1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

認知症患者を対象とした大規模な研究で、アルツハイマーだという診断を受けている患者の中には実はアルツハイマーではない人がおり、治療計画を変更する必要が出てくる可能性があると発表されました。

カリフォルニア大学のMemory and Aging Centerに所属する研究者らによると、MCIと診断された患者の54.3%、非定型認知症だと診断された患者の70.5%から、アミロイドβタンパク質が凝集した「アミロイドプラーク」が発見されたとのこと。アミロイドプラークがあるからといって必ずしもアルツハイマーであるとは言えないのですが、一方でアミロイドプラークが「ない」アルツハイマー患者はいません。このスキャン結果はつまり、MCIや非定型認知症だと診断されている患者はアルツハイマーだと誤診断される可能性があるということを示しています。

Alzheimer AssociationのJames Hendrix氏は「アルツハイマーの可能性があると診断された人は、アリセプトやナメンダといった薬を処方されるかもしれません。もし彼らがPETスキャンを受け、脳にアミロイドベータが蓄積されていないことが示されればどうでしょう?彼らの主治医はきっと薬を出すのをやめて、別の方法を考えるはずです」と語っており、この調査結果によってアルツハイマー治療の方向性が変わり、不要な医療費の削減につながると研究者らは考えています。

過去数十年にわたってアミロイドプラークは検死解剖するまで発見することができなかったため、アルツハイマーの診断は患者の症状から推測されるしかありませんでした。しかし、プラークを検知するアミロイドPETスキャンが導入されるようになったことで、生きている患者に対しても脳の状態を調べて診断を下せるようになりました。また、現在は、血液検査だけで診断が下せるようになるよう研究が続けられています。

ただし、このようなPETスキャンは保険でカバーされず、3000~4000ドル(約33万~44万)と高額の費用がかかってしまうのが問題点。連邦政府機関であるメディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)は2013年、「回復の見込みがなく治療が限られている患者に変化をもたらす証拠がない」という理由から、研究のためにPETスキャン費用をカバーすることを拒否しました。しかしその後、CMSはIDEASの研究に対して100万ドル(約1億1000万円)の資金を供給しており、PETスキャンを受けた患者に対して費用を払い戻しています。研究者らは、研究によってPETスキャンの有用性を明らかにすることで、将来的にPETスキャンの費用が保険でカバーされるようになることを望んでいるとのこと。

400人もの医師が自分たちの患者をIDEASの研究に登録しており、研究では医師が患者の症状からどのような診断を下していたのかと、PETスキャンの結果、どのように治療方針を変えていったのかが記録されています。PETスキャンの前後を比べると、全体の3分の2の医師が治療プランを変更しているとのこと。Hendrix氏は「我々は、全体の30%が治療プランを変えるだろうと見ていましたが、実際には66%の医師がプランを変更していました。これは非常に大きなことです。薬を服用している患者の多くが、実際には薬を必要としていないのがわかりました」と語っています。

ココナッツオイルで揚げ物をすると、サクサクに仕上がるだけでなく、消化・吸収率や代謝率が数倍になるそうですよ

【今テレビで話題のココナッツオイル】品切れ続出! 海外セレブ御用達!一日一杯から健康法ケトン体を増やして、ダイエット!20分お口の中でくちゅくちゅ、口臭虫歯予防!続き→ bit.ly/1tDC9bn p.twipple.jp/cK2uZ

ココナッツオイルをご存知ですか?認知症やアルツハイマー病を予防したり改善したりすると話題になりましたが、実はダイエットにもいいのです!

アルツハイマー治療の間違った説

制汗剤と調理器具に含まれるアルミニウムがアルツハイマー病の原因になるというものだ。その後、シナモンがアルツハイマー病の発症を遅らせたり防いだりする効果があるという説や、赤唐辛子が効くという説、さらに、ココナツオイルがいいという説が次々と浮上した。最近、ちまたでうわさになっているのは、マリフアナが効果あり、グルテンと炭水化物はダメというものだ。

 しかし、実際の神経科学の最先端は、薬を使わずに治療できる夢のようなクリニックではない。

アルツハイマー病の脅威が増す。85歳以上の人々はほぼ半分がこの病気にかかっている。

日本では特にアルツハイマー型が多いと言われ、脳の栄養不足などについての研究が進んでいます。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、近年の研究により脳がエネルギー源として使うブドウ糖が不足したときの代替となるケトン体を効率よく作ることがわかってきました。高齢者は食が細くなることでエネルギーや栄養素が不足し、病気などさまざまな問題につながることが指摘されています。中鎖脂肪酸は効率よくエネルギーになる点に加え、脳への栄養補給やアルツハイマー予防としての効果も期待できることから、シニア層からも注目を集めています。

日本における新規アルツハイマー型認知症治療剤の国際共同第3相試験を中止-田辺三菱製薬 QLifePro医療ニュース 田辺三菱製薬は、2014年夏からフォーラムファーマシューティカルズ社が主導… 2bit.tk/Pq2Yo

アルツハイマー病の治療効果を上げるには。ケトン体を供給し続ければ、神経細胞が、その活性を保つことができるので良いのです。 その方法がココナツオイルを朝、昼、晩と一日に3回、食べるという食事療法なのです。

【DMAE (ジメチルアミノエタノール)】 短期的には知覚伝達機能が向上することで集中力、記憶力、思考力の向上の効果があり、学習能力や知的能力の改善が期待される。アルツハイマーなどの治療にも効果が上がると考えられている。 amzn.to/1hKKCgi

1