僕の母の実家は、長野の山奥にある。信州新町という町から奥に入って行った所なんですけど。僕がまだ小学校3年生くらいの頃だったかな?

その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。そこは山と田んぼと畑しかなく、民家も数軒。交通も、村営のバスが朝と夕方の2回しか通らないようなところです。

そんな何もないところに例年だったら行かないんですが、その年に限って仲の良い友達が家族旅行でいなくて、両親について行きました。

行ってはみたものの…。案の定、何もありません。

デパートやお店に連れて行ってとねだっても、一番近いスーパーでも車で1時間近くかかるため、父は「せっかくのんびりしに来たんだから」と連れて行ってくれません。

唯一救いだったのは、隣の家に僕と同じ年くらいの男の子が遊びに来ていたことでした。あの年頃は不思議とすぐに仲良くなれるもので、僕と K(仮にK君とします)は、一緒に遊ぶようになりました。

遊ぶと言っても、そんな田舎でやることは冒険ごっこや近所の探検くらいしかありません。

1週間の予定で行って、確か3日目の夕方くらいだったと思います。午後3時を過ぎて、日が落ち始めるころ。夏とはいえ、西に山を背負っていることもあるのでしょうか。田舎の日暮れっていうのは早いもんです。

僕とKは、今まで入ったことのない山に入っていってみました。はじめは人の通るような道を登っていたのですが、気が付くと獣道のような細い道に入っていました。

「あれ、なんだろ?」

Kが指差す方を見ると、石碑のようなものが建っていました。

里で見る道祖神ののような感じで、50センチくらいだったでしょうか。だいぶ風雨にさらされた感じで、苔むしていました。

僕とKはよく見ようと、手や落ちていた枝で苔や泥を取り除いてみました。やはり道祖神のような感じでしたが、何か感じが違いました。

普通の道祖神って、男女2人が仲良く寄り添って彫ってあるものですよね?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

このまとめを見る