1. まとめトップ

出典ameblo.jp

別名義大久保 松恵(本名)
愛称愛珍(あいちん)
生年月日1972年10月31日
没年月日2008年12月17日
没年齢36 歳(数え37)
出身地日本の旗 日本・東京都江東区
死没地日本の旗 日本・東京都渋谷区
血液型A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重163 cm / 43 kg
BMI16.2
スリーサイズ86 - 56 - 85 cm
単位系換算[表示]
活動
デビュー1992年
ジャンルタレント、AV女優
モデル内容ヌード
備考1992年 - 2007年

元AV女優、タレントである。本名:大久保 松恵(おおくぼ まつえ)[2]。株式会社Thesis元代表取締役。東京都江東区出身。瀧野川女子学園高等学校中退。元ワタナベエンターテインメント所属。

東京都江東区の亀戸で生まれ育つ。躾に厳しく教育熱心な両親に育てられ、小学校の頃は成績が良くおとなしい子であった。中学に入学してからも成績は学年で常に10番以内を保っていたが、中学1年の頃に精神的な支えでもあった祖父が亡くなったことで精神のバランスを保てなくなり、それが原因で両親からのプレッシャーに耐え切れなくなって非行に走るようになった。
中学在学中から不良仲間と毎晩新宿等のディスコで夜遊びに耽るようになり、遊ぶお金の為に万引きやカツアゲを繰り返す生活をしていた。高校には籍を置いていたが全く通学しておらず、すぐに中退した。中学卒業後の彼氏との短い同棲生活等を経て、六本木でホステスとして働いていたところをスカウトされ、1992年にAV女優となる。芸名は水商売時代に所属していた店のママが「みんなから愛される子になるように」という願いを込めて「愛」という源氏名を付けてくれたことによる。

1990年代前半、『とんねるずのみなさんのおかげです』のスタッフととんねるずの木梨憲武が、彼女のファンであったことから、彼らの番組にハプニングゲストとしてテレビ番組初出演となる。1990年代前半、深夜番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)で、スカートをめくりTバックを見せるのが話題となり、「Tバックの女王」と呼ばれた。
1993年、「ナイショ DE アイ!アイ!」で歌手デビュー。オリコン87位。このCDには飯島が実際に着用したパンティを細かく裁断した生地が同梱されていた。
1994年頃、AV女優を引退。テレビ番組への出演等によってタレントとしての知名度が向上したことで、引退後は完全にタレント業へ転身を果たした。
また、当時の飯島側がタレント転身後に元AV女優としてのイメージを払拭しようとする戦略を取っていた事が窺え、完全にタレント業に転身してから2000年に著書『プラトニック・セックス』でカミングアウトを果たすまで飯島の元AV女優としての経歴は芸能界では公然の秘密となっており、飯島本人はもとよりテレビ番組の共演者等もその経歴について触れることは一切なかった[3]。
タレント転身以降のテレビ番組への出演の際は、露出の多い服装でボディラインや脚線美を魅せる「お色気担当」として活躍すると同時に、クイズ番組等では珍解答を連発する、いわゆる「おバカタレント」としても活躍した。

2000年、半自伝的な小説『プラトニック・セックス』でリンチ被害、AV出演や性病感染、中絶手術、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っていた。「週刊朝日」にコラム『飯島愛の錦糸町風印税生活』を執筆。また性感染症予防の啓蒙活動でも知られる。 『あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!』にゲストとして最も多く呼ばれた人物である(あんたにグラッツェ!参照[出典無効])。2000年の流行語大賞においてトップテン入選した「ワタシ(私)的には…」で、「この言葉の使い手として一番ふさわしい有名人」として授賞された[4][5]。
ゲスト出演から準レギュラーを経てレギュラーになる事が多かった。例としては『スパスパ人間学!』『決定!これが日本のベスト』『ロンドンハーツ』等がある。

1





dekodog7さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう