recipe/3055/-------------.aspx?o_is=LV

このカルボナーラは子供の時から食べている思い出の味です。熱々のうちに、たっぷりのパルメザンチーズとパセリを添えてください。
http://allrecipes.jp/recipe/2879/---------.aspx?o_is=LV

簡単で美味しい、イタリアンの定番レシピ。ベーコン(又はパンチェッタ)の旨みを生かし、にんにくとバジルの香りをきかせたトマトソースのパスタです。
http://allrecipes.jp/recipe/1263/--------------.aspx

簡単で、あっさりしたパスタ料理。アスパラガスが旬の時期に、ぜひお試しくださいね。
http://allrecipes.jp/recipe/1709/---------------------.aspx?o_is=LV

ポリの名物アッラプッタネスカは‘娼婦風’の意味。トマトとニンニクに、アンチョビ、ケッパー、オリーブ、鷹の爪を入れて煮込んだソースです。
http://allrecipes.jp/recipe/1761/--------------------.aspx?o_is=Hub_TopRecipe_1

おなじみのペペロンチーノに季節の野菜をプラスしたシンプルなパスタです。
菜の花のほろ苦さが風味のポイント。
http://www.nisshin.com/entertainment/italian/recipe/primo/pr019.html

シェフの話: チキンとアスパラガスが入った、おいしくて本格的なイタリアンリゾットです。白ワインとの相性が最高です!
http://allrecipes.jp/recipe/2846/---------------.aspx?o_is=Hub_TopRecipe_5

1 2

関連まとめ