1. まとめトップ
  2. カラダ

紅茶のメリット多すぎ!コーヒー派は今すぐ紅茶に変えた方がいいかも…

カフェインを多く含む飲みのもと言えばコーヒーですが、実は紅茶はコーヒーよりもカフェインを多く含んでいます。さらに紅茶には多くのメリットが存在します。これを見ればコーヒー派のあなたも紅茶派になるかもしれませんよ。

更新日: 2016年10月11日

724 お気に入り 529189 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yasu27kさん

あなたはコーヒーが好きですか?

コーヒー好きは多いですよね?

朝、起きたらすぐにコーヒーで目を覚ます、という方も多いのではないでしょうか。

おはようございます。 毎朝、必ずコーヒーを飲みます。 おいしいコーヒーでいい1日のスタートをしたいですね。 bit.ly/1DvY04h

コーヒーを眠気覚ましのために飲んでいる人も多い

朝起きた時や仕事のお昼休憩など眠気覚ましには抜群の効果を発揮します。

コーヒーを飲むと頭が冴える、眠れなくなるといった効果があるのはコーヒーの中に含まれているカフェインの仕業です。

コーヒー1杯には、2時間程血流をよくする作用があります。心臓の拍動を高めて血流を良くしてくれるため、朝が苦手な低血圧の方も、体を動かしやすくなる効果を得ることができます。

毎朝一番初めにすることはホットコーヒーを飲むこと 目覚めのためだけに飲んでいるだけ

▼でも今、コーヒーに変わって注目を集めているのが”紅茶”。

コーヒーの方が色が濃いせいか、カテキン含有量も多そうなイメージがありますが、実は紅茶の方が多いのです。

紅茶は昔、中国で紅茶は“不老長寿の霊薬”として、イギリスでは“万能に効く東洋の秘薬”として重宝されていたほど、“万能ドリンク”として価値があるのです。

▼紅茶を飲むことは多くのメリットが!

基本的には嗜好品として飲まれる紅茶だが、実は、本当に健康によい物質が含まれていることがわかってきた

紅茶の旨味と甘みを醸し出すアミノ酸の一種「テアニン」が含まれているので、リラックス効果が高い。

紅茶の香りはα波をだしリラックス効果があるとともに、色々な花や他の茶葉とブレンドすることによりアロマ効果がさらに増える。

紅茶はコーヒーよりも集中力に影響を与える飲み物として知られています。

カフェインとの相乗効果で、思考をスッキリさせ、より集中できる状態にしてくれるらしいです

紅茶に含まれるカフェインには脂肪を燃焼させる効果があります。
普段の飲みものを紅茶に変えるという「紅茶ダイエット」も存在します。

意外と知られていない紅茶ダイエット。紅茶ダイエットとは、紅茶を効果的なタイミングで飲むことで自然に痩せられるお手軽ダイエットのことです。

紅茶を飲んだ後に運動をすると脂肪分が先に燃焼されダイエット効果が期待できます。

紅茶には抗菌作用、そして殺菌作用があります。

紅茶や緑茶に含まれる、カテキンやタンニンには強い殺菌効果があり、3~5時間でO-157の菌が死滅するそうです。

紅茶の成分の紅茶フラボノイド(カテキンが結合して出来たテアフラビンやテアルビジンなど)は、抗菌作用が有ります。

紅茶を飲んですぐに、排便をしたくなるという方もいるかと思いますが、実はあれは紅茶に含まれるカフェインの効果なのです。

1 2