1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

森永乳業、ビフィズス菌A1がアルツハイマー病を抑える可能性を確認 | 財経新聞 zaikei.co.jp/article/201802…

【人気ニュース】 森永乳業、ビフィズス菌A1がアルツハイマー病を抑える可能性を確認 zaikei.link/QDrPD1 #人気 #話題 #ニュース #news

ダイエット

ココナッツオイルを毎日摂るだけで体内のエネルギー源がブドウ糖からケトン体に変わる『ケトン体回路』が作られ、痩せ体質になる効果があるのです。

ケトン体とは人間が糖質を制限して飢餓状態になった時、体に蓄えた脂肪を肝臓で分解してエネルギーに変える時にできる産物です。

ツライ糖質制限ダイエットや断食をしなくても、ココナツオイルを食べるだけで血液中のケトン体濃度を上昇させることができ、脂肪が燃えやすい体になれるケトン体ダイエット法です。

「ココナッツオイル」と「アマニオイル」だ。

中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルには、脳の活性化、ダイエット補助、認知症の予防と改善などの効果があるといわれている。クリーミーでやさしい甘みがあるので、料理に直接かけて調味油としても使えるし、加熱しても酸化しにくいため、炒めものや揚げ物、お菓子作りなどにもおすすめだ。

一方、オメガ3脂肪酸を多く含むアマニオイルは、アレルギー症状の緩和、血行促進、アンチエイジングなどに効果を発揮。フルーティーでクセがないので、そのままでも飲めるほどだが、加熱すると酸化してしまう。ドレッシングとしてサラダや冷奴、パスタなど、そのまま料理にかける使い方が一般的だという。

「食べたり、料理したりしたことがある」で約8割に当たる72人。次いで、「肌に使ったことがある」(29人)という結果になっています。「食用」と「スキンケア」で使う人が多いようです。

ココナッツオイルの食べ方で最も多かった答えは「トーストしたパンに塗って」。バター代わりにココナッツオイル-これなら、楽に試せそうですね。このほか、「炒め油として使う」「デザートに入れる」「カレーに入れる」「コーヒー・紅茶に入れる」などが挙がっています。実際に使っている人は、結構気軽に使っているようです。

ココナッツは、フィリピンでは「生命の木(Life of Tree)」と呼ばれ、水分、ミネラル、脂肪、タンパク質、炭水化物などが含まれる栄養価の高い植物として知られているのだとか。興味がある人は、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

ココナッツオイルvs.オリーブオイル

「どちらのオイルも効果があります、この勝負は引き分けですね」とグッドマンさんは言います。(中略)カロリーに関してはどちらも同じです。そしてどちらもコレステロールやトランスファットはふくんでいません。

「リンゴのココナッツオイル焼き」
「リンゴのココナッツオイル焼き」は、2014年12月にテレビ番組『SMAP×SMAP』でローラさんが紹介して話題になったレシピだ。その作り方を確認するとめちゃくちゃ簡単!

熱したフライパンにココナッツオイルを落とし、スライスしたリンゴを2分半ほど焼くだけ。最後に、ハチミツ、ハチミツ漬けのナッツ、シナモンを振れば完成という超お手軽レシピなのだ。実際に作ってみたところ、ローラさんが言う通り10分もかからなかった!

【ご飯のカロリーが半分以下になる炊き方】
1.ご飯1/2カップに対し、ココナッツオイルを小さじ1杯用意する。
2.ココナッツオイルをお湯にとき、米に投入
3.鍋で40分間炊く
4.炊き上がった米を冷蔵庫で12時間寝かせれば完成。

―以上である! ええっ? これだけでいいの??

・同じ量なのにカロリーオフになる仕組み
皆さんご存知の通り炭水化物は通常、最終的に小腸でブドウ糖とそのほかの単糖に分解され体に吸収されていく。そう、「通常は!」。

実はお米には「消化性デンプン」と「難消化性デンプン」の2種類が含まれている。うち「難消化性デンプン」は小腸では分解されにくい。つまり、お米の消化性デンプンを難消化性に変えることができれば、実質的なカロリーの摂取量を減らすことができるというのが研究者の考えだ。

そこで活躍するのがココナッツオイル。ココナッツオイルは、お米の調理中にデンプンの粒に入り込み、その構造を消化酵素に耐性がでるように変えてしまう。つまり、消化されにくいご飯ができるというわけである。

13b

パーム油は大腸がんや糖尿病の危険

 しかし、安全だとして代替に使われている油もトランス脂肪酸に劣らぬ危ない油なのです。それはパーム油です。日本では家庭で使われることがほとんどないため認知度は低いのですが、すでに日本人は平均で年間4kgものパーム油を摂取しているのです。

 パーム油はアブラヤシの実の果肉部分を原材料とした半固形の植物油で、今流行のココナツオイルとは別ものです。インドネシア、マレーシア、タイが主な原産国で、収穫量は菜種の70倍と桁違いに多く、年間を通して安定して収穫ができるため、森林を伐採して栽培面積は増えています。

1