当代に活を入れて返した後に暫く進むと、何かとすれ違った。曾爺ちゃんには姿は見えなかったが、多分彼女らの誰かだろう。

その気配は当代を追うわけでもなく、また、自分を追う様にも感じなかったので、気を落ち着けながら先へ進むことにした。

山の斜面を這うように進む山道を歩いて行くと開けた場所があり、斜面に沿って卒塔婆や墓石が並んでいるので、ここがその墓地だろうと感じて中に入った。

すると、多くの盛り土の墓の内に、この墓がそうと分かるくらいの存在感がある墓が3つあったらしい。

曾爺ちゃんはそこで経をあげて供養を試みたが、ずっと空気が重く、どっからか視線をずっと感じる。

『無理だな~業が深い』と思って、屋敷まで引き上げる事にした。

屋敷まで戻った曾爺ちゃんは、当代に「供養試みたが、このままでは祟りは収まらない」と言った。

そして、

「あなた方は業が深いので、言えないことも多いと思う。

3人を死なせたのにも関わっているだろう。しかし、祟りが無かったものが何故祟る様になったのか、何でも話せる事があれば言いなさい」

と言ってみたそうだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

このまとめを見る