1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

32歳の若さ…「黒木奈々さん」の訃報に悲しみ広がる

胃がんの治療を受けていたフリーアナウンサーの黒木奈々さんが胃がんのため亡くなられました。32歳でした。ネットでも突然の訃報に悲しみが広がっています。

更新日: 2015年09月19日

55 お気に入り 660542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■フリーアナウンサーの黒木奈々さん、死去

胃がんの治療を受けていたフリーアナウンサーの黒木奈々(くろき・なな)さんが19日午前2時55分に亡くなった。

告別式は23日午前10時、東京都港区南青山2の33の20東京都青山葬儀所。喪主は父、幹宏氏。

インターネット上には「あまりにも若すぎる」「私より若いのに…ショック」「才能と実力があったのに残念」などと若すぎる死を悼むコメントが続々と書き込まれた。

▼突然の訃報に…。

アナウンサーの黒木奈々さんが亡くなられました。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-… … 高校の後輩で、知人を介し術後、お見舞いメールをさせていただきました。前向きなかわいいお返事をくださり、お目にかかれる日を楽しみにしてたのに、残念です。心からご冥福をお祈りします。

辛島と黒木さんは鹿児島県立鶴丸高校出身。

大学の先輩で同じ事務所の 黒木奈々さん 心よりご冥福をお祈りいたします。 twitter.com/sanspocom/stat…

中田アナはブログで「同じ事務所の黒木奈々さんが亡くなられたと聞いて驚きました。お会いしたことはありませんでしたが、上品で凛とした雰囲気の素敵な女性だなと思っていました。」

同じ報道の仕事に携わる者として奈々さんが元気になったら、いつかお会いして、いろいろとお話ししたいと思っていたのですが…。闘病生活は心身ともにさぞつらかったろうとお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます」としのんだ。

杉崎美香アナもブログで心境を吐露した。

快方に向かっているとばかり思っていたので、一報を聞いたときは唯唯ショックでした。心より、黒木さんのご冥福をお祈り致します」と悼んだ。

■黒木奈々さんの略歴

上智大外国語学部卒業。フランス留学を経験。

フランス留学から2004年夏の終わりに帰国。夢だったアナウンサーの採用試験を受けるために、留年した。

「在京キー局から大阪などの準キー局、地方局と全国行脚しましたが、落ち続けました。自分の行く道を否定されたようでした」。

初めて挫折を味わったという。

不採用になった大阪の放送局から、報道記者職の受験を勧められた。その試験に合格。06年4月から報道記者として働き出した

報道記者からアナウンサーへ。

退社後はセントフォースに入社。『TBSニュースバード』でキャスターを4年務めたたたき上げ。

場数を踏んでいるだけに度胸もあり、前身の『ワールドWaveトゥナイト』でサブキャスターだったのが、メーンキャスターに昇格した

改編された報道番組「国際報道2014」のメインキャスターに抜擢。

2014年4月にスタートした「国際報道2014」(NHK-BS1)のキャスター

英語とフランス語が堪能な国際派として、改編された報道番組のメインキャスターに抜てきされた。

「フリーになって7年、頑張ってきて本当によかった、と泣きました」だが、この間の懸命な苦労が、健康を激しくむしばんでいた。

1 2