1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

knowledgiumさん

援助交際

援助交際(えんじょこうさい)は、女性が金銭等を目的として交際相手を募集し、性行為などを行う売春の一形態。

18歳未満との援助交際(児童買春)だと・・・?

児童買春とは18歳未満の相手と援助交際をすることです。

児童買春をした場合、児童売春・児童ポルノ処罰法により、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処せられます。(両方が科せられる場合もあります。)

JKの年齢は15歳から18歳以下なので、18歳のJK以外と援助交際してしまったら「児童買春」という重い罪が課せられることになります。

18歳のJKならいいかというとそうではなく、都道府県にて、18歳を含む児童と児童買春した場合は処罰するという条例が定められている場合があります。

18歳以上(非JK)との援助交際だと・・・?

相手が18歳以上の場合であっても、売春防止法により、不特定の相手との売春・買春は禁止されています。

ただ、この法律は「禁止」しているだけで「罰則規定」を設けているわけではありません。ある意味、グレーゾーンと言えるでしょう。

しかし、売春防止法は公衆の迷惑となるような方法で勧誘したり、売春をビジネスとして行う行為を禁止し、これらに対しては罰則も定めています。

そのため、例えば、インターネットで「えんできるひと募集」と書き込んだら、場合によっては「公衆の迷惑」となりうるため、処罰される可能性があります。

そのため、「罰則規定がないならいいじゃん!」と思い、売春・買春してしまうと思わぬところで法律(条令)に引っかかり罰金や懲役などの罪に問われてしまうことがあるのです。

実は援助交際ではないところで逮捕される可能性も・・・

援助交際をするためには、相手に「会う」必要があります。「会う」だけでも逮捕される可能性があるのが「未成年者略取・誘拐罪」です。

この法律においては、未成年者の定義は「20歳未満」の者であり、たとえ相手に同意があったとしても親が「会う」ことに対して承認していなかった場合、逮捕される可能性があります。

実際に、愛知県にて、交際関係にあった17歳の無職の少女と22歳の会社員男性が「遊んでいた」だけで、逮捕される事例があり、ニュースなどで大きく報道されています。

何をするのも、お互い20歳以上になってからにした方が安全ですね。

1