1. まとめトップ

果物の王様“アボカド”の美容効果がやっぱりすごい♡アンチエイジンングにアボカドを使おう!

健康にとても良く森のバターと呼ばれているアボカド。美容成分も多く含まれてる事から美容にも注目されています。自宅で簡単にパックも作れます。食べて健康、塗って美容のアボカドを使ってエイジングケアしましょう!そして“種”は捨てないで育ててみてください

更新日: 2016年02月15日

7 お気に入り 2795 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kzkaycさん

▽アボカド

地球上のどのフルーツよりも栄養価が高いということで「ギネスブック」にも登録されている

美容面においても、抗酸化作用、美白効果があり、老化防止に効果の高いビタミンE、美肌を作るビタミンC、肌や髪の成長を促すビタミンB2を含むなど、その効果は絶大

ネイティブインディアンは、アボカドを食用だけでなく、化粧用、頭皮やボディーのケアとして古くから使用されてきました。

▽アボカドに含まれる主な成分

ビタミンB2

脂肪を分解する、皮膚の健康を維持するという効果が期待できる

食物繊維

アボカド1個にはごぼう1本分に相当する食物繊維が含まれている

葉酸

細胞を作るために欠かせない栄養素。特に妊娠初期の女性には必須の栄養

カリウム

余分なナトリウム(塩分)を体外に排出する栄養素

不飽和脂肪酸(リノール酸、リノレン酸)

血液中の悪玉コレステロール値を下げる

グルタチオン

肝臓で働く抗酸化物質。肝臓を傷つける活性酸素を除去し、肝機能の低下を防止する。

▽アボガドの4大デトックス

グルタチオンで肝臓の解毒力アップ

オレイン酸が悪玉コレステロールを減らす

食物繊維でお腹スッキリ

カリウムで水分の代謝アップ

利尿作用によって毒素の排出をスピーディーにしてくれるカリウム、尿の出がよいだけではなく、むくみも取れてスッキリします。

▽食べごろのアボカドの選び方

ヘタの周りが皮から浮いてきて、取れそうなくらいなものは食べ頃です

手に持ったとき、吸い付くような弾力があるものが食べ頃です

アボカドは、皮の色が黒褐色で、ハリとつやがあるものを選びましょう。

果実全体が柔らかくなったら食べごろです。まだ果実全体に固さがあるときはリンゴやメロンなどと同じ袋に入れると早く熟れると言われています

▽保湿効果が良くしっとり肌になる“アボカドパック”の作り方

乾燥肌のざらつきや古い角質層を取るにはとても効果的

1.アボカドを潰してクリーム状にする

2.クリーム状にしたアボカドを洗顔をした肌全体に塗る

1 2