「個室なんてえらい豪勢だな」

と笑って語りかけた。するとAは、

「俺これでも結構金持ってるんだよ」

笑いながら答えてくれた。

俺は病気のことは全く無知だからよく知らないが、進行の早い癌だと説明された。余命3ヶ月。あまりにも突然の宣告だった。

Aは話を続けた。

「呪いだよ」

そう言い放った。俺はすぐさま

「あるわけない」

と食ってかかった。

Aも言い返す。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話【かんひも】

このまとめを見る