1. まとめトップ

【着物リメイク】振袖の袖を切って訪問着に

「この振袖の袖を切れば訪問着になりますよ」と呉服屋さんが振袖を売るときによく使われる言葉ですが、本当に切ったらどうなるのでしょうか。実際に袖を切った例を集めてみました。

更新日: 2016年10月27日

6 お気に入り 166727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MISS_LEMONさん

一般的には、袖を切ることを前提にした袖に柄の少ない振袖が作られており、そういった振袖であれば袖を切っても訪問着になります。

袖を切っても柄が切れない様にデザインされています。
色も訪問着に多い彩度の低い地色が使われており、袖を切っても元振袖であったことが分かる方は少ないでしょう。

袖付けしたままなら、袖をはずさずに袖を切って縫います。
仕立て代も数千円程度のようです。

長い袖を切るだけではなく、袖をはずし、改めた訪問着らしい柄付けになるようにずらし、袖を作り直します。

左は振袖時の袖の丸み。右は訪問着に直した後に袖の丸み。
一般的な振袖は丸みが大きく可愛い雰囲気ですが、訪問着では丸みを少なくします。

仕立て直し事例-袖を切るデザインの振袖の場合

予め袖を切って訪問着になるように作られている振袖があります。
袖を切る位置に模様がないように作られています。
振袖としては地味なものが多いですが、訪問着としては派手になる場合もあります。

振袖のときは礼装でしたが、訪問着にするとおしゃれ着かも。

元が控えめな色合いの振袖なので、訪問着にしても違和感なし。

無地の振袖の場合は、無地の着物になります。訪問着にはなりません。

仕立て直し事例-ふつうの振袖の袖を切った場合

華やかな振袖は、袖を切ると結構派手な訪問着に。
礼装というよりおしゃれ着になってしまう場合もあるようです。

出典ameblo.jp

アンティークの訪問着のような雰囲気に。

1 2 3