1. まとめトップ

海外の葉酸サプリメント、どれがいい? おすすめサプリまとめ

妊娠前・妊娠中・妊娠後は必須と言われる葉酸。ですが、こういった栄養素はなかなか食事だけでは補えません。そこでサプリメントの出番なのですが、特に海外で葉酸サプリの技術が進んでいます。ここではどのサプリがおすすめなのかまとめました。

更新日: 2015年11月13日

1 お気に入り 6386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

garakutaeldさん

まず、葉酸のことを知ろう

葉酸は、ほうれん草の抽出物から発見されたB群ビタミンの一種で、ラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」からFolic acidと命名されました。

名前の通り「葉」に多く含まれるビタミンです。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わり、細胞分裂のキーとなる核酸やチミンの合成に補酵素として働きます。そのため葉酸は新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。爆発的な細胞分裂をして急激に成長していく胎児や消化器官の粘膜,赤血球の製造などで葉酸は必要になります。

どんな人が摂取するべき?

妊娠初期~妊婦さんには必須

妊娠を希望した時から、飲むことが奨められている葉酸サプリ。 妊娠前から妊娠初期にかけて摂取することで、胎児に先天性異常が発症するリスクを低減させる効果があるとされています。 また、妊娠中期~後期、出産後~授乳中まで葉酸が必要な期間は続きます。

貧血には鉄欠乏性貧血と悪性貧血がありますが、葉酸不足が原因となって起こるのが悪性貧血です。悪性貧血は、葉酸が欠乏して正常な赤血球が生成されなくなることで誘発される貧血で、巨赤芽球性貧血が代表的なものとしてあげられます。

貧血というと「鉄不足」というイメージが強いですが、サプリメントや鉄剤などで鉄を補給しても貧血が改善しないという方は、葉酸欠乏を疑ってみましょう。

動脈硬化は、動脈の層が厚くなる・硬くなるなどの理由から、柔軟性や弾力を失った状態をさします。硬く厚くなった動脈は、放置しておくと血液の流れが滞り、老廃物などが血管内に蓄積して血管を細くしてしまいます。

動脈硬化は。脳出血や狭心症、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす要因ともなる怖い病気なだけに気にする方も多いと思います。

葉酸は熱に弱いため食事だけで摂取するのは難しいのです。

では、その葉酸を食事から摂取する際に気を付けないといけない事をお伝えします。
それは、葉酸というものは・・・。

熱に弱い
水に溶けだしてしまう

という性質があるんです。
要はお鍋の火でグツグツ煮すぎてしまうと葉酸が破壊されてしまったり、
水洗いしていると水の中に溶けだして流れてしまうという事になってしまうんです。

そのため、このように過剰に水洗いをしすぎると、
どんどんお水の中に葉酸が溶けてしまいますし・・・

葉酸の需要が妊活・妊娠中などの女性にここまで定着した理由は、2000年に厚生労働省が葉酸サプリの摂取を推奨する正式発表をしたのがきっかけ。

葉酸のサプリメントは海外のものが特におすすめなその理由とは

「諸外国での葉酸サプリメントの扱いは、妊娠が分かり次第、保険適用で購入できるもの」と言うと驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、葉酸はそれだけ重要な栄養素と位置付けられているのです。
アメリカを始めとする諸外国では1990年代以降、葉酸摂取に関する勧告が出されました。これは日本政府が葉酸摂取を推奨するよりも10年弱も早い段階の取り組みとなります。

海外直送・並行輸入の葉酸サプリ

GNC Folic Acid 1000 100 Vegetarian Tablets by GNC [並行輸入品]

Spring Valley - Folic Acid 800 mcg, 250 Tablets by Spring Valley [並行輸入品]

B12 1000mcg Plus Folic Acid Thompson 30 Lozenge by Thompson [並行輸入品]

1