1. まとめトップ
  2. 雑学

もっと周知が必要かも…「ヘルプマーク」について知っておこう!

外見からはわからない障害を持つ人のための「ヘルプマーク」。じわじわ認知されていますが、まだまだ知らない方もたくさんいるようです。いったいどんなマークなのか。マークを付けている人にどう接したらいいのか。まとめてみました。

更新日: 2015年09月17日

potekoroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
143 お気に入り 67946 view
お気に入り追加

ヘルプマークとは?

援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

杖をついていたり、車椅子に乗っているなど、障害が見た目に明らかであれば、電車などで席を譲ってもらうなどの配慮を受けやすいのですが、障害が目に見えにくいために人知れず困っている人もいるのです。

そういった方たちが、周りの人に、自分が困っていることを知ってもらいたい、助けてもらいたいという気持ちがあるときに、それがわかるようなマークをつくれないかというのをコンセプトにしています。

赤地に白の十字とハートが縦に描かれたヘルプマークは、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない人に向けて、東京都が配布しています。

マタニティーマークが妊婦であることを周囲に知らせるように、ヘルプマークは、援助を必要としていることを周囲に知らせることを目的として作成

こんな人たちがヘルプマークを身に付けています!

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

拡散希望。線維筋痛症という全身に痛みがある病気で痛みで立っていられなかったり動けなる人がいます。 ヘルプマークをつけていますが、席を譲ってもらうことはありません。知られていないヘルプマーク、援助や配慮を必要とする方がつけています。 pic.twitter.com/VVYlUzdd0U

@rio0486 @shubunri うちの兄嫁も線維筋痛症で見た目は普通ですが、立っているのが辛いのでヘルプマークをつけています。 ただこれが通用するのは東京都のみ。 全国で共通にしてほしいものです。

倒れてから2年ぶりに1人での初外出!親に心配そうについて行こうか?言われたけど、自立練習しなきゃ……満員電車緊張する〜(>人<;)でも、いざという時のために症状と連絡先書いたヘルプマークをカバンの中に忍ばせたから少し安心……行き倒れにならない事を祈るw

昨日、りんごサンが教えてくれた「ヘルプマーク」ストラップを早速貰いに行ってみました。席を譲られたいってアピールじゃなく、どーしても腹痛で座るトコが優先席しかない場合に 自分の中の気まずさを少し緩和してくれるアイテムだと思います。 pic.twitter.com/PjoKe7GQLb

ヘルプマークを付けている人を見つけたら

ヘルプマーク自体、「なにかあったら助けて欲しい」という広い意味を想定しています。

ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

ヘルプマーク付けている方見かけたらとりあえず「お手伝いすることはありますか?」みたいな風に聞いてくださればいいと思われ。必ずしも「電車の席を譲れ」とかでなく、例えば「高い場所の商品を取って欲しい」とか障害によって手伝って欲しいところが違うからな…。

また、災害時や緊急時などにも支援が必要となる場面があるかもしれません。ヘルプマークをつけている人は、あなたの思いやりのある行動を待っていますよ。

でも、まだまだ周知が足りないのが現状

2015年3月現在で約75,000個を配布しました。

じわじわと普及してはいるものの、まだまだ認知度はそう高くないのが現状です。

義足、人工関節、妊娠初期、難病…など、見た目では分からない障害を持った人に優先的に席を譲る目印「ヘルプマーク」誰も意味を知らなければ、持ってる意味がない。もっと認知度があがって欲しい。 Jishigami pic.twitter.com/pmSD1bXRTB

1 2





potekoroさん

シンプルでわかりやすく役に立つまとめ、ポジティブで読むと少し元気がでるようなまとめを目指しています。
なるべく更新していきますので、気になる記事はお気に入り登録していただけると嬉しいです。