1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まこっぴさん

グランプリは福岡県の17歳・東田真琴さん。『2016 ミス・ティーン・ジャパン』決勝大会開催(デビュー):

ミス・ティーン ジャパン2015グランプリは高校2年17歳の東田真琴さん!堂々の受け答えに押切もえも感心 dlvr.it/CCVkTN pic.twitter.com/t8hjZoLJ7P

小学校と中学校で同級生だった東田真琴さんがミスティーンジャパン2016のグランプリに選ばれたとのニュースが。東田さんにも頑張ってもらいたいですし、同級生に刺激を受けながら僕も頑張っていきたいと思います。 東田さん、おめでとうございます!

東田真琴ちゃん同じクラスなったことないけど顔は覚えてる。うん。面影あるね。 pic.twitter.com/TkHRQGwq9t

3968人の頂点 ミス・ティーン・ジャパングランプリの東田真琴さん

「ミス・ユニバース・ジャパン」の妹版コンテスト「2016 ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が20日、都内で開催され、福岡県出身の高校2年、東田真琴さん(17)がグランプリに輝いた。

全国3968人の応募から、決勝大会には14人が出場。1次審査で半分の7人に絞られ、自己PRで劇団四季ミュージカル「ウィキッド」の1シーンを演じ、歌の「ポピュラー」も披露した東田さんがグランプリに輝いた。ティアラを付けた東田さんは、応援アンバサダーの押切もえ(35)から花束を贈られると、徐々に目に涙をためて「すごくビックリしました。今まで頑張ってきて良かったです」と感慨深げだった。

将来は黒木華(25)のような女優が目標といい、「結婚されてショックでした」というほど憧れる西島秀俊(44)との共演も熱望。「深夜とかに何となく見ていても、印象に残るような女優さんになりたいです」と目を輝かせた。

ミス・ティーン・ジャパンとは?

ミス・ティーン・ジャパン(Miss Teen Japan、MTJ、ミスティーンジャパン)とは、2011年(平成22年)に始まった日本のミス・コンテスト。

ミス・ティーン・ジャパンは、世界三大ミスコンのひとつとして有名な、ミス・ユニバースの日本大会ミス・ユニバース・ジャパンの妹版大会として、またミス・ティーンUSAの姉妹大会として2011年(平成22年)から毎年開催されている。

世界で最も有名なミス・コンテストと言われる「ミス・ユニバース」。その日本代表である「ミス・ユニバース・ジャパン」は応募資格が18歳以上26歳以下であるため、その下の世代のために「ミス・ティーン・ジャパン」が創設されました。

「ミス・ティーン・ジャパン」は13歳以上17歳以下のティーンたち!
これまでにも『CanCam』専属モデルのトラウデン直美さんなどを輩出

第5回目グランプリが東田真琴さん どんな人物?

年齢17歳
身長160㎝ 体重40キロ
出身地 福岡県

■東田真琴(ひがしだ・まこと)
年齢:17歳(高校2年生)
身長:160cm
体重:40kg
スリーサイズ:80/58/82
出身地:福岡県

グランプリに選ばれた東田さんは、本と芝居が大好きな高校2年生。意志が強そうで、ハキハキとした話し方が印象的

将来の夢は女優で、審査では大好きな劇団四季ミュージカル「ウィキッド」の1シーンを披露。応援アンバサダーを務めたモデル、押切もえ(35)からは「明るさ、元気さ、朗らかさがすごく伝わってくる」、同・新川優愛(21)からも「透明感がすごい」と絶賛された。

質疑応答の際には、審査員である、女性誌『CanCam』編集部の方から「もし局アナと劇団四季のミュージカル俳優と『CanCam』のモデルのどれかになれます、他のものは諦めなければいけません、と言われた場合、どれを選びますか?」という難しい質問には「小さい頃からお芝居をすることが夢なので、劇団四季のミュージカル俳優です」と即答。

1 2