1. まとめトップ

写真で分かる!スポーツクラブの定番 "トレーニングマシン"

フィットネス・ジムに行くといろんなトレーニングマシンがあって、なんだかテンションがあがりますよね。そんな定番のマシンの名称や効果などをまとめました。

更新日: 2015年09月18日

rakudaislandさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
103 お気に入り 456834 view
お気に入り追加

▼ トレッドミル

トレッドミル(英語:treadmill)とは、屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具。ルームランナー、ランニングマシン、ジョギングマシンなどとも呼ばれる。また、歩行用の低速のものはウォーキングマシンとも呼ばれる。

各人のペースに合わせて有酸素運動ができ、痩身や持久力向上に役立つ。筋力トレーニングほどの強度はかからないため、筋肥大の効果は期待できない。

▼ エアロバイク・サイクル

エアロバイクというとダイエットや体力維持、
健康維持の目的のために室内で行う運動器具をすぐに連想します。

しかし英語ではエアロバイクという言葉はなく、
同様の意味の言葉では「exercise bike/エクササイズバイク」または「Stationary bike/ステーショナリーバイク」となり、
実際に日本でエアロバイク呼んでいる固定し自転車型のトレーニング器具のことは外国ではそのように呼ばれています。

▼ クロストレーナー

クロストレーナーとは、ハンドルを握ってペダルとともに前後に動かすマシンである。 クロストレーナーは、下半身を中心に鍛えることのできる有酸素運動である。 ハンドルは握っても握らなくても良く、ペダルだけは動かす。 腕の筋肉なども同時に刺激したい場合は、ハンドルを握って運動すると良いとされている。

エアロバイク運動やウォーキング運動とステップ運動をクロストレーナー1台で行えるマシンです。 (...中略...) 背中やヒップライン、肩や二の腕・おなかのシェイプアップには効果的です。

クロストレーナーは、トレーニング機器の中で一番体にやさしいマシーンになります。(...中略...) クロストレーナーは、着地衝撃がないためその衝撃がゼロ。

▼ ステアクライマー

ステアクライマーは有酸素運動のマシン。
階段の上り下りのように体を上下に動かすことで下半身を運動させるマシンで持久力をアップさせることができる。

ステアクライマーを使うメリットとして、階段昇降やステップマシンよりも運動強度を高くできる点が挙げられます。

体幹の筋肉を継続してたくさん使う事によって、お腹周りの脂肪は燃えやすくなります。(...中略...) この動作を有酸素運動としてするのに適した運動は "階段登り" という事になります。

▼ アブドミナル

両肘用パッド、2つのバックパッド、ハンドグリップの組み合わせにより、動作中の上半身の姿勢を安定させます。
ユニークな設計のクランチスタイルにより、無理なく、自然に最大限の腹直筋の収縮動作が可能です。

腹筋のマシーンと言えばコレ。(...中略...) マシンなので握力や他の部位への負担が少なく、ほぼ腹筋のみを使う。

▼ アブクランチ

腹筋を鍛える。アブドミナルと名前も見た目も似ている。

腹筋を鍛えることが可能です。腹筋を鍛えることで体幹部を強化し、腰痛の予防やバランス力の向上が期待できます。

▼ ロウアーバック

この画像だと使い方のイメージが沸きにくいが、背筋を鍛えるマシン。

▼ チェストプレス

チェストプレス(chest press)は、ウエイトトレーニングの種目の一つ。大胸筋の筋肥大を促し、筋力を高めることができる。

アームが上部から伸びるタイプもある。

(インクライン・チェストプレス, デクライン・チェストプレス)

【鍛えられる筋肉】主:大胸筋(胸)、補:三角筋前部(肩の前面)、補:上腕三頭筋(二の腕の裏側)

【効果】●男性は胸板が厚くなる ●女性はバストアップする

加えて、胸が大きくなる事で相対的にウエストが細く見える、筋肉が増える事で基礎代謝が上がり太りにくく痩せやすい体質になる

▼ ラットプルダウン

ラットプルダウンとは広背筋(Lat)の筋力によって、頭上にあるバーを引っぱり下げる筋力トレーニング種目です。

1 2 3





rakudaislandさん

地元静岡のニッチな情報を中心に、興味のあることを幅広くまとめています。
まとめの感性にビビビっときたら、お気に入り登録してもらえるとうれしいです^^;